1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 神社の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 神社
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1,396 24h.ポイント : 20,392
    実家が神社である男子高校生、蘆屋美影(あしやみかげ)。 両親が事故で亡くなり、叔父夫婦に引き取られて不遇な生活を送っていた。 ある日、叔父に襲われそうになって神社の宝物庫に逃げ込んだ美影は、疲れてそのまま眠ってしまう。目を覚ますと知らない場所にいて、精霊王と名乗る男が話しかけてきた。 神社に封印されていた邪神が、俺のせいで異世界に逃げ込んだ。 邪神を封印できるのは神社の正当な血を引いた自分だけ。 異世界にトリップした男子高校生が、旅で出会った騎士団長と一緒に邪神を封印する旅に出る話です。 騎士団長(執着)×異世界トリップした男子高校生(健気受け) シリアスな展開が多めです。
    文字数 55,665 最終更新日 2022.5.23 登録日 2022.5.8
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 2,286 24h.ポイント : 889
    異世界に飛ばされた僕の従騎士生活 気づけば大学生の僕は戦いに明けくれる騎士の従者になっていた。僕の神社由来の力が敵から狙われる⁉︎ 目の前で生死をやり取りする雄々しい彼らの元で何とか生き抜こうとする僕の波瀾万丈な毎日。 #異世界の中で無意識成り上がり#スパダリ攻略し過ぎて激甘展開に⁉︎ #自覚なしの甘えた#周囲を翻弄 #スパダリの苦悩 ※印は背後注意が正解です(萌えるエロを目指してます汗) ♡戦国時代の衆道をイメージして書いてます♡騎士同士の厳しい状況下での甘い癒しがお好きな方にオススメです♪ ☆戦闘シーンもあります
    文字数 133,487 最終更新日 2021.12.31 登録日 2021.10.18
  • 3
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 307 24h.ポイント : 695
    タイトル変えました。(旧題:とある商店街のお茶屋さん) あの時、地元の神社にて俺が初めてヒートを起こした『運命』の相手。 その『運命』の相手は、左手に輝く指輪を嵌めていて。幸せそうに、大事そうに、可愛らしい人の肩を抱いて歩いていた。 『運命の番』は俺だったのに。 俺の番相手は別の人の手を取って、幸せそうに微笑んでいたんだ ◇◆◇◆◇ のんびりと日々人物鑑賞をする主人公の物語です。 BL設定をしていますが、中々BLにはなりにくいです。そんなぼんやりした主人公の日常の物語。 なお、世界観はオメガバース設定を使用しております。 本作は『ある日突然Ωになってしまったけど、僕の人生はハッピーエンドになれるでしょうか』の登場人物が多数登場しておりますが、ifでも何でも無く、同じ世界の別のお話です。 ※ 誤字脱字は普段から在籍しております。スルースキルを脳内に配置して読んで頂けると幸いです。 一応R15設定にしましたが、後程R18へ変更するかも知れません。 ・タグ一部変更しました
    文字数 119,329 最終更新日 2022.5.19 登録日 2021.7.25
  • 4
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,190 24h.ポイント : 418
    カラヴァント王国は度重なる天候不良、魔獣被害の影響を受け始める。瘴気や穢れを祓う為、魔術師の力を集め禁忌とされる救世主召喚を行う事になった。 代償は、第二王子の婚約者で嫌われ者に仕立てられたソラティア・アーガードを生贄にする事だった。 そして、異世界召喚の儀式により救世主は王国に。何故か、ソラティアは退魔導士の黒曜の元へ飛ばされる。 愛される事を知らず、人見知りで臆病な美少年ソラティア。殺される事も覚悟していたのに、救世主のいた現代日本で学園生活を満喫し、黒曜から溺愛されて幸せになっていく魔術師のお話。 ※付きは、閲覧注意です。 苦手な方はスルーして下さい。 ☆神社や御神体、神様の名前・能力など 架空でファンタジーです。 ☆誤字脱字変換ミスは、こそこそ 修正かけております。 黙認(´・_・`)して下さると助かります。 ゆるゆる設定ですが、何卒緩い目でお読み下さい。
