1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 汚れの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 汚れ
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 なし
    お気に入り : 89 24h.ポイント : 269
     異世界に転生したが、かなり不遇な第二の人生待ったなし。  オレの前世は地球は日本国、先進国の裕福な場所に産まれたおかげで何不自由なく育った。確かその終わりは何かの事故だった気がするが、よく覚えていない。若くして死んだはずが……気付けばそこはビックリ、異世界だった。  第二生は前世とは正反対。魔法というとんでもない歴史によって構築され、貧富の差がアホみたいに激しい世界。オレを産んだせいで母は体調を崩して亡くなったらしくその後は孤児院にいたが、あまりに酷い暮らしに嫌気がさして逃亡。スラムで前世では絶対やらなかったような悪さもしながら、なんとか生きていた。  そんな暮らしの終わりは、とある富裕層らしき連中の騒ぎに関わってしまったこと。不敬罪でとっ捕まらないために背を向けて逃げ出したオレに、彼はこう叫んだ。 『待て、そこの下民っ!! そうだ、そこの少し小綺麗な黒い容姿の、お前だお前!』  金髪縦ロールにド派手な紫色の服。装飾品をジャラジャラと身に付け、靴なんて全然汚れてないし擦り減ってもいない。まさにお貴族様……そう、貴族やら王族がこの世界にも存在した。 『貴様のような虫ケラ、本来なら僕に背を向けるなどと斬首ものだ。しかし、僕は寛大だ!!  許す。喜べ、貴様を今日から王族である僕の傍に置いてやろう!』  そいつはバカだった。しかし、なんと王族でもあった。  王族という権力を振り翳し、盾にするヤバい奴。嫌味ったらしい口調に人をすぐにバカにする。気に入らない奴は全員斬首。 『ぼ、僕に向かってなんたる失礼な態度っ……!! 今すぐ首をっ』 『殿下ったら大変です、向こうで殿下のお好きな竜種が飛んでいた気がします。すぐに外に出て見に行きませんとー』 『なにっ!? 本当か、タタラ! こうしては居られぬ、すぐに連れて行け!』  しかし、オレは彼に拾われた。  どんなに嫌な奴でも、どんなに周りに嫌われていっても、彼はどうしようもない恩人だった。だからせめて多少の恩を返してから逃げ出そうと思っていたのに、事態はどんどん最悪な展開を迎えて行く。  気に入らなければ即断罪。意中の騎士に全く好かれずよく暴走するバカ王子。果ては王都にまで及ぶ危険。命の危機など日常的に!  しかし、一緒にいればいるほど惹かれてしまう気持ちは……ただの忠誠心なのか?  スラム出身、第十一王子の守護魔導師。  これは運命によってもたらされた出会い。唯一の魔法を駆使しながら、タタラは今日も今日とてワガママ王子の手綱を引きながら平凡な生活に焦がれている。 ※BL作品 恋愛要素は前半皆無。戦闘描写等多数。健全すぎる、健全すぎて怪しいけどこれはBLです。 .
