1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 噛み合わないの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 噛み合わない
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 なし
    お気に入り : 2,732 24h.ポイント : 2,094
    婚活パーティーで、国一番の美貌の持ち主と両想いだと発覚したのだが、なにかの間違いか?  日本から異世界に落っこちた流星。  その時に助けてくれた美丈夫に、三年間片思いをしていた。  学園の卒業を目前に控え、商会を営む両親に頼み込み、婚活パーティーを開いてもらうことを決意した。  二十八でも独身のシュヴァリエ様に会うためだ。  お話出来るだけでも満足だと思っていたのに、カップル希望に流星の名前を書いてくれていて……!?  公爵家の嫡男であるシュヴァリエ様との身分差に悩む流星。  一方、シュヴァリエは、生涯独り身だと幼い頃より結婚は諦めていた。  大商会の美人で有名な息子であり、密かな想い人からのアプローチに、戸惑いの連続。  公爵夫人の座が欲しくて擦り寄って来ていると思っていたが、会話が噛み合わない。  天然なのだと思っていたが、なにかがおかしいと気付く。  容姿にコンプレックスを持つ人々が、異世界人に愛される物語。  女性は三割に満たない世界。  同性婚が当たり前。  美人な異世界人は妊娠できます。  ご都合主義。
    文字数 155,857 最終更新日 2022.6.2 登録日 2022.4.2
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 202 24h.ポイント : 491
    悪魔様は人間生活がヘタすぎる 【火、木、土日、20時半更新:イケメンドジっ子ヘタレ悪魔に溺愛される性格男前なメンクイ苦労性のわちゃっとした日常】 ※ただいまレイアウト変更中につき、改行などが統一できていない部分がありますぞ。  人生省エネ中の人付き合いが苦手なおひとり様フリーター・個々残 九蔵(24)は、なにかとハズレくじを引く少々メンクイな苦労人。  唯一の趣味は、ゲームやテレビの中のイケメンを眺めること。  そんな九蔵の部屋を朝っぱらから破壊し、プロポーズをしたのは、常識知らずのぶっとび悪魔・ニューイ。 『ぜ、前世からずっと好きでした! 結婚を前提に、私に魂をくださいッ!』 「お引き取りください」  当然サクッとお断りする九蔵に、諦められないと半べそをかくニューイが、人間に変身するのだが──……この悪魔、顔が良すぎる。  対人関係が不器用なフリーターと物理的に不器用な悪魔という噛み合わない二人が送るドタバタ同居ラブコメディな、日常系BL開幕。 ▼個々残九蔵(24)  フリーター。なにかと運が悪い。イケメンに引くほど弱いメンクイ。一度気を許すとなんやかんやで世話を焼くお兄ちゃん気質。 ▼ニューイ(?)  モノホンの悪魔。翼の生えた双角の骸骨。しっぽもあるぜ。人型は紳士的で素直なイケメン、なのに生活能力が皆無な不器用。九蔵の魂に惚れた。  ヘタレだが愛が重い超一途な男。
    文字数 578,822 最終更新日 2022.8.18 登録日 2021.5.11
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 281 24h.ポイント : 63
    いつもの通りギリギリの毎日の中今日も疲れて目を閉じる。当たり前に始まる朝に嫌気がさしていたのに、目が覚めたらやけに綺麗な天井が見えた。 見知らぬ部屋で呆然とする俺の前に現れたのは懐かしい親友2人の姿だった。 懐かしさと嬉しさで喜ぶ俺だけどいまいち2人と話が噛み合わない。俺の記憶とお前らの記憶が違うってどう言う事だよ。 あと何で足首に鎖ついてんの?