    文字数 132,113 最終更新日 2021.11.29 登録日 2021.9.9
  • 5
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 221
    処の境界 豊富な知識を持つ彩流 依は、国に属する正式な陰陽師の家系である、紫条 蓮と共に、蓮につく式神を求めてある山中に入った。その山は神と仏が併存する場所。険しい道を進み、頂上へと向かう中、依が足を滑らせ落下した。依の体を朽ちた木の幹が突き抜け、死を覚悟していたが、蓮の呪力で死を免れる。 依の体を突き抜けていたのは、その地に祀られた『依代』だった。 落ちた場所に覚えのある依は、蓮の言葉を聞きながら、蓮との出会いを思い出す。 『他の何よりも……誰よりも、依。お前がいい』 依と蓮が山に行ってから、少しずつも状況が変わっていく。 蓮の父親である総代が、ある仏の像を他の寺院に移していた。 仏の像を移した場所は、依と蓮と親交の深い、藤兼家の寺院だった。 蓮は自分のところから移された仏の像がなんだったかに気づくと、何が起こり始めているのかを察し、寺院の息子である藤兼 羽矢に協力を求める。 『冥府の番人、藤兼 羽矢。別名、死神。その門を開けてくれ』 死者の魂が閻王に裁かれる日、冥府に導いた魂が消えていた。羽矢は、魂が奪われている原因を察し、閻王に奈落への立ち入りの許可を得て依たちと共に河原に向かう。 河原には舟守がいたが、その舟守は霊園で見掛けた神司だった。 依たちは、冥府から魂が消えるのは神司が関わっていると、神司の行方を探す。 神司を追って辿り着いた神社の木には、釘を打ち込まれた人形《ひとかた》が無数にあった。 『ここは常夜……夜だけの神の場所。呪いの神社だ』 次々と冥府から魂が消え、行方を追う依たちは、神司の企みが何であるかを知る。 そしてその理由は、蓮と登った山に繋がっていた。
    文字数 140,701 最終更新日 2022.5.22 登録日 2021.10.18
  • 6
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1,099 24h.ポイント : 184
    春休みの部活に向かう通学路で、嘘みたいに大量の花吹雪に襲われた俺。ようやくそれが収まった頃、恐るおそる目を開けると、近くに初めて見る神社を見つけた。 え?何?縁結びだって??? モブ顔で全てにおいて並の並である、彼女ない歴=年齢の17才DKは、「ゲームみたいな恋愛がしたい!」と願った。 それはもう、心の底から願って…… 石段から落ちた。 その神社の神様が腐女神(ふじょしん)で、次に目が覚めたらそこは乙女ゲームの世界とか聞いてないんですけど。 なになに、なるほど。俺はヒロインの隣の家に住む幼なじみになった……って、普通それってお助けキャラなんじゃないの? なんで無駄に美形な上、ヒロインそっちのけで攻略キャラが迫ってくるんだよ! どうにかしてくれよ、神様!!!
    文字数 266,863 最終更新日 2021.11.3 登録日 2021.6.4
  • 7
    短編 完結 R18
    お気に入り : 53 24h.ポイント : 85
    人も近寄らない朽ちかけた神社に棲みついていた若い狐が、ある日、黒目黒髪の狸に目をつけられる。悪食で淫乱だと自らを称する狸は、真っさらな狐をおいしくいただくのだが……。※他サイトにも掲載 [童貞の色無し妖狐 × 淫乱な妖狸 / BL / R18] 長らくタイトルのフレーズが頭から離れず、どうにも消えてくれず、それならいっそアウトプットしてしまおうと思い立ってしまいました。お察しのとおりです。生ぬるい目でお楽しみいただければ幸いです。
    文字数 18,430 最終更新日 2021.12.3 登録日 2021.12.3
