1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 穢れの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 穢れ
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 320
     ――その男はひどく危うげで、そして実に退廃的(decadent)であった。  飯田 太郎(いいだ だろう)は高校生。恋人である五十棲 月乃 (いおずみ つきの)の家で、彼と出会う。  月乃の兄、天翔(あまと)であった。  大学生だという彼は、両親に殴られたらしい。  そのまま家を出ていく天翔を、家の前で月乃といた太郎はなぜか追いかけてしまう。    そこから運命は回った。  平凡かつ、真面目であった太郎は自分とは正反対の飄々として気だるげな色香を纏う男を気にするようになる。  そして早々に身体の関係を持った。  恋人の兄との交わり。  不健全であり不道徳。到底、言い訳など出来やしない。  健全であったはずの男子高校生の魂は穢れていったように思えた、が。    …………軽蔑、警戒、独占欲、劣情、そして罪悪感の渦巻く灰色の青春はどのような結末を迎えるのだろうか。 暴力表現あり 人によっては嫌な表現があるかもです
    文字数 12,830 最終更新日 2022.6.24 登録日 2022.5.12
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,210 24h.ポイント : 156
    カラヴァント王国は度重なる天候不良、魔獣被害の影響を受け始める。瘴気や穢れを祓う為、魔術師の力を集め禁忌とされる救世主召喚を行う事になった。 代償は、第二王子の婚約者で嫌われ者に仕立てられたソラティア・アーガードを生贄にする事だった。 そして、異世界召喚の儀式により救世主は王国に。何故か、ソラティアは退魔導士の黒曜の元へ飛ばされる。 愛される事を知らず、人見知りで臆病な美少年ソラティア。殺される事も覚悟していたのに、救世主のいた現代日本で学園生活を満喫し、黒曜から溺愛されて幸せになっていく魔術師のお話。 ※付きは、閲覧注意です。 苦手な方はスルーして下さい。 ☆神社や御神体、神様の名前・能力など 架空でファンタジーです。 ☆誤字脱字変換ミスは、こそこそ 修正かけております。 黙認(´・_・`)して下さると助かります。 ゆるゆる設定ですが、何卒緩い目でお読み下さい。
    文字数 131,363 最終更新日 2021.11.29 登録日 2021.9.9
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1,502 24h.ポイント : 134
    魔物になった四人の臣下を人間に戻すため王様は抱かれて魔王になる 【あらすじ】世界を救うために“穢れ”を一身に引き受けた四人の魔術師は魔物となった。四人にそうするように命じた王は、生まれ変わったら必ず助けに行くと約束した。生まれ変わった王は冒険者ルーシャンとなり、その約束を果たすために四人がいる塔へ向かう。人間の記憶を忘れている四人は、侵入者であるルーシャンを思うままに犯した。ルーシャンは触れ合っていれば四人の穢れを自分に移せるので喜んで抱かれ、少しずつ魔王に変化していく。 ルーシャンが魔王に近付けば近付くほど、四人は魔物でなくなり、人間の記憶を取り戻していく。 元人間の魔物四天王(四人の臣下)×四人の穢れを引き受けて魔王になるために来た冒険者(前世王様) 攻め四人、受け一人の逆ハーレムです。複数プレイ、輪姦表現があります。 【含まれる要素】搾乳、攻めのフェラ、乳首イキ、スライム攻め、スライム尿道責め、メスイキ、前世の姿(筋肉受け、オッサン受け)、一部♡喘ぎ、主人公総受け、基本美人受け、拘束 他サイトにも掲載。表紙イラスト=はゆるふ様
    文字数 251,754 最終更新日 2021.12.1 登録日 2021.10.22
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 20 24h.ポイント : 21
    穢れなら、俺に注いで【BL短編】 敵に操られた相方を、赤いヒーローが己の身体を呈して止める話。 ソウルレッド✕ソウルブルー。ヒーロー同士。 最終的にはハッピーエンドです。 ※無理やりな表現、痛そうなシーンがあります。苦手な方はご注意ください。
    文字数 12,430 最終更新日 2021.12.31 登録日 2021.12.25
  • 5
    短編 完結 R18
    お気に入り : 23 24h.ポイント : 14
    穢れた僕を綺麗な君が喰らう 僕は自殺する……はずだった。 でも、不良の格好をしている男性に止められた。 そして、なぜかカラオケに行くことに。 最後に楽しい思い出作ろうかな……なんて考えは甘過ぎたんだ。
    文字数 16,629 最終更新日 2021.8.1 登録日 2021.7.16
  • 6
    短編 完結 なし
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 7
