1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 水晶の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 水晶
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 611
    水晶の涙 『かつて世界を創造した七人の勇者がいた。 赤の勇者は六人を率いるリーダー。 青の勇者はリーダーを支えるもの。 紫の勇者は知恵をおくるもの。 白の勇者は癒しの力で守るもの。 緑の勇者は力の強きもの。 橙の勇者は魔法に秀でたもの。 黄の勇者は俊敏さに長けたもの。 それぞれが出会い、それぞれの力を生かし、魔の住処を破壊した。』 それは、何百年と昔からある有名な勇者の歌。 そして、ある吟遊詩人が、ずっと語り継がれている言い伝えを、物語を紡いで唄い旅をする。 ------- モーティナ神に仕える神の子の少女と、神殿近くに住む少年が、犯してはならない禁忌を犯し居なくなってしまった。 各国には、魔物が出現し、神の子と少年が禁忌をおかしたせいで魔物が増えたと世間では言われていた。 それから神の子不在のまま、途方もない長い年月が過ぎ去った……。 ―― とある辺境の村では、二人の少年、アルスとファインは、いつものようにファインと二人で果物や木の実を取りに行った。 その日はいつもよりも沢山取れ、はしゃいで村へと戻った。 帰ったあとも、そんな穏やかな毎日がその日以降も続くと思っていた……。 (R指定の話には話数の後に※印)
    文字数 4,368 最終更新日 2022.5.27 登録日 2022.5.26
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1,581 24h.ポイント : 291
    乙女ゲームの世界に転生したら悪役キャラの少年に拾われて義理の兄が出来ました。 まだ闇堕ち前の兄の悪役フラグをへし折るために奮闘します! 魔法使いと人間が暮らすファンタジーな世界、差別が当たり前の世界で特殊な魔法使いの兄と転生少年のラブストーリー。 二種魔法使いクール美形×武術が得意の健気平凡 兄の溺愛が過激すぎてちょっと困っています。 ※現在大幅修正中のため、ページを順次公開していきます。
    文字数 210,781 最終更新日 2022.5.5 登録日 2019.5.22
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,907 24h.ポイント : 262
    異世界転生モノ。 無自覚美人が無自覚に頑張ります。 ※処女作です。 誤字脱字、感想、疑問、なんなりと。
    文字数 180,421 最終更新日 2019.6.19 登録日 2019.4.1
  • 4
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 1,150 24h.ポイント : 28
    ひょんなことから異世界に吹っ飛ばされた、如月 優希(18)。 ダンジョンの中に落ちたらしく、モンスターに襲われこのまま死ぬのかと思った矢先、水晶の中に眠っていた美しい男をみつける。 ーーーーそして何故か、嫁認定されました。 魔人×無自覚美人 本編は3話で終わりで、気分で番外編更新するかもしれないです。 誤字脱字注意。
    文字数 52,173 最終更新日 2020.9.23 登録日 2020.4.20
  • 5
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 667 24h.ポイント : 28
    病気で何もできずに死んでしまった僕。最後まで家族に迷惑をかけ、疎まれ、ただ寝てぼーっとする日々に、何のために生きてきたのかわからない。 生まれ変わるなら健康な体で色んなことをしたい、こんな自分を愛してくれる人と出会いたいと願いながら僕は、15歳という若さで他界した。 そんな僕が次に目を覚ませば何故か赤ちゃんに。死んだはずじゃ?ここはどこ?僕、生まれ変わってる? そう気づいた頃には、何やら水晶が手に当てられて、転生先の新たな親と思われた人たちに自分の子ではないとされ、捨てられていた。生まれ変わっても僕は家族に恵まれないようだ。 このまま、餓死して、いや、寒いから凍えて赤ん坊のまま死ぬのかなと思った矢先に、一人のこの世のものとは思えない長髪で青く輝く髪と金色に光る冷たい瞳を持つ美青年が僕の前に現れる。 「赤子で捨てられるとは、お前も職業に恵まれなかったものか」 そう言って美青年は、赤ん坊で動けぬ僕にナイフを振り下ろした。 人に疎まれ同士、次第に依存し合う二人。歪んだ愛の先あるものとは。 亀更新です。
    文字数 15,644 最終更新日 2021.7.7 登録日 2019.1.1
  • 6
    長編 完結 R18
    お気に入り : 29 24h.ポイント : 7
