1. TOP
  2. 投稿小説
  3. バスケの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード バスケ
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    短編 完結 なし
    お気に入り : 35 24h.ポイント : 156
    バスケ部に入部した嶋朝陽は、入部早々嫌がらせを受けていた。無視を決め込むも、どんどんそれは過激なものになり、彼の心は疲弊していった。 ある日、トイレで主犯格と思しき人と鉢合わせてしまう。精神的に参っていた朝陽はやめてくれと言うが、証拠がないのに一方的に犯人扱いされた、とさらに目をつけられてしまい、トイレを済ませることができないまま外周が始まってしまい…?
    文字数 20,539 最終更新日 2021.11.27 登録日 2021.10.25
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 116 24h.ポイント : 78
    三話に一回訪れる濡れ場に森本くんはたじたじ! エッチな先輩、ドSな同級生、匂いフェチのヤンチャくん、引きこもりなヤンデレくんたちの攻めにも負けない! どんなエッチなことにも立ち向かう! そんな森本くんのエロと青春とバスケをかけたお話。
    文字数 94,539 最終更新日 2021.9.14 登録日 2020.1.10
  • 3
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 56
    バスケ部の先輩×後輩 強引攻め×流され受け GAME=試合、勝負 という意味で使ってます。 細かい事が気になる人にはオススメしません。
    文字数 8,764 最終更新日 2020.11.7 登録日 2020.11.7
  • 4
    長編 完結 R18
    お気に入り : 76 24h.ポイント : 49
    仔犬のキス、狼の口付け ☆全34話 本篇完結済みの投稿です💕 <あらすじ> 一ノ瀬柚希は三年前にΩ判定されたばかり。 学生時代のバスケ部の後輩、αの佐々木晶と付き合ってはいるが、Ωとして生き、番になる踏ん切りがつかずに躱してばかり。 晶と付き合ってから三度目の発情期がもうすぐ始まりそうな日。 今回もまた柚希は晶には何も告げず、弟の和哉に付き添ってもらって、番のいないΩ専用のホテルへ逃げ出そうとする。親同士の再婚で兄弟になった、弟の和哉にも思うところがあって……。 『兄さんは、そういうところがズルいよね?』 αのスパダリ後輩+β?の美形義弟×煮え切らない無自覚誘惑Ωの 狂おしいトライアングルラブ💕
    文字数 138,177 最終更新日 2022.3.23 登録日 2022.2.23
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 251 24h.ポイント : 49
    【完結】高嶺のバスケ部主将(ヤンデレ後輩&不良後輩×世話焼き先輩) ヤンデレスパダリ後輩とツンデレ不良後輩に猛アタックされる強気な美人バスケ部長のお話です🤤 かっこ良くてタフ(特に内面)&妖麗な受けが描きたくて( ´ • ·̫ • ` )
    文字数 88,669 最終更新日 2022.1.20 登録日 2022.1.5
  • 6
    短編 完結 なし
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 35
    俺とアイツは同小同中ってだけなので、そのチョコは直接片桐くんに渡してあげてください。 藤白侑希 バレー部。眠そうな地味顔。知らないうちに部屋に置かれていた水槽にいつの間にか住み着いていた亀が、気付いたらいなくなっていた。 右成夕陽 バレー部。精悍な顔つきの黒髪美形。特に親しくない人の水筒から無断で茶を飲む。 片桐秀司 バスケ部。爽やかな風が吹く黒髪美形。部活生の9割は黒髪か坊主。 佐伯浩平 こーくん。キリッとした塩顔。藤白のジュニアからの先輩。藤白を先輩離れさせようと努力していたが、ちゃんと高校まで追ってきて涙ぐんだ。
    文字数 47,473 最終更新日 2022.5.28 登録日 2022.5.28
  • 7
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 28