  • 8
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 56
    田舎と都会のちょうど真ん中あたりの栄えも寂れてもいない小さな町。そこにある忘れ去られた神社で今日も高校生の優治と小学生の雅樹は日が暮れるまで時間を潰していた。 仲良くもなく、かといって相手を追い出そうと思うほどに関心を持っていない2人。気が向けば話すくらいに希薄な関係のまま、いつしか優治は大人に、雅樹は大学卒業を間近に控えるほどの時間が経った。 将来は親の会社を引き継ぎ決められた人と結婚することが決められている雅樹。もう戻ってこないからとこの町で過ごした最後の思い出に、雅樹は優治を買いたいと申し出たのだった。 ・・・・・ ろくでなしの男×金持ち一家の一人息子のBLです。年上×年下です。受けが攻めを金で買います。攻めと受けは付き合いません。最終的に受けは女性と結婚します。他♡・濁点喘ぎ、淫語、言葉責め、潮噴きなどがあります。 今回試験的に一話をまとめて投稿するのではなく、ある程度区切りのある所で話を短く分けてみました。 *マークのある部分はR18要素を含みます。
    文字数 14,952 最終更新日 2021.6.29 登録日 2021.6.28
  • 9
    長編 完結 R18
    お気に入り : 28 24h.ポイント : 49
    週末、君の焼いたカップケーキをひとくちだけ。 【ざっくり内容紹介】 人気急上昇のクール系アイドル×童顔30歳の売れない小説家(元トップアイドル)、らぶえっち、一部残虐描写あり、前途多難カップル、えちち描写には「★」をつけています。 【詳細なあらすじ・第一章】  飯塚 千尋(いいづか ちひろ)は元トップアイドルだったが、ある事件をきっかけに芸能界を引退した。それはもう十年前の話。今、自宅に引き籠って、恋愛小説を書いているが、思うように筆が進まなかった。  ある日、千尋は気分転換がてらに愛犬を連れて、海岸沿いにあるドッグランへ行く。そこで、翔真と出会う。  二人のほのぼのとした日々が訪れるかと思いきや、様々なアクシデントが起きる。  二人はアクシデントを乗り越え、次第に惹かれ合う。アイドルと一般人が付き合うなんて、御法度!絶対ダメだって、分かってるのに……千尋は翔真の事が好きで好きで仕方なかった。 【詳細なあらすじ・第二章】  とある商店街のくじ引きで温泉旅行ペアチケットが当たる。二人は予定を合わせて、温泉旅行へ行く事にした。  翔真はアイドルという事もあり、一際目立っており、ファンに声をかけられる。分かっているはずなのに、ファンに嫉妬してしまう千尋。千尋は翔真と一緒にいるのが辛くなり、一人で行動する事に。  そんな千尋に声をかける人がいた。声に導かれるまま進むと、いつの間にか立ち入ってはいけないと噂される神社の境内にいた。  翔真は無事に千尋を見つける事が出来た。しかし、なんだか様子がおかしい?そんな絶体絶命のピンチにある男性が姿を表す。 ※第9回BL小説大賞にエントリーしました。
    文字数 112,921 最終更新日 2021.10.23 登録日 2021.10.1
  • 10
    短編 完結 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 42
    いつか会えたら、きっと。  榊 臣(さかき しん)には、忘れられない思い出がある。  幼い日に神社で出会った見知らぬ人との出会い。  その人は、村の人々に疎まれていた自分に微笑みかけ“待っていた”と言ってくれた。  “機が熟せばまた会える”という言葉を支えに生きてきたけれど、再会は叶わぬまま臣は19歳となった。  そんな折、村の祭りで奉納する神楽の主役として舞うことを依頼される。  あの人と出会った場所である神社と関わることができるならと引き受けた臣は、神楽の練習中に見知らぬ青年と出会う。  二人は、仲を深めていくのだけれど……? ※ムーンライトノベルスに投稿した作品の加筆修正版です。 ※性描写を含む話には、話数の後ろに※がついています。 ※『想いがつないだ、その先は。』は本作品のスピンオフです。臣の親友啓の話となります。よろしければそちらもご覧ください。 ※表紙・おまけSSのイラストは九重マツさま(@matsu_kokonoe)に描いていただきました。素敵なイラストをありがとうございました! 読みやすいよう分割し、加筆修正しました。
