1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 国王の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 国王
R指定 R指定なし R15 R18
  • 91
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 59 24h.ポイント : 21
    恋する虎と愛しのガーディアン 自然の法則を破ってはいけない。 それは罪深く、月の女神セレナの禁忌を破る行為だ。掟にそむいた者は、それ相応の罰を受けるのだ━━ そんなこと知らない。だってぼくは彼のことが好きだから。守られるだけなんて嫌だ。今度はぼくが彼を守る番だ。きっとうまくいく。 だからぼくを置いていかないで。 お願いです、女神セレナ。ぼくから彼を奪わないで━━━ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 本作は前作「恋するバンビと絶対君主な主さま」のスピンオフです。 /登場人物紹介/ 〇アンジェラス・ジュリオ・ラタトスク 獣王ティグリスと聖獣ルーとのあいだに生を受けた恋する男の子。 行く行くは父であるティグリスから王位を継承し、神殿の長に立つ身分にある。 従兄弟のユエに恋心を抱く。自らのチャームポイントを把握し、自慢の虎耳をぴこりと立て愛くるしさを発揮するとともに、手入れにも余念がない。 〇ユエ・アスター・ホルト 人間と獣とのあいだに生を受けたハイブリッド。 父、近衛騎士団隊長オーウェンを尊敬し、努力し鍛錬を重ね入団を果たす。現在は准尉として任務に努め、故あって国王よりアンジェラスの警護を任される。 〇ラニ・アーサー・ヘルナンド・モジェ 三方を海に囲まれた最端の国モジェ王国が王太子。 若くして現世を去った父親、ジェラルドの跡を継ぎ国王となるべく教育を受けながらも、今ひとつ王位継承者としての自覚がうかがえない。 幼い頃に遊びにきたアンジェラスの愛らしさに心を奪われ、それ以降ラニは度々宮殿を抜けだしアンジェラスに逢いにグランディーを訪れる。 〇ティグリス・ミルミドル・ラタトスク アンジェラスの父親。聖獣にして虎の王。 ハリマウ神殿の獣王として、聖王都グランディーの地に加護を与える。妻であるルーと我が子アンジェラスを大切に想う、善き夫にして父親だ。 〇ルー・ラタトスク アンジェラスの母親。鹿の聖獣。 ハリマウ神殿の神官長としてティグリスの補佐をしながら、日々を甘いお菓子に囲まれ幸せに暮らす。ほんのり舌足らずがチャームポイント。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ★深月くるみさんのイラストは、すべて著作権放棄しておりません。 無断転載、無断加工は禁止です。 No reproduction or republication without written permission. 【公開開始/2018年11月2日】
    文字数 27,343 最終更新日 2018.11.9 登録日 2018.11.2
  • 92
    短編 完結 R18
    お気に入り : 75 24h.ポイント : 21
    とある平和な王国の第二王子は、齢15を迎え成人となった。その祝いの日の最後に国王から告げられた成人の秘儀に彼は挑戦する。王家に代々伝わる因習の通り、王城の地下室へと単身向かった彼が眼にしたのは、触手を持つ化け物だった。抵抗虚しく、触手は王子の身体を求め始め……【触手×良い子系(淫乱気味)王子/ご都合主義ファンタジー/みさくら語ややあり/オナニーあり/擬似排泄あり/小スカへの言及あり/近親相姦(父→弟←兄)あり/男子が触手に犯されるところを書きたかっただけ/前日譚→王家の汚濁(https://www.alphapolis.co.jp/novel/998343672/630135636)】※ムーンライトノベルズ同時掲載中
    文字数 13,620 最終更新日 2017.9.1 登録日 2017.9.1
  • 93
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 14