    これが「恋」なのだと自覚した時には手遅れだった。アリジゴクと同じように、もがけばもがくほど苦しくなって、状況は悪化して行く。 「悪化」なんて言い方、人間からすればキレイな、ステキで尊いこの気持ちを表現するだなんてとかあの子なら言いそうだけれど、 僕らは天使、「穢れ無き天使」なのだ。 あくまで神の使いで、「恋」なんて言う、神以外の者にうつつをぬかす感情はタブー、恋のこの字どころか、koiの kの字だってふれてはいけない禁忌。 目を重ねるごとに白い僕の羽根は抜けて行き、その空席には忌々しい黒いあの羽根が居座り、僕の心と体をそめ上げて行く。 一度黒に触れてしまったら最後、白にはもう戻れない、そんなのわかりきっているけれど、もう僕にはどうにもできない、悪化するのがわかっていたって、君に会うのさえも止められない。 さすがにこんな醜い僕は見せたくないから、この黒い羽根はぬいて行くけれど。
    文字数 3,946 最終更新日 2022.5.15 登録日 2022.5.15
  • 7
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 7
    古くから伝わる「龍の嫁」という儀式。 「龍の嫁」に翻弄され欲望渦巻く人間模様。純真は穢れるのか、穢れを清めるのか。それは人の心次第。 まだ先にはなりますが、エロ描写が含まれます。下記エロ指数をご参考にお読みいただければ幸いです。読み飛ばしてもわかる様にする予定です。 【エロ指数マーク】タイトル後に付けるようにします。 *・・・微エロ(自慰とかお触り程度) **・・・エロ(まぐわってます) ***・・・特殊エロ(性癖展開なんでも許せる方向け)
    文字数 76,991 最終更新日 2021.11.28 登録日 2021.11.3
  • 8
    短編 完結 R18
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 7
    穢れとは何だろう、自分は可哀想なのか。 年末の休日に、浩太は恋人の文仁と二人だけの夜を過ごそうとしていた。しかし、浩太の兄、睦美が帰省すると報される。 睦美は文仁との関係を快く思ってはおらず、再三自分たちの関係に口を出してくる。 そんな睦美が待つ実家に、急遽帰省した浩太に、「俺も着いていく」と優しい文仁は付き添ってくれた。 待ち構えていた睦美は熱っぽく浩太の名を呼ぶ。 兄との関係に思い悩む弟が、外の世界で救世主を探し出て答えを導き出す話です。 上野浩太 サラリーマン 二十八歳 平凡 森文仁 サラリーマン 二十八歳 美形 浩太の恋人 上野睦美 物書き 三十三歳 美形 浩太の実兄 pixivさん、自サイトにも掲載中です。
    文字数 31,675 最終更新日 2021.5.24 登録日 2021.5.24
  • 9
    短編 完結 R18
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 7
    ターゲットを始末するために千年後の世界からタイムトリップしてきた男。ターゲットは、トリッパーとトリップ先の時代の者との間に生まれた禁断の子《穢れ》。《穢れ》特有の容姿のせいで山中でひっそりと暮らすソレと、奇妙な共同生活することになった男。仕事に与えられた期限が迫り、今夜にはソレを始末しようと考えていた男の前に現れたのは……
    文字数 15,220 最終更新日 2018.10.12 登録日 2018.10.12
  • 10
    長編 完結 R18
    お気に入り : 21 24h.ポイント : 0
    【BL】初春や 桜吹雪の 十三夜 俺と契りて 妻になれっ! ※R18※ご神託で国を動かす神子様の、日々の『お勤め』とは…。一般リーマン×神子様!  僕の名前は、四つあった。  家人(けにん)は僕の事を『よび様』と呼ぶ。  でもお勤めの最初には『皇城充樹(すめらぎみつき)』と名乗る。  参拝者様は僕を『神子様(みこさま)』と呼ぶ。  父である先代だけが、僕の事を『珠樹(たまき)』と呼んだ。  物心ついた時にはすでにそうだったから、僕にはそれが当たり前だった。  僕にしか出来ない神聖な『お勤め』をこなし、ご神託を占い、四角い木の格子のある部屋で僕は俗世の穢れから『守られて』いた。  生まれて二十年間、変わらなかった世界は、だけど二十歳の誕生日に一変した。  政臣(まさおみ)さんという男性と娶せられる事になり、秘密の多い関係が始まった。  初めて屋敷の外に出て、初めて自動車に乗って、初めて動物園でぱんだの赤ちゃんを見て。  政臣さんの涼しげな奥二重が僕に微笑むのを見ると、何だか足元がふわふわする。  それは確かに、新聞連載の物語で読んだ事のある、『初恋』という心地のような気がするのだった。
    文字数 74,199 最終更新日 2021.10.31 登録日 2021.10.2
  • 11
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
    強い力を持ちながら穢れた神、山神。 特殊な生い立ちを持つ山神の嫁、こらえ。 そんな二人の間に生まれた神の子、祓いの神。 彼は神として生きていく。 優しく厳しい両親の下で育つ。 これは神と人の子である彼の一欠片の物語 #これは山から預かった子は醜神に嫁ぐ の主人公たちの子供のお話です。
    文字数 71,803 最終更新日 2022.3.15 登録日 2021.11.25
  • 12
    長編 完結 なし
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 0
    悪魔のルークは、悪魔のくせに人を不幸にするのが苦手で天使に憧れているような、悪魔界の落ちこぼれだった。 聖職者であるヴィスタ助けられたルークは、ヴィスタに『お清め』と称して犯されている。「お清めをすると、”穢れ”がなくなって、天使になれる」というヴィスタの言葉を信じて……。 (ギザ歯悪魔とヤンデレ聖職者のイチャラブものです!)