    文字数 263,694 最終更新日 2021.11.30 登録日 2021.10.21
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 160 24h.ポイント : 56
    侯爵様の愛人ですが、その息子にも愛されてます 魔術師フィアリスは、地底の迷宮から湧き続ける魔物を倒す使命を担っているリトスロード侯爵家に雇われている。 仕事は魔物の駆除と、侯爵家三男エヴァンの家庭教師。 成人したエヴァンから突然恋心を告げられたフィアリスは、大いに戸惑うことになる。 何故ならフィアリスは、エヴァンの父とただならぬ関係にあったのだった。 汚れた自分には愛される価値がないと思いこむ美しい魔術師の青年と、そんな師を一心に愛し続ける弟子の物語。
    文字数 175,583 最終更新日 2022.3.31 登録日 2022.1.29
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 21
    天城流華は、天涯孤独の17歳。 両親に捨てられ、自分の力で人生を切り開いてきた。 人生はゲームだ。 人の心を弄び、自分に夢中にさせる。 男たちを手玉にとり、自らの思うように人生を動かしていた。 ある日の学校帰り。 いつもの帰り道を歩いていたはずが、古びた洋館の廃墟に迷い込んでしまう。 廃墟の扉が開き、導かれるように建物に足を踏み入れると、 暗闇の中に、綺麗な花の装飾があしらわれた丸い鏡が浮かび上がった。 鏡の中に、天使のような少年が現れる。 どこか懐かしい雰囲気がするその美少年は、 大きく綺麗な瞳から大粒の涙を溢していた。 彼の名は、花宮 咲羅。 汚れを知らない純粋な少年。 次の日、目が覚めると、 流華は鏡の奥の世界にいた。 花宮咲羅として。 二人の身体が入れ替わり、 人生が交差する。 それぞれの世界が、思わぬ方向へと展開していく・・・・ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 2人の中身が入れ替わり、 正反対の性格の2人が、 それぞれの悩みに、恋に、向き合っていくBL小説です。 R-18要素たっぷりになる予定です。 タイトルの横のマーク ♤→流華視点 ♡→咲羅視点 で書き分けています。 こちらの作品は、「小説家になろう」ムーンライトノベルズにも重複掲載しております。 R-18/R18/性描写あり/エロ/エッチ/BL/幼なじみ/恋愛/純愛/NTR/浮気/複数/イケメン/美少年/複数プレイ/変態/先輩/後輩/羞恥プレイ/調教/乱交//童顔/同棲//制服/元彼/元カレ/未練/新彼/彼氏/ 執着/年下/年上/同級生/略奪/学園/片思い/禁断/肉体関係/コスプレ/飼い主/天使/悪魔/執事/入れ替わり/異世界/淫乱
    文字数 21,008 最終更新日 2022.5.13 登録日 2022.3.28
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 21
    汚れるよりは死を 騎士(部下・年下)×騎士(上官・年上)。 キャッチフレーズは『事故から始まるノンケ二人のメンズラブ』 「本命嫁(女)のいるいい歳こいたスパダリイケメン同士が何かの拍子にBでLな関係に目覚めるのって美味しいよね……!」という作者の歪んだ嗜好が生んだ妄想話です。 (※エッセンス程度にモブ攻め要素もあります。苦手な方は注意)
    文字数 22,293 最終更新日 2021.10.27 登録日 2021.10.26
  • 5
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 14
    帝王の刻印 - 籠の鳥は空を見ない - 金融業を隠れ蓑にし、古くから、そこでは違法な性の取引が行われていた。 地下を根城に暗躍する組織、虎はその支配者であった。 幼い頃から闇に生きる事を余儀なくされた虎は、密かに外の世界への憧れを抱いていた。 地下から出られないわけではない。けれど、地上にいても心には暗い影がつきまとった。道化師のように自分を偽っても、どこか虚しさがよぎる時があることに、虎は気がついていた。 そんな虎の前に、坂崎と名乗る冴えない男が現れた。 坂崎は純粋で汚れを知らないように思えた。闇が光りを求めるように、虎は少しずつ坂崎に惹かれていった。 ++++++++++ 本編はシリアスですが番外編「帝王の失態」はくだけた感じの虎主体のお話で、「目隠しの輪舞曲」は本編に登場する男の子のお話です(^^) 続きも書けたらいいなと思います! よろしくお願い致します♪ ※商業作品と名前がかぶっていてわかりづらいかなと諸々変えたりしていたのですが、元に戻してあげ直しました。