    羽蟲は夫を増やすことにした 「私は純潔でなければならないので、あなたの性欲は他の者で解消するように。」  政略結婚した聖職者の夫にそう告げられたアメイ王国の国王・羽蟲は、その言葉通り側室探しを始める。王族が例外なくなんらかの昆虫の性質を持つアメイ王国の国王でありながら、出来損ないとして生まれたために冷遇されている自分を受け入れて愛してくれる者。そんな虫の良い存在は、なかなか見つからないだろうと思っていた羽蟲だったが……。 ※印は性的描写が入ります。 ☆複数攻め×国王です。後々3Pが入る予定です。男同士で婚姻している理由はあります。虫に関する表現や描写があります。主人公はあまり深く物事を考えません。
    文字数 24,838 最終更新日 2022.1.5 登録日 2021.12.30
  • 94
    短編 完結 R18
    お気に入り : 122 24h.ポイント : 14
    群雄割拠の戦国時代。申国は、シルバーウルフ王国との戦争に敗れた。一人落ち延びた王子シンは、難民キャンプに紛れているところ、何者かに夜這いされて純潔を散らしてしまう。再度国を興すため蜂起するシンと、正体を知らずシンを求める敵将軍の話。 ※この世界には男しかいません。 ※再会してからが本番
    文字数 20,864 最終更新日 2021.12.10 登録日 2021.11.27
  • 95
    短編 完結 R18
    お気に入り : 79 24h.ポイント : 14
    イグニバイル国に仕える宰相のハイドラ•アルペンジオ。 国王や王子たちからの無茶振りを全てそつなく熟す手腕を持つ宰相ハイドラは、今までの無理が祟り倒れるがそれを支えたのはーー 抱き枕(癒し)が欲しい宰相様のお話 ※R指定 設定ざっくりですので、なんとなくの関係性だけで読めると思います。 小説はほぼ初めてですので拙い文章ですが、どうかお手柔らかに
    文字数 42,883 最終更新日 2022.5.21 登録日 2021.10.26
  • 96
    長編 完結 R18
    お気に入り : 48 24h.ポイント : 14
    医師伯爵は王太子をどうしても諦めきれない  貴族(α)を頂点とする階級社会で、王太子ロランはΩと判明し、王位継承権を失う。そんな彼の前に美貌の医師、ミゲルが現れる。  彼に特別な治療を施してもらう間だけは、ロランはなんとか発情を抑えることができた。  そんなある日、男色家であるグゼッラ王から結婚を申し込まれ――  王妃となったロラン、医師伯爵ミゲル、グゼッラ王のどろどろ愛憎劇。  イラストは北乃どらりぬ様作。
    文字数 115,501 最終更新日 2021.11.27 登録日 2021.10.28
  • 97
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 51 24h.ポイント : 14
    カルヴァンラーク王国に住む薬師のミズイロはある日王城からの登城命令により召集(拉致)される。 そこで国王から告げられたのはーーー。 「お前は勇者なのだ、薬師ミズイロ。どうかこの国を救う為魔王を倒してくれ」 「えっ、嫌ですぅ…。魔王なんて怖いし、魔物も怖いし、旅の途中でお化けとか出るかも知れないし…」 「やかましいわ!ごちゃごちゃ言わず黙って旅立てーーー!!!」 王の鉄拳で城外に吹っ飛ばされたミズイロの旅が今ーーー始まる。そんなに強いんだから自分で行けば良いじゃん! 勇者の剣は聖剣じゃなく呪剣だし、戦闘後デメリットで体が子供サイズになるし、仲間の第4王子は俺様だし、第3王女はすぐ邪気を放つし、魔術師は変な人だし。 神様!僕このパーティーで生き残れる気がしません! ■■ とりあえずもう一つが終わるまで不定期更新中。出来れば週一くらいであげたいです
    文字数 60,538 最終更新日 2021.12.12 登録日 2021.10.7
  • 98
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 14
     『黄金色の君へ』『白銀色の中で』の続編です。番外編の『漆黒の闇に』も先に読むのをおすすめします。  平和で豊かな異世界の国、ウェア王国国王の身代わり護衛をしている少年、城野蓮。本来の役目以外の時も行き来をし、ウェア城で暮らす面々と親交を深めている。そんな生活に満足していた蓮だが、それが王国へ危機をもたらそうとは思いもしていなかった。
    文字数 94,492 最終更新日 2022.7.28 登録日 2021.10.9