    文字数 120,374 最終更新日 2022.5.26 登録日 2021.10.31
  • 4
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 78 24h.ポイント : 56
    突然見知らぬ場所にいた美容師見習いの紫沫(シブキ)。 ここが何処か分からないけれど何となく進んだ末に辿り着いた場所で気を失う寸前に見た銀色狼に一目惚れ。 ぜひあの銀色狼を思い切り洗ってもふもふしたい、と思うのだが、目が覚めた時一緒にいたのは獣人の琅(ロウ)で彼はそんな狼知らない、という。 どうやらここには紫沫のような人間はおらず、耳や尾の生えた獣人が住んでいる世界だった。そして獣人と獣そのものの獣体である彼らは住み化を共にはしていないらしい。 いつかあの銀色狼の身体を洗ってみたい、という野望を持った紫沫が生きていくために唯一得意だった洗髪で髪洗い屋さんを始める。 毛フェチな美容師見習いが獣人しかいない世界で愛され幸せになる物語。 * ふんわり設定でなんちゃって異世界なので、ゆるく読んでいただけると助かります。 * 書き上げる都度公開していきますので、噛み合わない部分も出てくるかもしれませんが随時訂正させていただきます。 * R-18的表現が入る場合、(*表記)をしております。
    文字数 110,927 最終更新日 2022.7.13 登録日 2022.5.25
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 80 24h.ポイント : 28
    星に牙、魔に祈り 角と牙のある悪党(攻め)×生真面目エルフ騎士(受け) ちょっと古風なファンタジー物語×エロBL クリッペンヴァルト国の端、境の森にある国境守備の砦には、エルフ国としてはごく珍しく、エルフ以外の種族(主に人間と獣人)が暮らし、守備に務めている。 ごく最近築かれたこの砦を指揮するアギレオは元野盗、これを雇い入れた形で唯一のエルフとして身を置く騎士のハルカレンディアは、かつて敵同士だった。 砦と同じく、心を通わせ始めてからまだ浅い二人は、その立場や考えの違いから噛み合わないこともまだ多く、試行錯誤を繰り返す――。 若干バトルが多めの物語です。 行為のために洗浄が必要な世界観ですので(毎回洗浄の描写があるわけではありません)、苦手でなければぜひどうぞ。 毎週金曜日に更新予定。 前日譚に当たる同シリーズ「この奇妙なる虜」は、陵辱(無理矢理、複数、暴力)などが少なからず出てきますので、苦手でなければこちらもぜひどうぞ。 ※この作品は「ムーンライトノベルズ」「エブリスタ」にも掲載しています
    文字数 310,835 最終更新日 2022.1.2 登録日 2021.2.25
  • 6
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 46 24h.ポイント : 14
    腐男子★恋愛事情 脳内妄想の低スペック腐男子が繰り広げる萌えにならないコメディ 王道学園だと期待して胸躍る誉(高1)は一切、人と関わらないコミュ障な腐男子である。 今日も壁やロッカーと同化しているが定位置は防犯カメラアングル。 そんな誉を前期生徒会長が呆れながらも愛おしく見守っている……ことなど露にも感じ取っていない噛み合わない日常スクール萌えライフ。
    文字数 76,257 最終更新日 2021.6.19 登録日 2020.7.7
  • 7
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    心音重ねて 俺は何も知らなかった 真逆の君といる時間が楽しくて 君と出会ってから今までの人生が色づく様で 君が変えてくれたんだ 真逆の君だからこそ 俺たちはお互いに惹かれあったんだ たとえ傷ついて壊れる運命だったとしても あの時もしも違う選択をしていたら 違った結末になったのかな 噛み合わないからこそ惹かれあう だから全てを知りたくなって 欲しくなったんだ ◆優等生で真面目な自覚のない人気者 × 大人しくて謎が多い綺麗なクラスメイト 書き方を変えてあまり長くない様にするつもりです R-18シーンがあるのでご注意ください はじめての挑戦ですお許しください 濡場には※マークあり
    文字数 50,367 最終更新日 2022.2.23 登録日 2021.8.26
  • 8
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
     突然校内で、波乃黎は曲梨直樹に告白された。  波乃黎は曲梨直樹がなぜ告白してきたかを広い視点で深く考察するが、彼はただ単に自分の気持ちを正直に言っただけである。  嚙み合うようで噛み合わないとんちんかんな勘違い系ラブコメ物語です! 03/13  新話を投稿しました。ちょっと性的描写入ります。
    文字数 5,393 最終更新日 2021.3.13 登録日 2021.3.10
  • 9
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 48 24h.ポイント : 0
    勇者によって壊滅した魔王軍の元幹部・アシュリー。プライドが高く生意気、自分の美貌に絶対の自信を持つ美少年は、魔王亡き後路頭に迷っていた。 そんな時、偶然にもアシュリーを拾ったのは、大国の美形騎士セオドアだった。 イケメン天然騎士×生意気小悪魔ビッチ美少年(処女)の、噛み合わないけど甘い……でもやっぱりじれったい、アホ全開のBLコメディ!
    文字数 18,303 最終更新日 2021.3.18 登録日 2021.1.25
  • 10
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    先輩、餌付けさせてください 【妙に話のかみ合わない先輩・後輩ズ】 食べることに執着しているウッカリな先輩と彼が心配な後輩。昼飯を食べに来た定食屋で、先輩は独身かと後輩に切り出されたことを発端に話の噛み合わない話を始めるふたり。後輩は先輩に好意を持っているが、先輩はそれに気がつくこともなく――。
    文字数 2,225 最終更新日 2021.2.21 登録日 2021.2.21