1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 山神の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 山神
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 R18
    お気に入り : 55 24h.ポイント : 170
    狐に嫁入り~種付け陵辱♡山神の里~ 昔々、山に逃げ込んだ青年が山神の里に迷い込み……。人外×青年、時代物オメガバースBL。
    文字数 11,867 最終更新日 2022.4.12 登録日 2022.4.12
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 198 24h.ポイント : 142
    裏組織、表の会社を幾つか持つ 山神若頭(山神紫龍:やまかみしりゅう) 高校2年 澤村和羽(さわむらかずは) 表の会社から帰る途中 車の中から見つけて欲しくなった 紫龍は補佐に調べさせるように命じながら牙を見せていた。 ー逃げられない籠を用意してやるから束の間を楽しめと呟き、その場から消えた。 和羽の体が変わって行くのを見守ってください。 ★読み返しながら少しずつ修正していく予定なので、おかしかったら教えてください。               
    文字数 217,170 最終更新日 2022.5.7 登録日 2022.2.27
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 41 24h.ポイント : 42
    昔の風習って今では考えられないことが多い これもその一つ・・・ 「山神様に生贄を」 そんな風習が色濃く残る話
    文字数 63,637 最終更新日 2022.1.15 登録日 2021.12.22
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 31 24h.ポイント : 21
    小学6年生の蓮は探検の最中に山神へのお供物を食べてしまう。掟を破った罰として蓮は山に攫われ山神の肉壺として陵辱の限りを味わう。 一人称視点で書くことで人外に凌辱される少年の快楽と苦痛と恐怖を余すところなくお届けすることを目指したR18小説です。 作者は執筆未経験なのでご指摘、アドバイス等ありましたら感想機能等で教えていただけると幸いです。
    文字数 23,943 最終更新日 2021.9.8 登録日 2021.9.2
  • 5
    短編 完結 R18
    お気に入り : 26 24h.ポイント : 7
    ある村で天災が訪れ、村の人々は恐怖した。山神の助けを乞うため、1人の少年を人身御宮として送り出した。
    文字数 10,619 最終更新日 2019.9.7 登録日 2019.9.7
  • 6
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 130 24h.ポイント : 7
    - カ ミ ツ キ 御影 - 山神様と妖怪に育てられた俺は… ある日、こっそり山を下りた。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 山神の杜に住む妖怪と山神に育てられた俺は人でもなく、純粋な妖怪でもない… 半端な存在。 ーーまだ物心がついたばかりの頃、 幼い俺は母に雇われた男達に追われ追われて、地元の人間からは山神の杜と呼ばれているこの山に逃げ込み、崖から落ちても怪我した足を引きずり幾つも連なる朱い鳥居をくぐり冷たい雪路を肌足で進む… 真白の雪が降り積もる中、俺の足も寒さと怪我で動けなくなり… 短い一生を終えようとしたときーー 山神様が俺に新しい生命を吹き込んでくれた。
    文字数 35,533 最終更新日 2017.8.9 登録日 2017.2.15
  • 7
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
    強い力を持ちながら穢れた神、山神。 特殊な生い立ちを持つ山神の嫁、こらえ。 そんな二人の間に生まれた神の子、祓いの神。 彼は神として生きていく。 優しく厳しい両親の下で育つ。 これは神と人の子である彼の一欠片の物語 #これは山から預かった子は醜神に嫁ぐ の主人公たちの子供のお話です。
    文字数 71,803 最終更新日 2022.3.15 登録日 2021.11.25
  • 8
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 53 24h.ポイント : 0
    これは醜い山神と山神へ嫁いだ男の話。 昔々あるところに山の神様がいました。 その山の神は力が強く、その土地は豊穣の土地と謂われていました。 しかしある年から、歳を重ねるごとに収穫量が減り、神へ嫁を捧げることにしました。 捧げた嫁は一度消えたものの戻ってきました。 山神を醜い罵りながらも捧げることにより収穫量は元に戻り、再び嫁を捧げるようになりました。 豊穣の大地を捨てることなど人にはできません。 今や悪しき風習となったその土地で、醜い山神へ捧げられた嫁が居ました。 ある農村に伝わる山神の話の一つ。
    文字数 176,784 最終更新日 2021.9.27 登録日 2021.2.16