    文字数 68,933 最終更新日 2020.11.30 登録日 2016.1.6
  • 6
    短編 完結 R18
    お気に入り : 44 24h.ポイント : 7
    一点の汚れもない純白のドレス、美しい白い髪、鮮血の如く赤い瞳の持ち主は、誰もが見惚れるほどの笑みを浮かべて、自分の望みを明かした。 「猟期殺人犯の方にお話しするには余りにも陳腐で面映ゆいのですけど────復讐です」 「俺の欲しいものをなんでも差し出すっつったな? それが、テメェの命でもか?」 「言うに及ばず」 ────これは、麗しのフロイラインによる、復讐譚。 ※ムーンライトノベルズにも掲載しております。
    文字数 44,370 最終更新日 2021.8.12 登録日 2021.8.7
  • 7
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 39 24h.ポイント : 7
    注意。花吐き病はオリジナルではありません。問題がありましたら即刻削除いたします。また今作におきまして、闘病中の方、また医療に関わる方々を揶揄する意はございません。 嘔吐、流血表現。また攻めに妻子のいる表現?が含まれています。苦手な方は閲覧をご控えください。 ー  花吐き病を知っているだろうか。片想いしたものにのみ発症する奇病。思い人と結ばれるまで花を吐き続ける病気だ。もちろん日本には存在しない。想像上の産物だ。オレだってそんな設定の話があるのかーへぇーと他人事にしか思ってなかった。  まさか、その病がある世界に転生するなんて思わなかったんだ。 ー 「ーーカ、スピカ。起きてくれ。」  ギイッと鉄格子の檻が開きベッドの柵に繋がれた鎖を、屋内なのに外套を頭まですっぽり被ったご主人様が解く。  自分の耳を引っ張る。尖ってんだよな。肌は透けるように白く、爪は青く、髪もまっちろけ。日本にいたときの黒髪も日に焼けた肌ももうない。なんならタッパもない。 「はい、ご主人様」 「いい返事だ。具合はどうだい?君は沢山吐かないといけないから、喉をよく痛めるだろう。」 「……。ご主人様、奴隷には身に余るお言葉です。」  込み上がってくるものを無理やり押さえ込む。仕事場で吐かなきゃ。 「今日も、調合しなきゃならないんだ…。よろしく頼むよ」  ポンポンっと頭を撫でられ、横抱きにされる。外套からはご主人様の匂いがして外套越しにぬくもりを感じて…。 「…ごしゅじ、ん…様、揺れるからとても吐きそうです。」 「ええっ!ここで吐かれたら困るよ。」 「急いでください。」  間違えるな傷つくな。優しく接してくれるのは、オレが薬に使える薬草を吐くからだ。  木でできた大きなたらいに頭を下げる。ゲェッと吐いた花は花弁をたっぷりと開き甘い匂いを放つ。花も茎も根も傷つかないように喉の奥を開き吐き出した。  吐いた花は手袋越しに拾われる。でもそれは生けられることも、愛でられることも、腕に抱かれることもない。ご主人様が聖水で洗ったあと天日に干され乳鉢ですり潰される。 「うん。今日もいい花だ。ありがとうね。」 「ゥ…げぇ…」  喉が開く。涎で汚れた花弁がたくさん桶の中に山積みになる。汚いそれをご主人様が拾い上げ種類ごとに分けて並べていく。 「ああ、今日は一段とよく吐くね。このトコノエソウは鎮痛に必要なものだから、ありがたいな。」 「…奥様のご病気が治るといいですね。」 「あぁ、あぁ…。ありがとうスピカ。君のおかげだよ」  ご主人様は優しく笑う。それだけでまた胸が苦しくなり花が喉奥からこみ上げる。  ああ、花吐き病、なんて厄介な病気なんだ。鮮やかな花が、俺の悲劇を嘲り笑うのだ。お前は諦められていないと。
    文字数 27,583 最終更新日 2021.6.30 登録日 2021.3.11
  • 8
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 7