    文字数 34,840 最終更新日 2020.11.14 登録日 2020.10.31
  • 13
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 51 24h.ポイント : 0
    傲慢王子と奴隷少年 R-18/パラレル/ファンタジー/主従強要/奴隷/etc. (あべらちおのパラレルでファンタジーなお話。本編とは何の繋がりもなく、単品でも楽しめると思います。楽しめるように書きたいと思っております!) 【第二王子×訳あり奴隷】 ヤーニン大陸の一国家、カピルタ王国に属する領地、シレンヒルに王都より第二王子(シヴァ)が視察に訪れた。 シレンヒルの街外れにはカースレスト(呪われた森)と呼ばれる地元の人間も寄り付かない森があり、第二王子はその森で迷ってしまう。 そして辿り着いた泉で見たのは、水浴びをする少年(メシア)の姿だった――。 母親にアンク(死体埋葬などの穢れ仕事を請け負う奴隷)として売られた少年は、奴隷小屋に住み仕事をこなす傍ら、毎日必ず朝昼晩の三回、誰もが近寄らないカースレストに通っていた。 森の中腹にある泉で身を清める少年は、自身をカーディチル(呪われた厄災の子)と呼び、他人に触れられることを極端に恐れていた。 母からの虐待、住人からの迫害、奴隷として売られたことで心を閉ざす少年は、第二王子に対しても冷たく接するのだが、何故か付き纏われてしまう。 視察を終える日に第二王子が奴隷小屋に現れ、少年を買い取ると言い出し、第二王子の奴隷として王都に連れていかれることになるのだった。 *不定期更新。 性的描写があります故、高校生含む18歳未満の方は、自己責任に於いて判断をお願い致します。 当方では、如何なる不利益を被られましても責任が取れませんので、予めご理解下さいませ。 タイトル横に*印がある頁は性的描写を含みますので、お気を付け下さい。 此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。 また、作者は専門家ではありませんので、間違った解釈等あるかと思います。 以上のことご理解頂けたらと思います。
    文字数 42,400 最終更新日 2021.1.11 登録日 2018.7.11
  • 14
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    月夜と穢れとサヨウナラ 『同じ鎖で絡み取られた二羽の小鳥』 陰間のお話です。
    文字数 534 最終更新日 2017.2.7 登録日 2017.2.7
  • 15
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    天上界。そこは穢れのない世界。 "仙桃"を管理する太古の神 月照天 天界において唯一"穢"を許された存在 阿斗太子 出会ってはならない2人が相見えた時、悲しみの連鎖が始まる。
    文字数 3,871 最終更新日 2017.12.17 登録日 2017.1.9
  • 16
    短編 完結 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 0
    光りもたらす者~穢れなき神父は堕ちた大天使に愛され真の人間となる~ 幼い頃から規律と規則と友愛溢れる信仰のもと、純粋に清く育ち神父となった清介。 揺るぎなく、平穏であった日常が一人の信徒により突如一変する。 よく見知った相手に神聖な職場で犯される神父。 初めての穢れ。初めての向けられる熱く激しい欲望。 迫りくる快楽の中、神父が見たものは黒い翼をもつ最も美しき天使だった。 凄まじい存在感を放ちながらも、どこか儚げな天使。 綺麗で平穏な世界で生きてきた神父は激情の中で熱烈に貪られ、愛され求められる喜びを知り自我を知る。 神父は意思を持った人間となる。 短編
    文字数 11,910 最終更新日 2021.11.22 登録日 2016.10.19
  • 17
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 26 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した読み切り小説です。
    文字数 1,398 最終更新日 2016.9.23 登録日 2016.9.23