    文字数 39,581 最終更新日 2022.4.30 登録日 2021.12.15
  • 11
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 683 24h.ポイント : 42
    巫女で自分嫌いな腐男子の俺が異世界で色々勘違いされて愛される話 俺は桜宮 夏。代々約千年前から続く桜宮神社の跡取り息子だ。 だがしかーし‼︎俺は幼い頃からの毎日毎日の神楽の稽古、女装させられて巫女として何千人の前でやる月一の祭事‼︎ もー嫌だ!耐えられない! だが、こんな俺にも唯一の楽しみがある!それは…BLだ‼︎だからある日、神楽を舞いながら神様に願った!BLを自由に見れる素晴らしい異世界に行きたい‼︎と。そして願い叶って念願の腐男子ライフ-ーってあれ?なんか違うぞ?何かみんな勘違いしてません⁉︎もっと自覚しろ?えっと、自分がどれだけ気持ち悪いかなんてとっくに自覚済みですが⁉︎俺が神に愛された巫女?なんのこっちゃ!どこぞのネタですか⁉︎ただ俺は腐男子ライフを満喫したいだけなのに…‼︎どうしてこうなった!? こんな感じの無自覚愛され勘違いコメディー時々シリアスなファンタジーBLです!途中話が重くなる所あります!初投稿なので遠慮なく、アドバイスや誤字脱字の指摘などしていただけると嬉しいです! R18を含む話は題の頭に☆をつけます!無理やりや暴力表現は※で題に表記します!後半腐男子要素皆無です!(>_<)💦
    文字数 70,979 最終更新日 2020.4.2 登録日 2019.9.15
  • 12
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 491 24h.ポイント : 42
    何度も見る夢があった。孤独から救い出してもらうそんな夢。起きた頃には幸せな夢なはずなのに現実にその救い出してくれた人がいないことが悲しくて、泣く毎日。 別に不幸でも、なんでもない普通の生活は幸せなはずなのに物足りなくて、神社に行っては神様にすがりたくなるような気持ちなるのは何故だろう? そんな変わらぬ日。いつもと違う夢を見た。 『ようやく、捕まえた』 そこに手を伸ばし、目を見開くと目の前にはぷるんぷるんとした喋る生物がいた。 どうやら俺はスライムに召喚されたようだ。え?普通逆じゃない?俺の世界には魔法すらないけど。 スライムの従魔になった俺の冒険の旅。知らない異世界で優しく強いスライムに、なんでだろう?帰りたいとは思わなかった。 スライムでBL迷いましたが、始まりました初めての友達は神様でした~神様はなんでもありのチートです~第二章ここに開幕!
    文字数 28,319 最終更新日 2018.12.26 登録日 2018.10.13
  • 13
    短編 完結 R18
    お気に入り : 57 24h.ポイント : 42
    【挿絵追加】 過疎地域にある閉鎖的なこの村は、特に女と子どもが少なかった。 故にそこでは特異な風習があった。 そんな中で同い年の少年が2人、16歳を迎えていた。  *** 少年×少年→女の子 の性転換エロBLです。 性転換は少しふたなり風味です。 苦手な方はご注意ください。
    文字数 10,421 最終更新日 2018.1.25 登録日 2018.1.25
  • 14
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 437 24h.ポイント : 35
    総受け必至な異世界で純愛できるかできないか 脱童貞!意気込み挑んだ初体験で失敗した俺は心にトラウマを抱えてしまった。 拭いきれないトラウマに、神頼みだと夜中こっそり参拝した神社で俺の願いは神に届いた。 問答無用で神様に飛ばされた異世界は男だらけの世界だった。子供が出来ず、滅びの日を待つだけだという世界を救えるのは『神子』の俺? いやいや、神様!!こんなお願いしてないし!!