  • 99
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 362 24h.ポイント : 14
    魔王と二つながつくほどの極悪勇者は、ある村にキメラが現れたと言う噂に、国王からの命令で勇者パーティとキメラ討伐に動いた。 噂が本当であれば、もう村は全滅しているかも知れないと、最悪を予想して向かった。 しかし、予想を遥かに裏切り、キメラは村のマスコットとして、何故か大切に育てられていた… ※キメラ→複数の遺伝子が合わさったモンスター。 ※R 15かR18か迷い中 ※可愛いお話を書きたかったのでゆっくり書きます。
    文字数 20,091 最終更新日 2021.2.17 登録日 2020.10.14
  • 100
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 579 24h.ポイント : 14
    昔から女性と付き合ってもなぜか振られてしまうユニファート。ある日王都に行くと、フードを被った人に出会う。その人が立った拍子にフードが落ちて……国王陛下⁈ 何の予告もなくR18要素が入ってきます。性描写は初なので至らぬ点が多いと思いますが、ご了承ください。 手探りで書いてるので頻繁に編集が入ります。
    文字数 88,452 最終更新日 2022.7.9 登録日 2019.10.6
  • 101
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 7
    愛され「男の娘」王子のブルーな嫁入り物語。 まだ空にドラゴンが飛んでいた頃のお話。 世界は魔王に支配されていた。 「生まれた子が王子なら即殺し、姫なら16年後嫁に寄越す」という約束を承諾してしまったとある国の国王がいた。 生まれたのは王子だったが、大変見目麗しく可愛らしかったため、姫だと偽ることでなんとかその場をしのいだ...が。 16年後。 約束通り魔王は姫を嫁に貰いにやってきた。 当の姫...ではなく、王子は、見目麗しく愛くるしいのはそのままに、とて勇猛果敢な感じに育っていた。 魔王を騙した事がばれたら、王子どころか国の存亡の危機! 唯一魔王を倒せる方法は「魔王が肌身離さず身に付けている『魔石』に触れる事」。 他の妃たちの邪魔に屈せず、王子は魔王を倒す事ができるのか...?
    文字数 21,070 最終更新日 2022.4.2 登録日 2022.3.28
  • 102
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 7
    前世の記憶と魔力が覚醒してしまったセオは、強すぎる魔力で体調を崩す中、突如王子との結婚を命じられる。王子との性交を拒絶するセオの前に現れたのは、黒づくめの魔法使いだった。 「この子どもを魔導士と知っての暴挙だろうな?…強欲で蒙昧な国王をここに呼べ!さもなくばこの城ごと、木っ端微塵に吹き飛ばすぞ!」 (全24話+番外編6話)
    文字数 184,821 最終更新日 2022.2.12 登録日 2022.1.15
  • 103
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 38 24h.ポイント : 7
    『皇子様を! いえ、全世界の顔がいい権力者の男をひと目で惚れさせる薬を造りなさい!』 異世界から転生してきたという悪役令嬢に無理やり"惚薬"を造らされた薬師のエルフ《レイス》 製造の過程でその惚薬を誤飲してしまったが為に、全世界の権力がある顔のいい男に一目惚れされるという運命を背負ってしまったレイスは、惚薬の効果を消す薬の素材を集めるために旅に出ることを決心する。 レイスが惚薬の効果で皇子様や国王様、果てには貴族やオークの頭領まで……様々な顔のいい男達を意図せず虜にしてしまっていることを知り、憤怒する悪役令嬢に殺されかけていたところ《マオ》と名乗る異世界からやってきた魔王に助けられるが──? ※第六魔王マオ×レイスがメインCPとなりますが、他にも魔王兄弟複数×レイスの要素があります。 魔王様×エルフ、オーク×エルフ、獣人×エルフ、勇者×エルフ、魔族/魔物×エルフ ……など複数の異種間要素が含まれます。
    文字数 25,743 最終更新日 2022.1.20 登録日 2022.1.14
  • 104