    初めて小説を書きます miru.と申します 至らない点が多々あると思いますがよろしくお願いします BLという形で物語が進行していきますので苦手な方はご遠慮ください ーーーーーーーーーーーーー ◎学校紹介 ごく普通の男子校。 ◎主な登場人物 主人公 ▼望月 玲奈 (モチヅキ レナ) 2月15日生まれ 178cm 黒髪 バスケットボール部 下の名前が女みたいだと気にしている クラスのムードメーカー的存在で学級委員 恋愛は今まで1度も経験したことが無く純粋 ▼林田 愛菜(ハヤシダ アイナ) 4月21日生まれ 163cm 茶髪 テニス部 下の名前が女みたいだと気にしている 読書が好きな図書委員 実は腐男子だが自分は男にときめかない ◎登場人物辞書 ※本編に出てきた人のプロフィールを載せていきます。故に、本編をお読みになって出てきた時にご確認をお勧めします。 ▼坂本 優太(サカモト ユウタ) 7月9日生まれ 173cm 黒髪 バスケットボール部 望月 玲奈 とは小学校からの腐れ縁でずっと一緒にバスケットボールをやっている。軽い。チャライ。
    文字数 1,203 最終更新日 2017.3.8 登録日 2017.3.8
  • 8
    長編 完結 R18
    お気に入り : 119 24h.ポイント : 21
    なんにも知らないのは君だけ 中村慎弥(なかむら しんや)は市役所の地域振興課で働く勤務5年目の公務員。お堅い仕事上、自分が同性愛者であることは周りにも、同僚で親友の米倉直人(よねくら なおと)にも隠している。 趣味のフットサルもできないほど忙しい日々の中で、唯一の楽しみがスポーツの試合観戦だった。ここ最近は実業団バスケットボール観戦に熱を入れている。それには理由があった。 仕事を通して知り合ったプロバスケットボール選手の須藤連(すどう れん)に憧れに近い恋心を抱いているからだった。とはいえ、相手は日本バスケットボール界のスーパースター。片や自分は平凡な地方公務員。須藤が仕事上で慎弥に対し冷たい態度だったこともあり、これが実らない恋なのは分かっていた。だからせめて、ファンとして須藤を応援できたらと思っている。 そんなある日、1本の間違い電話から「高橋」という男と知り合う。お互いの素性はほとんど知らないままだったが、趣味や話の合う「高橋」に段々と心を開き、悩みも打ち明けるようになった。週一度、電話で話すだけの付き合い。縛りのない心地よい関係がこのまま続くといいなと思っていた。 しかし、鈍感な慎弥は気づいていなかった。自分だけがなんにも知らないことに。 ※プロバスケットボール選手(イケメン)×地方公務員(平凡)です。ハッピーエンドです。短めの中編です。 ※R指定ではありませんが、キスの描写はあります。 ★★本編は完結していますが、続編の「初夜編」を更新中です。こちらはがっつりと絡みがあるので、未成年の方、苦手な方はご注意ください。レーティングもR18へ変更しました。
    文字数 63,901 最終更新日 2022.4.19 登録日 2021.10.31
  • 9
    長編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 14
    俺の新しいピンクの水玉のビキニブリーフ 博史はバスケットボール部のバカで単純な高校3年生。近所に住む幼なじみの美形で女っぽい薫は隣のクラスで同じ高3。2人はガキの頃からお互い以外に付き合ったことはなく、最近2人で試しに他のヤツともヤってみようぜ、ということに決めた。博史のクラスには女より女っぽいゲイの零士がいて、博史はコイツとヤろうと思うが、なかなかチャンスがやって来ない。 零士は彼の知り合いの、モデルでジュエリーデザイナーの光木(みつぎ)という男に会いに行く。ところが彼は零士に、自分はもっと男っぽいゲイと付き合いたい、と告げる。落ち込んだ零士は髪をバッサリ切って、性格もカッコいい男っぽいゲイになる、と宣言。しかし博史は自分は女っぽいゲイが好きだし、お前の穿いてるような黒い下着なんてつまんねえ、と零士に言う。零士は薫と一緒にショッピングに出かけ、新しいピンクの水玉やストライプのビキニブリーフをたくさん買って来る。可愛い下着が大好きな博史は、薫と零士の3人でセックスして、薫はそれを記念にビデオに撮り、おバカな零士がそれをあるアダルトビデオのコンテストに勝手に送ってしまう。 博史と薫はやっぱりなんだかんだ言って、俺達は2人でいるのがいいよな、っていうことになり、零士は新しい彼氏を探し始める。バカで単純な博史みたいな彼氏を探すべく、零士はバスケ部の練習の見学に日参し、そこで1年生のイケメン健志と出会う。コンテストで見事に第1位になったビデオの賞金を持って、4人は光木のジュエリーの店に買い物に行く。そして健志は零士と博史と薫と4人で新しいビデオを作ってまたコンテストに送りましょうよ、と提案。博史と薫は走って逃げる。
    文字数 21,284 最終更新日 2017.11.3 登録日 2017.11.3
  • 10
    長編 完結 R18
    お気に入り : 47 24h.ポイント : 7