    文字数 72,323 最終更新日 2020.3.25 登録日 2020.2.6
  • 15
    長編 完結 R18
    お気に入り : 40 24h.ポイント : 28
    【弐】バケモノの供物 〜「愛」をテーマにした物語重視の異種恋愛物語〜 ※本サイトでは完結記念「それから」のイラストで設定しています ※オリジナル設定を含んでいます ※拙い箇所が沢山御座います。温かい目で読んで頂けると嬉しいです ※過激描写が一部御座います 𝐒𝐭𝐨𝐫𝐲 バケモノの供物シリーズ、第二弾「弐」… 舞台は現代である「現世」で繰り広げられる。 親を幼い頃に亡くし、孤独な千紗はひたすら勉強に励む高校ニ年生。そんな彼はある日、見知らぬ男に絡まれている際に美しい顔をした青年に助けて貰う。そして、その彼が同じ高校の一個上の先輩とて転校してきた事が発覚。青年は過去に助けた事のある白狐だった。その日を境に、青年の姿をした白狐は千紗に懐く様になるが…。一度見つけた獲物は絶対に離さないバケモノと独りぼっちの人間の送る、甘くて切ない溺愛物語。 ''執着されていたのは…'' 𝐜𝐡𝐚𝐫𝐚𝐜𝐭𝐞𝐫 天城 千紗(17) …高二/同性を惹きつける魅力有り/虐待を受けている/レオが気になる 突然現れたレオに戸惑いながらも彼の真っ直ぐな言葉と態度、そして時折見せる一面に惹かれていくが… レオ(偽名: 立花 礼央) …高三(設定)/冥永神社の守り神/白狐/千紗が大好き とある者から特別に人間の姿に長時間化ける事が可能になる術式を貰い、千紗に近付く。最初は興味本位で近付いたはものの、彼と過ごす内に自分も知らない内が見えてきて… ライ(偽名: 松原歩) …高二(設定)/現世で生活している雷を操る龍神/千紗とレオに興味津々 長く現世で生きている龍神。ネオと似た境遇にいるレオに興味を持ち、千紗と友達になり二人に近付く様に。おちゃらけているが根は優しい。 ※「壱」で登場したメインキャラクター達は本編に関わっています。 ※混乱を避ける為「壱」を読んだ上でご覧下さい。 ※ネオと叶の番外編はスター特典にて公開しています。 𝐒𝐩𝐞𝐜𝐢𝐚𝐥 𝐭𝐡𝐚𝐧𝐤𝐬 朔羽ゆきhttps://estar.jp/users/142762538様 (ゆきさんに表紙絵を描いて頂きました。いつも本当に有難う御座います) (無断転載は勿論禁止です) (イラストの著作権は全てゆきさんに御座います)
    文字数 73,560 最終更新日 2021.12.24 登録日 2021.12.17
  • 16
    長編 完結 R18
    お気に入り : 56 24h.ポイント : 28
     とある神社の一角で、その神社の主である神様が鬼の焔(ほむら)と賭をした。 『暇だから、次の参拝者の性別を当てようか』  神様とそんな賭けをしたって当然鬼が神に勝てるワケが無く、いや…… 主従関係にも等しい神に勝つ気がそもそも無かった焔は『負けた君には私のお願い事をきいてもらおうかな』と、詳しい説明もないままに、突然異世界へぶん投げられてしまった。  送り込まれた異世界はまるでゲームのようなシステムに基づいた世界で、“名も無き本”がナビゲート役として彼のお供をしてくれる事に。焔はそこで召喚士という職を選び、異世界での生活を始める出だしとして、早速召喚魔法を使ってみる事に。すると呼び出せたのは、召喚士レベルが1だったにも関わらず、どう見ても激レア感満載な、大きなツノのある褐色肌をした人型の召喚魔だった。  ○二面性のあるお飾り魔王さんと、異世界転移者にされてしまった鬼とのBL小説。  ○女性向けの割には淫語多め、かも。  ○【R18】作品ですのでご注意下さい。
    文字数 445,698 最終更新日 2021.8.19 登録日 2020.11.22
  • 17
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 25 24h.ポイント : 14
    沈み鳥居の鬼—愛してはならない者を愛した罪— 神鬼と人がまだ同じ世界にいた頃のお話――。 叡智と音の神であり、また戦闘神としても崇められていた弁財天神には、彼女に仕える童子が十六人いた。 童子達は悪さをする鬼達を退治するのが生業だったのだが、弁財天神に関する悪い噂が立ち始める。 弁財天に祈りを捧げると、夫婦は別れ、女は嫉妬されると言う根も葉もない噂だったが、人々は信仰をやめ、弁財天神の存在自体が危ぶまれ出した。人を助けていた童子達まで追いやられることになり————。 愛してはならないものを愛する事は、罪なのか。この世の縛りは何のためにある———? 実在する「沈み鳥居」にインスパイアされて書いた昔々の物語。 あなたはこの結末を受け入れる事が出来ますか。 尚、この物語はフィクションであり史実とは異なります。
    文字数 190,726 最終更新日 2021.11.23 登録日 2020.10.25
  • 18
    長編 完結 R18
    お気に入り : 26 24h.ポイント : 14