    長編 完結 なし
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 7
     イサギ、15歳、男子! ヘタレでヘッポコで泣き虫でも、初恋のひとのために頑張ります!  アイゼン国の王妃が双子の王女を産んで亡くなって以来、国政にも関心がなく悲しみに暮れる国王が、再婚した後妻は黒い噂のある魔女だった。  魔女は第二王女を毒を吐く醜いドラゴンに変えて、その罪を第一王女と国一番の魔術師でセイリュウ領の領主でもあるサナに被せてしまう。  『魔王』と呼ばれ嫌疑をかけられたサナの従弟である15歳のイサギは、そんな国の一大事など何も気にせず、セイリュウ領でやる気なく暮らしていた。  そこへ現れたのは、『魔王』討伐を命じられた、初恋のひと、エドヴァルド。  エドヴァルドと自分が結婚できない理由を、従姉で『魔王』のサナだと勘違いして一念発起して暴走するイサギは、エドヴァルドとの男性同士の結婚を叶えるために、アイゼン王国を救う勇者となる!  マンドラゴラも活躍する、ラブコメです!  ボーイズラブを主軸とした、おとぎ話のような優しい恋愛ファンタジー。(主人公がBLなだけで、他のカップルはNL、GLもあります)
    文字数 294,293 最終更新日 2021.11.30 登録日 2021.10.5
  • 105
    長編 完結 なし
    お気に入り : 275 24h.ポイント : 7
    「ならば、私を野に放ってください。国の情勢上無理だというのであれば、どこかの山奥に蟄居でもいい」 広大な秋津豊島を征服した瑞穂の国では、最後の戦の論功行賞の打ち合わせが行われていた。 その席で何と、「氷の美貌」と謳われる美しい顔で、しれっと国王の次男・紅緒(べにお)がそんな事を言い出した。 打ち合わせは阿鼻叫喚。そんななか、紅緒の副官を長年務めてきた出穂(いずほ)は、もう少し複雑な彼の本音を知っていた。 十三年前、敵襲で窮地に落ちった基地で死地に向かう紅緒を追いかけた出穂。 足を引き摺って敵中を行く紅緒を放っておけなくて、出穂は彼と共に敵に向かう。 「物好きだな、なんで付いてきたの?」 「なんでって言われても……解んねぇっす」  判んねぇけど、アンタを独りにしたくなかったっす。 告げた出穂に、紅緒は唐紅の瞳を見開き、それからくすくすと笑った。 交わした会話は 「私が死んでも代りはいるのに、変わったやつだなぁ」 「代りとかそんなんしらねっすけど、アンタが死ぬのは何か嫌っす。俺も死にたかねぇっすけど」 「そうか。君、名前は?」 「出穂っす」 「いづほ、か。うん、覚えた」 ただそれだけ。 なのに窮地を二人で脱した後、出穂は何故か紅緒の副官に任じられて……。 感情を表に出すのが不得意で、その天才的な頭脳とは裏腹にどこか危うい紅緒。その柔らかな人柄に惹かれ、出穂は彼に従う。 出穂の生活、人生、幸せは全て紅緒との日々の中にあった。 半年、二年後、更にそこからの歳月、緩やかに心を通わせていった二人の十三年は、いったい何処に行きつくのか──
    文字数 105,400 最終更新日 2021.11.4 登録日 2021.10.1
  • 106
    短編 完結 なし
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 7
    国を救った勇者リチャード。 国王は彼への褒美として、第二王女のレイチェルとの婚姻を許すと告げたが…。 勇者が王女との結婚を望んでいないことを、レイチェルはすぐに察する。 レイチェルに促され、勇者は望みを口にした。 「勇者を――殺してください…」 大戦を終えた勇者パーティのその後のお話。 ※BLとGL要素を含みます  BL:勇者→盗賊。  GL:勇者の元パーティメンバーの二人(※会話の中でちらっと出てくるだけ)
    文字数 24,018 最終更新日 2021.8.19 登録日 2021.8.10
  • 107
    短編 完結 R18
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 7
    似非ファンタジーな異世界もの。 国王×王妃の従者 過去にサイトに載せていた短編を修正したものですが、修正してもツッコミ所が満載過ぎてこれ以上の修正は諦めました。 細かい事が気になる人は絶対に読まないで下さい。 ツッコミもご容赦くださいm(_ _)m 他サイトにも投稿しています。