    明治になって二十数年、いまだ江戸の匂いを色濃く残す水路の町で、外国人の血を引く孤独でやさぐれた男・信乃(しの)が職人として立ち直るまでの話です。 周りから浮き立つ明るい茶色の髪と茶水晶の瞳を持ち、自堕落に暮らす信乃。彼は物を見る目は一流だが、厭世的で投げやりで何処か危うい。 そんな信乃の昔馴染みで彼の才能を惜しみ立ち直らせようとする大店の主・蓮治と、蓮治を慕う料亭の若旦那で信乃に可愛がられている三津弥。 三津弥の幼馴染みで信乃を一途に想ういなせな船頭・慶太郎。 この四人に加えて蓮治の贔屓にしている看板役者、その付き人をしている駆け出しの役者、関西から流れてきた料理人が絡みます。 なんちゃって時代物で主要人物七人がホモ(或いはバイだけど男とくっつく)ばかりで、惚れた腫れたとしっぽりしています。 エロはちょいちょい挟みつつ、途中から濃いめになる予定です。 ※R−18話は記載していますが、褌、縛り、尿道責めが出てくるかもしれないので苦手な方はご遠慮下さい。 ※Pixivで昔上げた小説をだいぶ加筆修正していますので、何処かで見た覚えのある方もいるかもしれません(現在はマイピク限定公開にしています)。 ※この作品はムーンライトノベルでも連載予定です。
    文字数 121,511 最終更新日 2021.12.26 登録日 2021.12.15
  • 7
    短編 完結 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    普通の人間、俊が宇宙都市からやって来たレイラと共に何でも願い叶う十字架型の水晶を探しながら敵の柊司と戦う。
    文字数 18,932 最終更新日 2021.12.22 登録日 2021.12.11
  • 8
    短編 完結 なし
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    松本家の子供として両親に育てられた睦月(むつき)は突然の両親の告白にショックを受け落ち込む。 そんな睦月の前に水晶を狙う敵が現れ睦月を守る猫戦士も現れた。 睦月は猫戦士と共に敵と戦いながら自分の正体を知っていく。
    文字数 11,095 最終更新日 2021.10.28 登録日 2021.10.28
  • 9
    長編 完結 R15
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    何でも願いが叶う水晶玉~短編集~「三毛猫の剛編、悲しい別れ」のその後の話です。 この話で水晶玉がなぜ喋ったり人間になったりできるのかわかります。
    文字数 21,970 最終更新日 2021.6.14 登録日 2021.6.14
  • 10
    長編 完結 R15
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    猫が何でも願いが叶う水晶玉を求めて猫界から人間界に向かって出会った人間と探し願いを叶う話です。
    文字数 19,959 最終更新日 2021.6.11 登録日 2021.6.11
  • 11
    短編 完結 R18
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 0
    ボクは人里離れた地に別荘を購入した。隠されるようにあった地下へと降りていったボクを照らす淡い光と、耳に障る奇妙で淫靡な声。 不動産屋からの連絡で一旦は地下を出るも、会話の中で別荘の何気ない歴史が語られていく。 今から100年ほど前、劣等種オメガに対する差別がまだ色濃く残っていた時代の話。ささやかなご先祖様の英雄タンを聞き終えたボクは、改めて地下に残された水晶を見に行った。 球面に映るのは乱れるボクの姿。聞こえるのは、ボクの悩ましい声と見覚えのない男の快楽へといざなう言葉。 劣等種に良いように扱われることへ不快感はあったけど、そこを耐えて解決策を考えることにした。ボクの奪われた精神のために・・・。
    文字数 9,887 最終更新日 2020.10.29 登録日 2020.10.22
  • 12
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    霞んだ水晶 ここは様々な宝石が集う宝石界。自分の家の宝石がその本人の目の色となります。 オパール家は宿敵トパーズ家に騙され、一族全員が追われる身となってしまう。 母親が自分の命とに引き換えに守ったオパール家の末裔、セシルの人生を書き記しました。 そんな中、彼が働く娼館に透き通った目のイケメンがあらわれて.....
    文字数 2,376 最終更新日 2020.6.18 登録日 2020.6.17
  • 13
    長編 完結 R18
    お気に入り : 268 24h.ポイント : 0
    妖狐と魅惑の遊戯  安倍晴斗は京都出身の大学生。  ある日、実家に帰省していた晴斗は、見覚えのない洞窟の中で、水晶の中で眠っている「九尾の狐」を発見。その封印を解いてしまう。  親しくしていた安倍晴明に裏切られ、悲しみに暮れている九尾を慰めつつ、しばらく身の回りの世話をすることになるのだが……。 ※「*」がついている回は性描写が含まれております。
    文字数 100,170 最終更新日 2017.11.24 登録日 2017.10.30