     入学式シーズンという事で、こんなお話はいかがでしょうか? 4/24、本編完結しましたが、この後数話番外編を更新する予定です。 ーーーーーーーー  「あれ?あそこにいるの姫ちゃんじゃねーの?・・・うわぁ、流石にデカくなって可愛くなくなったなぁ!」 オレの名前は貴志 龍星(きし りゅうせい)。今日は高校の入学式だ。先のセリフを吐いた同じバスケ部の友人、菊池 友哉(きくち ゆうや)の視線の先にいたのは、小学生時代の親友、市姫 叶和(いちひめ とわ)だった。 違う中学校に通っていたので会うのは三年ぶりだ。 小学生の姫は幼いながらも顔が整っており、小柄で本当に可愛かった。忘れられないのは、卒業間近にあった保護者を招いての謝恩会。その中での男子有志(女子によって無理矢理選抜)による女装大会での、ぶっちぎり一位・・同級生の女子なんかより全然可愛い超絶美少女っぷりに正直惚れそうになった。保護者票もほぼ姫に入っていたな。 しかし、こいつ性格は可愛くないんだよ。頭が良くてキレッキレのツッコミをする小賢しいタイプ。おまけに口も悪い。だがオレはそんな姫を気に入っていたし、姫もオレを脳筋だと笑いながらも気に入ってくれていたと思う。 ユウヤの言う通り、確かに背はあの頃より二十センチ以上伸びてはいるが・・・オレたちより十センチ?いや、もっと?低いし、何より今もむちゃくちゃ可愛いよねぇっ??!!!ユウヤどこ見て言ってんの??? 姫が可愛くないはずがないっ!!! で、話しかけてみると、相変わらずキレッキレのツッコミをする冷めた目つきの姫だった・・・  これは、三年ぶりに再会した姫にオレが再会惚れし、必死に口説き落とす物語。 ーーーーーーーーー ☆基本、男子高校生がわちゃわちゃ、イチャイチャとじゃれてるだけのお話ですが、後半にエロ入ります。 ☆R18がある回には*を付けています。 ☆最初は短編としておりましたが、番外編を含めると五万字を超えそうなので長編に変更させていただきました。
    文字数 59,980 最終更新日 2022.5.1 登録日 2022.4.8
  • 11
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 7
    東方地方の雪が積もる地方で、母1人、子1人で生きてきた 蒼。 蒼の生き甲斐は、父から教えてもらったバスケットボールだけだった。 中学でアンダー15に選ばれ、華々しく活躍し、東京の私立高校に特待生として入学するが、足の怪我が原因で思うようにバスケの練習に参加ができず、歯痒い思いをしていた。 全寮制の生活で、なかなか他の部員と馴染めず孤独を感じているとき、同じく日本でのデビューを目指している韓国人のユ・ジュンと知り合う。 ユ・ジュンは執拗な一部のファンに追いかけられて疲弊しているところを、たまたま居合わせた蒼に救われる。 ユ・ジュンは蒼が住む寮のすぐそばの古びたマンションに練習生として共同生活をしていた。 ユ・ジュンもまた異国の東京という地で孤独を感じていた。 バスケット選手を夢見る蒼 アイドルグループとして歌手デビューが目標のユ・ジュン。 窓を開ければ、互いの顔が見える。 そんな環境の生活の中で、いつしか互いを必要としていく。 国籍の違いや、互いが追いかける夢の高さ いずれ来る未来への分岐部。 2人の思いが切なく交差するー。 ・‥…━━━☞・‥…━━━☞ あの古びた赤いタイル地のマンションが 実は築40年たっていると、ユ・ジュンもつい最近知らされたのだ。 日本は地震が多いと聞いて一抹の不安を抱いていたが、地盤の問題より先に設備に支障をきたした。 ユ・ジュンは、灯りがつかない真っ暗の部屋で小さなため息を漏らす。 真冬であるのに、エアコンもつかない。 部屋の中で居るのに、指先は微かに震えていたし、吐息すら白く曇るような気がした。 毛布を肩からから被り、携帯の微かな灯りを燈にして頬杖をつく。 ぼんやりと滲む白い光に目を落としながら、目的もなく指先をスライドさせたとき「かつん」と窓に何か当たる音がした。 ユ・ジュンは微かな不安を胸に、のそりと強ばる体を起こして窓に手をかける。 ゆっくりと窓を開けて、盗み見るように暗闇に視界を落とした。 「あ!いたいた。何してるのー?」 そこにいたのは蒼だった。 外灯も微かな道路で、足首が細いスポーツウェアに両手を入れ、見上げていた。 広い肩幅。くだけた立ち姿も、ひどく様になっていた。蒼の長い前髪が、揺れる。 ユ・ジュンが零れるような笑顔を作った。 「電気が…つかなくなって」 「え、まじ?停電?」 「わからない。けど、真っ暗だし寒いし」 ユ・ジュンが困ったように眉を落とした。 蒼が顎に親指をあて、考える素振りを見せる。それから小首を傾げて、こう言った。 「…今日、寮に来ちゃえば?飯食ってないでしょ?カップラーメンあるし、コンビニでチキンも買ってきた」 蒼がかさり、とコンビニの袋を掲げた。 《続きは本文で》 ※作品には濃厚な男性同士の性行為があります。
    文字数 2,608 最終更新日 2022.2.21 登録日 2022.2.21