    文字数 29,647 最終更新日 2021.1.17 登録日 2021.1.12
  • 108
    長編 完結 R18
    お気に入り : 49 24h.ポイント : 7
    今日も今日とて忙しい。 現在我が国である魔族達が住まう『魔国』は非常に迷惑を被っていた。 人間至上主義の王国の頂点である筈の国王が、魔王の部下であるオークジュネラルと手に手を取って愛の逃避行を行ったとか。 逃走途中で我が国である魔国に立ち寄ったとか。 …そのまま城下町で居着いてしまったとか。 お陰で人間至上主義の王国連中が連日此方の国に迷惑を掛けまくって居るのである。 そんな最中、『勇者』が聖剣クラウ・ソラスを手に持ち、魔王城の三階に居た『魔王』を襲撃しに来てー… ※全5話。+キャラクター紹介+おまけで終了。  11月17日から毎日掲載。完結まで書ききっているのでご安心下さい。 ・作中男性妊娠の描写があります。苦手な方は回れ右して頂けると幸いです。 ・18禁描写、後半あり。  ・ ・ ・ ※前作を読まなくても何となくわかるようには書かれていますが、詳細を知りたい方は前作である『魔王。取りあえず喰わせろ(物理的に)』を読んで頂けると幸いです。尚、前作は時間がある時に書き直し&タイトル変更予定です。※ ※アルファポリスでは前作は掲載しておりません。書き直し次第でUPするかも?※ ・なろうでも更新中。
    文字数 25,297 最終更新日 2020.11.22 登録日 2020.11.17
  • 109
    長編 完結 R15
    お気に入り : 108 24h.ポイント : 7
     醜い容姿故に、憎まれ、馬鹿にされ、蔑まれ、誰からも相手にされない、世界そのものに拒絶されてもがき生きてきた男達。 生まれも育ちもばらばらの彼らは、不慮の事故で生まれ育った世界から消え、天帝により新たなる世界に美しい神王として『転生』した。  愛され、憧れ、誰からも敬愛される美神王となった彼らの役目は、それぞれの国の男たちと交合し、神と民の融合の証・国の永遠の繁栄の象徴である和合の木に神卵と呼ばれる実をつけること。  五色の色の国、五国に出現した、直樹・明・アルバート・トト・ニュトの王としての魂の和合は果たされるのだろうか。  最後に『転生』した直樹を中心に、物語は展開します。こちらは直樹バージョンに組み替えました。 『なろう』ではマナバージョンです。 えちえちには※マークをつけます。ご注意の上ご高覧を。完結まで、毎日更新予定です。この作品は三人称(通称神様視点)の心情描写となります。様々な人物視点で描かれていきますので、ご注意下さい。 ※誤字脱字報告、ご感想ありがとうございます。励みになりますです!
    文字数 134,554 最終更新日 2020.9.26 登録日 2020.8.1
  • 110
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 27 24h.ポイント : 7
    ステライド王国の一番の騎士である灰夜は、国王からの指令で神達が祀られているという神殿に向かった。 そこでは、人外である「竜人」や「妖怪」など様々な種族がいた。 しかもその人外達は灰夜のことを知っていて…。
    文字数 3,987 最終更新日 2020.6.17 登録日 2020.6.9
  • 111
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 664 24h.ポイント : 7
    いままで愛されてこなかった 主人公ナオ ある日目を覚ましたら知ない美人に抱かれていたっ! 実は事故により亡くなってしまい転生してしまっていてっ!? この世界でもどうせ愛されない…と思いきや、騎士団に愛でられるわ 国王やら周りの人に溺愛されるわ… 何もかもが真逆の人生! 『どうしようこんなの僕知らないっ‼︎』 愛されたことのないナオが愛され、幸せになっていくファンタジー恋愛物語 最初だけシリアスです! 王道系BLにしようかな〜と思ってます! 主人公総受けで、複数人と付き合うことになるかもしれないので、それが嫌な方は回れ右! おなしゃす!!! 1日最低でも2ページ?ずつくらいは更新したいと思います
    文字数 34,081 最終更新日 2020.3.7 登録日 2020.2.13
  • 112