    オカルトが好きな佐渡 朔矢は憑りつかれているかもしれないからと、友人から神近 智依を紹介される。 見た目からは神社の息子には見えない風貌なうえに、人の癇に障る発言を繰り返す神近。なんとかお祓いしてもらうも、何故かキスまでされてしまう。 訝しく思いつつも神近と接していくうちに感じる優しさに、朔矢は惹かれてしまうのだが……
    文字数 137,556 最終更新日 2020.11.27 登録日 2020.5.15
  • 19
    短編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 7
    大学生の天野啓(あまの けい)は、村の祭りの最中に忽然と消えた幼馴染みを探すため、遠方の下宿先から地元へと帰省を繰り返している。 そんなある日、啓は幼馴染みが姿を消した神社で見慣れない少年と出会う。 彼は事情を知ると、啓が卒業して村に戻って来るまで捜索を手伝うと申し出たのだが……? タイトルの数字の後に※がついているものはR-18描写があります。 ※前作『いつか会えたら、きっと。』のスピンオフです。主人公「榊臣(さかき しん)」の幼馴染み、天野啓が、祭りの最中に消えてしまった臣を探しているところから始まるお話です。盛大に前作のネタバレをしておりますので、未読の方はもしよろしければそちらからご覧いただけますと幸いです。
    文字数 41,508 最終更新日 2022.1.18 登録日 2022.1.6
  • 20
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 7
    今宵、君の事を想う 埼玉県内に住む高校生、慧 剣道3年連続全国1位を取り、引退。 受験シーズンへと入っていった …8月も終わりに近づいてきた頃 慧は、母方の叔母に自分の考えを打ち明ける 自分は、進学より就職をしたい。と それでも、叔母は慧の進学を望む 自分の希望か、叔母の希望。 今まで育ててくれた叔母への感謝から出来れば叔母の希望に沿いたいと思うが 今の叔母には4年前から付き合っている人がいる 一度、結婚しないのかと聞いてみたところ まだしない。と言われた。理由は、 突然お父さんが出来ても、慧がたいへんだからということだった 別にそんな事はないが…と慧は思うが、叔母が気遣ってくれるということがうれしかったため、言えずにいた 気遣ってもらうより、自分が働いて一人暮らしを始めたほうが、叔母の為 そう、考え始めた そんなある日、慧は狂い咲きの桜を見つける 近所の神社に咲いていた桜 噂では、平安時代から咲いているという ふと導かれるようにしてその桜に近づく その瞬間… 視界が白い光で溢れた…
    文字数 11,419 最終更新日 2020.8.3 登録日 2019.3.24
  • 21
    短編 完結 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    プラチナ 「花火大会の日くらい、僕の為に空けといてよね……」 そう言って拗ねた僕と約束してくれた、売れない写真家の大地。 しかし大地は、当日になって仕事を優先してしまう…… 当て付けに、幼馴染みの昴生を誘い、穴場の神社に並んで座っていると いきなり昴生に、押し倒されて…… 「……ゃあぁ…っ!」 2018年 フジョッシー様コンテスト応募の為に執筆
    文字数 8,003 最終更新日 2022.2.6 登録日 2022.2.4
  • 22
    短編 完結 R18
    お気に入り : 73 24h.ポイント : 0
    零れ桜の獣たち〜狐狼奇譚〜 狐獣人のシロは旅に出た。 目的もなく、暇潰しの旅に。 たまたま出会った筋肉バカの狼獣人クロ。 きまぐれで旅の友にした。 結局帰ってきた元の住処である廃神社に、これからは二人で……。 しかし、シロにはとある秘密がある。 クロの為にどうにかしようと、秘密を隠したまま再び二人で旅に出た。 その先で起こる事件とは? ◇◇◇ 「クロ、本当にいいのか? もう後戻りできないぞ。私と共に生きるなら……」 「共に生きるなら何だよー!」  クロはシロをギュウッと抱きしめたままで尋ねる。  シロはそんなクロに非情な宣言をした。 「私と共に生きるなら……、お前は一生涯童貞だ」  シロの言ったことを噛み締めるようにして、頭の中で咀嚼するクロ。 「一生涯童貞って何だよー! っていうか、何で童貞って知ってるんだよー!」  思わずシロの身体をバッ!と離して、顔を真っ赤にしてからクロは大声で繰り返す。  シロは悠然と微笑みながら言葉を返した。  物凄く美しい顔はとても妖艶で、クロはゴクリと唾を飲み込む。 「当然だ。それともなんだ? 他にうつつを抜かすつもりか?」  切れ長の瞳でじっと見つめるシロに、クロは慌てて言葉を返す。 「そんなことないぞ! 俺はシロだけを……!」 「それじゃあ、お前は一生涯童貞だ。決定だな」  これから、シロのクロへの愛の調教?が始まります。 R18回は※つけています。 『ムーンライトノベルズ』様にも掲載中です。 最近勉強し始めた作者の初めてのBL、拙くて申し訳ありませんが、温かく見守ってください:;(∩´﹏`∩);:
    文字数 102,517 最終更新日 2021.10.14 登録日 2021.9.30
  • 23
    長編 完結 なし
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    夏の祭礼 『通う千鳥の鳴く声に』前日譚。  黒河藩城下の佐宮司神社では毎年夏に祭礼が行われる。不穏な噂が町で囁かれるその祭礼の間、秋生修之輔は神社奥宮で祭礼用の札を書く。黒河で初めての夏を過ごす本多弘紀がそこに遊びにやってきて―  修之輔が使う長覆輪の刀の由来と佐宮司神社の歴史に関わりが明らかに。千鳥シリーズの根幹となる黒河の月狼神話は、この『夏の祭礼』から語られ始める。
    文字数 52,468 最終更新日 2021.9.27 登録日 2021.9.20
  • 24
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    《器物は百年経ると化ける》――― 葛葉和弥(かずらばあまね)は葛葉八幡神社に住む高校2年生。 神社で女性神職をしていた母、葛葉優弥(かずらばゆみ)が病死した事から伯父の手伝いとして学業の傍ら巫男として神職に携わっていた。 そんな中、街では怪事件が発生。不審死や行方不明が多発していた。様々な怪事件を起こす怪異、悪霊と付喪神が手を組んだ《彼方人(かなたびと)》と和弥はとある晩、相対する。 神社に飾られているだけだった刀を手に応戦しようとするも打ち負かされ、更には刀で逆に胸を穿かれる。和弥が死を覚悟した時、何処からともなく声が聞こえてきた。 《俺がお前を殺す訳にはいかない》―――  (序盤にはまだ年齢指定描写出てきませんすみません進んだら出てきます) *** たいあっぷと言うサイトさんにて、イラスト付き版を公開中です。最新は此方になりますので、もし気になった方は此方にて宜しくお願い致します。 https://tieupnovels.com/tieups/1378
    文字数 53,184 最終更新日 2021.9.11 登録日 2021.8.15
  • 25
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    橘清音と水音は歳の離れた義兄弟だ。 父親は神社の宮司だが、知る人ぞ知る有名霊能者として生計を立てていた。 ある日トリプルブッキングをした父親の尻拭いのために、兄の清音の反対を押しきって弟の水音が代わりに依頼を受けた事から運命の歯車が回り始めた。 清音と水音の恋物語。 真夏の夜の夢のスピンオフ・ストーリー
    文字数 150,648 最終更新日 2021.12.18 登録日 2020.10.19
  • 26
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    それは風鈴の音が消えた暑い夏の日の事だった。 神社の三男坊である俺はある日突然見知らぬ屋敷にいた。 そこにいたのは… 美形鬼神×電波男子高校生 人との関わり方を知らずに歳を重ねてしまった鬼神と無垢な男子高校生のお話です。 18禁のお話には※マーク付けます。 処女作になります。 弓道経験0の人が書いてるのでガバガバ設定です!お許しを! ☆20時更新(ペースは作者の気力次第!) ☆作者の妄想しか詰まっておりません!!!!☆
    文字数 54,176 最終更新日 2020.12.20 登録日 2020.10.19
  • 27
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 83 24h.ポイント : 0
    「お前のこと、好きだったぜ」そう言って僕の目の前で死んでしまった親友、雅也。彼を失ったショックから僕は食べ物も交流も何も受け付けなくなり、そして―――死んだ。―――等と、思っていた時が僕にもありました。目を覚ましてみると、僕は美しい顔の女性の腕の中にいて、目の前にはこれまた美しい顔をした男性が笑顔で僕に手を伸ばしていた。もしかして僕・・・生まれ変わっちゃったの!?日本とよく似た国の第二王子となった神社の子供、有馬雪平(ありまゆきひら)は、グレイシエール・ヴァイス・リュウノミヤとして、この世界の要「原初の花」を巡る陰謀に、頼れる仲間たちとともに立ち向かう。*この度、お初投稿させていただきます!!大雑把に言うと、主人公君が仲間とともに冒険したり、遊んだり、戦ったり、悲しんだりするお話です!!全年齢対象となっておりますので、どなたも安心してお読みください!(しかし、異性だけでなく同性同士のキスやハグといった愛情表現はバンバン出てきますので、苦手なかたはブラウザバックを推奨します。)読んだ感想なども、どんどん下さるととっても嬉しいです!!