    ミルクのような色をした眩しい肌は汚れがなくて、自分がこの手で汚してやりたいと、トウヤにそう思わせた。 全寮制の男子校に通うトウヤは長い夏休みを学園内で謹慎して過ごすことになってしまった。 そんなトウヤの前に学園から頼まれてやってきたという大学生のボランティアの青年、リュカが現れる。 「君に努力や根性というものの素晴らしさを教えに来たんだ!君がこの先、真っ直ぐな人間として生きていけるよう俺にお手伝いをさせてほしい!」 こんなウザくて寒いことを言ってくるような奴と夏の間中過ごすなんてまっぴらゴメンだ。「ふざけんな」「バカじゃねーの」「くだらねえ」と何度拒絶しても、全く動じないし、それどころかますます張り切っている。 それならば、からかってやろうとちょっかいをかけたら、なぜか本気にされてしまい、ますます執着されながら、トウヤはリュカと交流を深めていく。 ツンケンした高校生の攻め×空気を読まない真面目な大学生の受け という組み合わせです。 この作品はムーンライトノベルズにも掲載しています。 性描写のある話にはサブタイトルの側に★印をつけています。
    文字数 73,017 最終更新日 2022.5.19 登録日 2020.10.18
  • 9
    長編 完結 R18
    お気に入り : 62 24h.ポイント : 7
    朝焼けは雨 ※18R 元ヤン受(クズ)受け 高校時代は校内トップのヤンキーとして派閥を仕切っていた小倉だったが、卒業後就職先も一週間で暴力事件を起こしてクビになる。 実家も追い出されていく当てもなく、右腕だった幼馴染の峰のところへ転がり込んだが、そんな生活も長く続くこともなかった・・・・ 表紙 藤岡ると 小倉遥佳[おぐらはるよし](19歳) 8月19日生まれ 180cm 69kg 黒髪、オールバック。目つきは悪く三白眼。耳には大きく開けたピアス穴。いかにもな元ヤン悪そうな顔つきで、印刷会社に就職するも1週間で上司に暴行をくわえて懲戒免職。 基本的に我慢がきかない性格。 客引きとか単発の仕事を続けるも、長続きしない。幼馴染の峰の部屋に居候していたが失踪。 峰 頼人[みねらいと](18歳) 1月12日生まれ 176cm 68kg 爽やかな栗色の髪。糸目。一見元ヤンには見えないような笑顔をはりつかせている。中古車取り扱いの営業マン。調子のいいことを並べる口先3寸がお得意。 小倉とは幼馴染。小倉のためなら汚れごとも率先して対応する。凶暴わんこ気質。
    文字数 92,855 最終更新日 2020.1.3 登録日 2019.12.21
  • 10
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    皇帝に忠誠を誓う軍人ミハイル。 ある時、帝国に革命が起き、ミハイルは不本意ながら皇族に謀反を起こす。 皇帝一族を殺害する任務を受けるミハイルであったが、皇太子である幼い兄弟だけは殺すことができず、秘密裏に逃すことに。 10年後、革命の功労により富と名声を手にしたミハイルは薄汚れた宿屋で成長した兄弟と再び出会うことになり・・・。
    文字数 19,440 最終更新日 2022.4.15 登録日 2022.1.27
  • 11
    長編 完結 R18
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    天底ノ箱庭 新世界 「…もう逃げないから、一緒に生きて帰ろう」 空から降る雨はいつからか猛毒になり、世界は『地上』と『地下』で分かたれた。法と秩序で守られた『地上』と奴隷制度を設けた独自の文化を持つ『地下』。その世界が交わるとすれば『地上』から『地下』への片道切符だった。 地下の中でも「最下層」と呼称されるゴミ捨て場がある。そこには様々なゴミが集まる。物質的なゴミと人間のクズと都合の悪い事実…そんなゴミ捨て場に捨てられ、孤独に生きる人間兵器エリオットの元に一人の青年が落ちて来る。 その街には似つかわしくないほど清らかな心と容姿を持つ青年、シャムにエリオットはすぐに心を奪われる。二人は身を寄せ合い、その汚れた街で暮らしていくが…。 ※ほとんど濡れ場で構成されたR18要素しかないBL小説です。最初は甘々ですが、グロテスク表現が多いです。中盤も凌辱ばかりの胸糞展開で、寝取られや複数人プレイ、輪姦、受けの身売り描写が多発しますので読む際はご注意ください!最後はハッピーエンドになるのでその旨だけご安心頂ければ幸いです!(6章はほぼ後日談の甘々イチャイチャの詰め合わせになります)※ ※「天底ノ箱庭 春告鳥」→「天底ノ箱庭 療養所」→「天底ノ箱庭 白南風」→今作の順番で読むとより楽しめますが、簡単な世界観説明はあるので、すっ飛ばして読んでもたぶん伝わります!※