    長編 完結 R18
    お気に入り : 109 24h.ポイント : 7
    近衛騎士隊長リナルド=オロッソには密かな楽しみがあった。多忙を極める騎士団の仕事の合間、暇を見つけては白紙の本に小説を書き記す。そして数少ない休暇に足しげく城下の本屋に通う。 最愛の陛下パスクアーレ=ロ=ハイドロメルとの、蜜月を妄想した同人誌を発売するために!? しかしある日、秘密の私書が国王の元に届いてしまったからさあ大変。 蛮族を退けた後に一兵でありながら一国を建国した御方、その彼を衆道本の題材にする不敬は果たして許されるのだろうか? 許されなかった時には・・・。 と、話は単純なものに留まらず様々な思惑が交差し始めたことで、リナルドは敬愛する陛下のために剣を取るのだった。 ※監禁等の過激な行為も含まれています。
    文字数 103,144 最終更新日 2020.2.18 登録日 2019.10.23
  • 113
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 165 24h.ポイント : 7
    普通の日本の男子高校生だった蒼井悠人。 妹に忘れ物を渡そうと慌てて家を出たところで、いきなり強い光に包まれた。 目覚めたところは、異世界!? 「聖女様!?」「王妃様!?」 代々の聖女は、国王と結ばれ王妃になってきた!? いやいや、そんなこと言われても、僕は男だから、聖女にも王妃にもなれません!! 異世界を舞台にした話ですが、女性もいる世界なので、BLに対する非難を受けたりもします。 ノーマルな男子高校生が悩みながらも自分の気持ちと向き合い、BLの世界に足を踏み入れていく話です。
    文字数 188,846 最終更新日 2020.1.26 登録日 2019.10.30
  • 114
    長編 完結 R18
    お気に入り : 19 24h.ポイント : 7
    王を守ると誓ったのに、王を殺したキングスレイヤー。罪を償うために牢に入った男のもとに、美貌の少年が訪れる。父を殺したキングスレイヤーに、狂王の子がささやく。罪を償えと。新国王に追われる傾国の王子と人狼の逃避行!
    文字数 49,542 最終更新日 2018.10.31 登録日 2018.10.31
  • 115
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 57 24h.ポイント : 7
     先祖代々国王に仕える優秀な騎士を輩出してきたベイレード家、しかし跡取りであるサーベルは病弱な上にあがり症それでも立派な騎士になりたいと、一生懸命修行に明け暮れていたが、ある時双子の妹シャシュカがとんでもない事を言い出して⁉  双子の兄妹の入れ替わりドタバタラプソディー。  妹に変わり婚約者の元に行くことになった、兄の運命はいかに⁉  ※暫く不定期更新になります。  
    文字数 71,376 最終更新日 2018.12.3 登録日 2018.10.14
  • 116
    長編 完結 R18
    お気に入り : 234 24h.ポイント : 7
    滅国の麗人に愛の花を~二人の王子の物語 ~強国の若き王子がその国を滅ぼすことを決意したのは、お忍びで出会って恋した美しい奴隷の娘のため。 だが、その奴隷の娘は滅ぼそうと決意したその国の王子の仮の姿だった~ ラブラド国王子のラズは、同じくお忍びで偵察に来ていた強国ボリビア国の第一王子シディとお祭りで出会い、お互い誰かわからないまま、恋をする。 ラズには、愛するものに欲望を感じると、体に花の紋様が浮き出るという、伝説のラブラド王家の血族である。 ラズの美しくも妖しく咲かせる体の花を見ることができるのは、愛する人だけ。 お忍びで、奴隷に扮するラズが身に付けた『奴隷の印』を見て、シディは、ラブラド国を征服し、奴隷を解放することを決意するのであった。 ★第1部 二人の王子編 ★第2部 海賊編 ★第3部 帝国の冬編 物語上、シディ×ラズ以外もあります。 割りと、総受けというもののようです。 ※2019.8.9にタイトルを『滅国の奴隷に愛の花を』から変更しました。 ※2019.10.24に校正済み☆完結しました。 ※9話で第2部完結後、引き続き番外編を投稿。 ※2019.11.6 第3部 連載開始しました。 重要 完結後随分立ちますのでエブリスタにて2部の途中から有料公開といたしました。 そちらでどうぞよろしくお願いいたします。 ■表紙は以下で作りました。EuphälleButterfly @Art_euphalle14 さま ありがとうございます!!! 大感謝です。 Euphälmäuge[少年の館] 