    文字数 28,156 最終更新日 2019.10.25 登録日 2019.10.18
  • 28
    長編 完結 R18
    お気に入り : 74 24h.ポイント : 0
    商店街の稲荷神社に奉職しました 神主になって2年目の中芝は、宮司の娘にホテルに誘われて断ったところ、腹いせにセクハラの濡れ衣を着せられて神社を首になってしまった。 その後、無事に商店街にある稲荷神社に再就職することができた中芝は、優しい老宮司の元で穏やかな日々を過ごす。 そんなある日、稲荷神社に宮司の親戚の大学生が神主の仕事を体験しにくることになって……? ◆中芝 拓也(なかしば たくや)……神主。24才。受け。本作の主人公。おとなしそうな顔立ちのイケメン。真面目で参拝者にも丁寧に接するので評判がいい。 ◆佐々木 倫通(ささき のりみち)……稲荷神社宮司。68才。つり目なのに優しい顔のおじいさん。 ◆佐々木 倫之(ささき のりゆき)……宮司の兄の孫にあたる大学生。20才。卒業後、神主になって宮司の後を継ぐという話が出ており、神社の仕事を体験しにくることになった。歌舞伎役者風のつり目のイケメンだが、性格は真面目。 ◆お仕事BL、現代ファンタジー。『俺とタロと小さな家』のスピンオフになりますが、この話だけでもお読みいただけます。 攻めの過去に地雷要素あり(タグ参照)。 ☆★は性描写あり。本編完結済み。番外編を不定期に投稿予定。重複投稿。 表紙イラストお借りしました。 フリー素材【とおりゃんせ】 | kotokoto [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=39399374
    文字数 83,356 最終更新日 2019.2.22 登録日 2019.1.3
  • 29
    短編 完結 R18
    お気に入り : 25 24h.ポイント : 0
    元日の初詣。大勢の人で賑わうその神社で、オレはここにいないハズの彼を見かけた。隣にはオレの知らない男。 失恋ものです。失恋してそして……。 ※全6話+1話。他サイト投稿済のを微妙に修正して投稿していきます。
    文字数 20,447 最終更新日 2018.9.13 登録日 2018.9.11
  • 30
    短編 完結 R18
    お気に入り : 87 24h.ポイント : 0
    マッチョでエッチなトナカイサンタ 彼女いない歴=年齢の平岡壮太にクリスマスの予定はない。 イブイブはバイト。イブもバイト。クリスマスなんて関係ない。 だけど、うかれる人々がうらやましい。 そんな気持ちを抱えて、チクショウとばかりに神社で欲望まるだしの、かなうわけもない願いをヤケクソ気味に告げて帰った。 神様が本当にいるというなら、ムチムチ巨乳のエロくて家庭的な恋人をプレゼントして欲しい。手料理を味わって掃除をしてもらって、体のケアまでバッチリしてくれる、かいがいしくて見た目もいい、エロ漫画みたいな相手をクリスマスプレゼントによこしてくれ……と。 そんな壮太のもとに、エロいサンタコスをしたマッチョなイケメンが現れた。 たしかにムチムチ巨乳だが、男じゃないか! とまどう壮太は、それでも彼に心をときめかせて――。
    文字数 25,129 最終更新日 2017.12.23 登録日 2017.12.23