    文字数 246,680 最終更新日 2021.11.3 登録日 2021.10.31
  • 12
    短編 完結 R15
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    深夜になった玄関チャイム。立っていたのは血塗れの葵だった。 やって来た葵は、「柊をいちばん綺麗に殺せるのは俺だから、誰にも殺されちゃだめだよ」そう言うのだ。 いつもは無表情無感情で、何も映らないような瞳も、甘く蕩けて、頬は赤く色付いている。 可愛い可愛い俺だけの葵。 村医者と、村長本家の分家で汚れ仕事をしている友人の話。 ふわっと設定。 病み気味?村医者 × 無表情、無感情な暗殺者 ※ムーンライトノベルズ様でも公開しています。
    文字数 8,238 最終更新日 2020.11.14 登録日 2020.11.14
  • 13
    短編 完結 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    僕の親友に捧げる ――夢を見ている。 何かに追われる夢だった。 俺は追って来る『何か』から必死に逃げる。 『何か』の正体は分からないけれど、 『ソレ』が危険なものだと言うことだけは本能的に察して居て、 俺は足を動かして、必死に逃げ続ける。 夢の中の俺は、いつも少年の姿だった。 今より短い手足を動かして、必死に走り続けている。 ――夢の中で、俺の『親友』が何度も死に続ける……。 俺の少年の日の思い出は、お前の血肉で赤黒く汚れている。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ゲーム版 https://www.dlsite.com/bl/work/=/product_id/RJ273894.html
    文字数 10,322 最終更新日 2020.4.13 登録日 2020.4.13
  • 14
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    ※二次創作 いつも裸足で体育する少年 ※二次創作 めっちゃフレンドリーめっちゃファジーさんの「いつも裸足で体育する少年」の二次創作物です
    文字数 684 最終更新日 2020.4.9 登録日 2020.4.9
  • 15
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 62 24h.ポイント : 0
    トースト 私は魔法使い。魔法使いは童貞を失うと、その力を失ってしまう。人並みの幸せすら望めず、普段は文官として働き、戦いが起これば前線へと連れて行かれる。私はおそらく、魔法使いであることに疲れていたのだろう。ある日、子どもを拾った。汚れ穢され、私よりも惨めな子どもを。 子どもを溺愛するも、成長した子ども(攻)には塩対応の魔法使い(受)という、そこまでの日常をぐだぐだ書き連ねる、もだもだ系ハッピーエンドです。
    文字数 14,675 最終更新日 2019.4.11 登録日 2019.4.8
  • 16
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    20××年。 この国には、あるニュースが注目された。
    文字数 455 最終更新日 2017.4.1 登録日 2017.4.1
  • 17
    短編 完結 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 0
    「薄汚れた猫を拾ったので」の続編です。
    文字数 3,552 最終更新日 2016.9.9 登録日 2016.9.9
  • 18
    短編 完結 R18
    お気に入り : 19 24h.ポイント : 0
    獣医師の一郎はある日、人間と猫のあいだに産まれた、奇妙な生物を拾った。 せっかくなので家に持ち帰り、自分の好きにすることにした。 獣医×半ネコ人間
    文字数 1,873 最終更新日 2016.9.7 登録日 2016.9.7