  • 12
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 231 24h.ポイント : 7
    今の俺は病院の病室で寝たきり状態、中学一年の頃部活のバスケのボールが頭に当たりそのまま三年間寝たきりのままだ。そして、俺はそのまま死んだ……確かに死んだ筈の俺の意識があるが、手も足も動かない…目の前には大きな犬?が襲いかかって…あれ何か俺舐められてる~っ 魔王とも出会い何故か魔物達から「愛し子」と言われている俺……男だけど… 王子も何故か絡んできた、魔王様怒ると怖い…色々あるけど 可愛い柄れています。 内容紹介修正しました。 R指定⑮からR指定⑱に変更しました。 誤字脱字には気をつけてはいますが、余り気にしないよ~と言う方がいましたら嬉しいです。
    文字数 46,067 最終更新日 2021.4.7 登録日 2020.9.21
  • 13
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 7
    卵が先か鶏が先か 普通に女子が好きな彼女持ちの諒が憧れてた先輩拓海(♂)から告白されたのをきっかけにアブノーマルな世界に引きずり込まれて行くのか行かないのか…!? ※表記があるものはR18です。 以下キャラ紹介 ■相模諒(さがみ・りょう)高1。 身長183cm、体重70kg まりんちゃんという幼馴染の彼女がいる。 勉強はあまり得意じゃない。バスケ馬鹿。中学では部長を務めていた。責任感が強く、何事にも一生懸命。 親はごくごく普通のサラリーマン。ひとりっ子。 拓海と同じ高校に通う為にかなり無理をして入ったので、授業についていけるか不安。 拓海の策略にハマり、流されかけている。 ■加賀拓海(かが・たくみ)高2。 身長167cm、体重58kg 小柄だが筋肉はあり、ジャンプ力瞬発力は類を見ないほど。3ポイントシューターで、シュートの正確率は90%以上。実力が認められ、一年からレギュラー入り。一部の先輩達から反感を買うも、圧倒的な実力で黙らせた。 頭もよく、学年首席。明るく人当たりも良い為、人望も厚く、生徒会副会長に抜擢。バスケとの両立もそつなくこなしている。 親は有名な実業家でお金持ちではあるが、家庭環境は複雑な模様。歳の離れた腹違いの兄がいる。 諒のことが大好き。
    文字数 21,682 最終更新日 2020.7.1 登録日 2019.11.15
  • 14
    長編 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    あなたと、薔薇の下で 愛した人には哀しい秘密があった。数学教師とバスケ部エースの不器用な恋愛。 高校二年、バスケ部エースの藤田遼一(ふじたりょういち・17)は、いつの間にか美しい数学教師、野村裕貴(のむらゆうき・28)に惹かれていく。 どうしても付き合いたい遼一は何度も野村に仕掛けるものの、なかなか相手にしてもらえない。出された条件をクリアして交際が始まるものの、キスだけの関係に焦れる遼一は一泊旅行に野村を誘う。旅先で奇妙な言動をされ強引に抱こうとする遼一はどうして野村が身体を許すことができないのか、その秘密を知ることになる。 表紙イラスト:紅さま(Twitter @xdkzw48)
    文字数 101,960 最終更新日 2021.10.31 登録日 2021.10.31
  • 15
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    夕暮れの体育館 バスケをやめたはずの匠海だったが、妙に懐っこい後輩に付きまとわれて部活に再入部してしまう。遅くまで自主練に打ち込むふたりのちょっとした一コマ。
    文字数 1,589 最終更新日 2020.7.11 登録日 2020.7.11
  • 16
    短編 完結 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    恋のマッチアップ 大嫌いな同性にいきなり好きだと言われたからこそ、逃げるが勝ちだと思ったのに?  加賀谷将紘(かがやまさひろ)――容姿端麗なこの男は、特待生として大学に入学してきた。  イケメンでそれなりに背が高く、どんなところからでもシュートを確実に決める、黄金の左手(レフティ)を持つバスケ選手。 そんな完璧すぎる男が、万年補欠の俺にいきなり告ってきて!? ☆オマケに番外編つけました ※2019年秋庭ましゅまろさん主催のVSアンソロジーに寄稿した作品になります。
    文字数 46,922 最終更新日 2020.10.4 登録日 2020.6.30
  • 17