    文字数 241,905 最終更新日 2019.7.30 登録日 2018.10.7
  • 117
    長編 完結 R15
    お気に入り : 77 24h.ポイント : 7
    この国には、昔から受け継がれてきた鏡がある。鏡に選ばれた者は次の国王となる。その鏡をめぐり、王家の者はある判断を下す・・・職人の父の元、一人前になるために日々、上達を目指すミル。明日、独り立ちと言う日の夜、彼の身に起こる出来事。幼いころから、鏡を通して親交を深めたあの人に・・・もう会えなくなる。彼の行動がその運命を動き出す・・ 鏡を通して通じ合った二人が、王家の決まりにより、婚約者となる。だが、この世には存在しない容姿は、狙われる原因となっていった。同時期に起る不運な出来事。それにより、王が下した決断が二人を再び結びつけることとなる。時の流れは同じ、だけど住んでいる環境は違うという設定となっています。 ※「ムーンライトノベルズ」にて別名にて公開している物を一部編集しております。内容は変わりません
    文字数 145,683 最終更新日 2018.5.8 登録日 2018.4.14
  • 118
    短編 完結 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    裸の王子様の勃起しない問題に、国王夫妻は悩んでいた。 このままでは次なる後継者の心配した国王夫妻は、国中のあらゆる美女を連れてきたが結果は思い通りにはならなかった。だが、諦めていたその時ーー敵国の裸の王子様を見た裸の王子様から、一滴のがまん汁が垂れた事により、枯れた大地に一輪の花を咲かせてた。
    文字数 1,453 最終更新日 2022.3.16 登録日 2022.3.16
  • 119
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 28 24h.ポイント : 0
    潜入捜査中に身元がバレて殺された元公安刑事の久遠理央は、気づけば異世界転生していた。 どうやら実家は代々続く国王陛下直属の諜報稼業を担っていたーーー陛下の狗と呼ばれていた伯爵家、アルフォート家だ。次男として悠々自適な生活を送っていたリオ・アルフォートだったが、久遠理央の自我を得てから、この国を取り巻く状況に唖然とさせられることになった。 いや、この国いつ国家転覆してもおかしくない?そしたら俺はどうなる?一族郎党皆殺しは嫌だ! 呑気な旧友の王太子殿下の尻を引っ叩き、生存戦略に乗り出した。
    文字数 5,179 最終更新日 2021.10.4 登録日 2021.10.1
  • 120
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 65 24h.ポイント : 0
    【本篇第2部開始】ただの人間の俺が悪魔の王子様に娶られ調教され気づいたらなんかガチ恋して結婚してた 現在世界は、全ての生物(クリーチャー)が、各々の種族に分かれ、エルフの国、ゴーレムの国、妖怪の国、といった具合に独立して成り立っていた。 ただ一国を除いて。 その国の名は「ウォルズ王国」。 『種族の坩堝』と呼ばれるウォルズでは、ドワーフや鬼、吸血鬼、堕天使、その他諸々の種族が、互いに交流し合い、平和に暮らしていた。 王都ラリーハリー近くの森に住む農民の少年セイジュは、吸血鬼のふりをしているが、実は『人間』である。 なぜセイジュが吸血鬼コスをしているかというと、様々な種族が棲息するウォルズ国内でもやはり差別があり、種族の最下層に位置するのが『人間』だからだ。 ある日、セイジュが王都に行くと、ウォルズ王国を統治する『悪魔』の国王が何らかの『宣言』をする、と耳にした。 しかし実際それは国王の息子、即ち王子様の宣言であって、それたったひとことであった。 「俺、婚活する」 自分には関係のない話だと聞き流していたセイジュだが、村の近くで純白の鳩が罠にかかっているのを発見し、治療してやろうと家に連れて帰るのだが——
    文字数 64,769 最終更新日 2021.11.20 登録日 2021.8.1