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    ボールの表皮 高校二年の匠海は好きだったバスケをやめた。そんな彼のもとにやってきたのは彼のプレイが見たいとほざく新一年生。ちょっとした青春もの。 ✿第383回一次創作BL版深夜の真剣120分一本勝負さんよりお題(碧/「どうせ無理だ」)をお借りしました。いつもお世話になっております……。
    文字数 2,515 最終更新日 2020.5.24 登録日 2020.5.24
  • 18
    短編 完結 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    Last Game 清鳳学園のバスケ部に入部した唐沢拓未(からさわ・たくみ)は、ある3年生の先輩に惹かれていく…。 せつなくロマンティックなボーイズラブ、After Rainシリーズ番外編です。
    文字数 10,148 最終更新日 2020.3.14 登録日 2020.3.14
  • 19
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    タイトル BL-僕とお兄さんの恋愛爆破- 時代設定-現代 登場人物 主人公→ヤマト(ミラティブ配信者の僕 中2) バスケ部エース(可愛い美少年) モテモテ、彼女持ち。 ホモの趣味はない。 彼女→澪 (黒髪ロング しまパン) バスケ部のマネージャー。 お兄さん(仮)→佐々木(視聴者、よく来てくれる人北大 2回生・文系 20歳 ) 魚部?(魚に餌を与える部活 水槽を綺麗にするエース) 鯛子(♀)→魚部 お兄さんの後輩 ・ヤマトの住んでる北野市に北野大学(北大)がある。 ・
    文字数 3,913 最終更新日 2018.11.10 登録日 2018.11.9
  • 20
    短編 完結 R18
    お気に入り : 21 24h.ポイント : 0
    白イ手ノ中デ、イク 眠れない熱帯夜。あるいは苦手な雷が鳴る夜。 高校生の「オレ」は白イ手に翻弄される。 * 183cmのバスケ部員。怖いときには「心の友」をぎゅっと抱きしめるちょっとヘタレな「オレ」のへなちょこちょいホラー風味。 * 表紙 たかまなつきさん http://mecuru.jp/illust/21804 * 2017年 fujossy 〜Summer Love〜真夏のBL短編小説コンテスト 参加作品 * 他サイトにも掲載。
    文字数 9,449 最終更新日 2018.7.3 登録日 2018.7.1
  • 21
    長編 完結 なし
    お気に入り : 118 24h.ポイント : 0
    「好き」ってどういう感情? 水上雪が告白したのは、学校で1番有名な一色兄弟の兄、流。断られることは分かっていた。ほとんど話したことがない上に、男同士。諦めるための告白……だったのに、なぜか流は「お友達から」なんて言い出して……。|告白から始まる物語。|双子兄(人嫌いなひねくれ者)×同級生(コンプレックス持ちの地味な見た目/気が弱そうに見えてハッキリ言う)|双子弟(無口で無愛想)×先輩(バスケ部マネージャー/双子の理解者/すぐに手が出る)|『小説家になろう』サイトより性描写を削除して掲載
    文字数 127,862 最終更新日 2018.3.13 登録日 2018.3.13
  • 22
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    妹のバスケの試合で俺、七瀬 真緒(ななせ まお)は白野 洸樹(しろや こうき)に出会う。 高身長、色白、美少年… 女子でも羨ましいほどのルックス。 俺は男が好きだったのか…?
    文字数 9,782 最終更新日 2017.7.29 登録日 2017.7.25
  • 23
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    消えない記憶の片隅に  『R18』 主人公 『白水 蓮』 桜井先輩のことが好きになってしまった高2男子バスケ部。 いけないことだとはわかっているのに、先輩のことが頭から離れない。 主人公の好きな人 『桜井 真澄』 バスケ部で『蓮』の先輩。高3男子 最初は、白水のことを後輩としてしか見ていなかったが…?
    文字数 2,023 最終更新日 2017.7.11 登録日 2017.7.11
  • 24
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    可愛らしい顔で女の子を喰いまくる三城司(ミキツカサ)。 いつものように合コンで、タイプの彼女をお持ち帰りしようとして何故かラブホで遭遇したもう一組と相部屋に?? こんなシチュでセックスなんてした事ないんですけど?
    文字数 2,169 最終更新日 2016.1.8 登録日 2016.1.8