1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 使用人の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 使用人
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 2,648 24h.ポイント : 12,261
    両親を亡くした楓を施設から救ってくれたのは大企業の御曹司・桔梗だった。 出会った時からいつまでも優しい桔梗の事を好きになってしまった楓だが報われない恋だと諦めている。 「せめて僕がαだったら……Ωだったら……。もう少しあなたに近づけたでしょうか」 「使用人としてでいいからここに居たい……」 楓の十八の誕生日の夜、前から体調の悪かった楓の部屋を桔梗が訪れるとそこには発情(ヒート)を起こした楓の姿が。 「やはり君は、私の運命だ」そう呟く桔梗。 スパダリ御曹司αの桔梗×βからΩに変わってしまった天涯孤独の楓が紡ぐ身分差恋愛です。
    文字数 105,422 最終更新日 2022.5.15 登録日 2022.1.16
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 184 24h.ポイント : 3,924
    皇朔夜(すめらぎさくや)は両親から愛されずに育った。 二卵性の双子の弟、陽希(はるき)は明るくて愛想がよく、可愛いらしい。一方の朔夜は物静かで表情が乏しく、綺麗だが冷たい印象だった。 父は跡取りの朔夜に厳しく、母は自分に似た陽希ばかりを可愛がり、朔夜をいない者のように振る舞った。そのせいで使用人すら、朔夜に冷たく当たる。 乳母だった花江が体を悪くして実家に下がってからは味方は誰一人として居らず、自分のことは自分で全て行っていた。 やがて15歳になり帝国の学園に留学生として通うことになったが、予定にはなかった陽希まで行くことになり・・・。 乳母以外誰からも愛されなかった朔夜は実は前世の記憶を持っていた。 朔夜の学園生活はどうなるのか。 外国の人の名前は日本人のように家名・名前の順になってます。 不定期更新です。 R18ぽい話にはタイトルに*印をつける予定です。 長くなりそうなので長編に切り替えます。
    文字数 90,680 最終更新日 2022.5.16 登録日 2022.4.17
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 941 24h.ポイント : 2,976
    四神青龍記 ―首斬り王とお人好しおじさん― ★若く苛烈な王(20歳)×異世界転移したお人好しなおじさん(40歳) 父の葬儀の日、鈴木和男(40歳)の元に、突然白髪赤目の少年が現れる。 助けを求める少年に応じた和夫は異世界へ飛ばされるが、美貌の王・藍雨は和男を見て、怒り狂う。 どうやら和男は、国を救い、王の伴侶となるためこの世界へと呼ばれたのだという。 藍雨に追い出された和男は、使用人として周りの人たちと交流し、 荒れた宮廷や、周囲から恐れられる苛烈な王を少しずつ変えていく。 だが、和男に与えられた『加護』が判明した瞬間、他国を巻き込む騒動が始まり―― ※他投稿サイトでも掲載中。
    文字数 160,313 最終更新日 2022.5.15 登録日 2022.2.26
  • 4
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 2,194 24h.ポイント : 1,505
    目が覚めたらBLゲームの悪役令息になったけど、山に引き籠もりたいので全力で主人公を応援しますっ!
大好きな森の香り…大好きな木の温もり…… 小学生の頃からコツコツと貯めたお金と日々節約しながら会社の給料を貯めに貯めて50前に脱サラした。 山に籠もった俺は引っ越したばかりの念願のログハウスで大好きな木々に囲まれ、大好きな香りに囲まれて俺は…目を閉じた…はずだった……… アラフィフのオッサンが異世界BLゲームの悪役令息に転生して7歳〜始まります。 専属使用人→超無自覚な悪役令息←悪役令息を断罪予定の王子で、悪役令息が周囲に愛されなお話。 たまにシリアスが入りますが、R18が多いコメディです。 R18のお話の回は☆を入れてます。 仕事や家事、育児の合間に作品を書いております。 誤字脱字の報告は、こちらは2作目でまだまだ未熟なのは十分自覚しております。 あまりにご指摘が集中してしまいますと、気になり過ぎて作品にも支障が出てしまいますので今はまだ控えさせて頂いております。 ご容赦下さいませ。 ご感想は大歓迎です。 皆さま、温かいご感想をありがとうございます。 ただ……ガラスのハートのヘタレなので、超甘めにお願い致します。 写真は以前撮ったものです。 風景写真、動物の写真は趣味で撮っておりますので、今後の作品にも合うものがあれば載せる予定です。 よろしくお願いします。 ✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 皆様のお陰でHOTランキングに上がる事が出来ました。 ありがとうございます!! ✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼ 2022/4/14  お陰様で、本編を完結致しました。 番外編の公開予定をしておりますので、番外編終了後に作品の完結予定をしております。
    文字数 304,135 最終更新日 2022.5.15 登録日 2021.11.7
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,292 24h.ポイント : 1,256
    北の辺境伯でアルファのレオナルドの元に嫁ぐ事になったとオメガのルーファス。レオナルドに憧れていたルーファスは喜んで辺境の地を訪れるが自分は望まれていないこと知る。彼には好きなオメガいるようだ。 レオナルドには嫌われているが優しく真面目なルーファスはレオナルドの友人や屋敷の使用人たちと仲良くなっていく。寂しいながらも皆に支えられて辺境の地で過ごすうちにレオナルドの身に起こっている驚愕の事実を知ることになる…。 ちなみに攻めのレオナルドは変態です。R18は予告なしですので苦手な方はご遠慮下さい。 豆腐のメンタルなので誹謗中傷はお手柔らかに…。誤字脱字かあったらすいません。先に謝っておきます。
    文字数 91,544 最終更新日 2022.4.5 登録日 2022.3.4
  • 6
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 928 24h.ポイント : 710
    Blindness 【オメガバース・R18】深谷結糸(17)は、オメガであることを隠して生きている。そんな結糸が仕えているのは、美しき盲目のアルファ・国城葵(19)。ただの男として生きていたいと思っているのに、どうしても結糸は葵に強く惹かれてしまう。ずっとこのまま、ただの使用人として葵のそばに仕えていたいと願いつつも、葵に『選ばれたい』という本能的欲求は募るばかり。そんな折、二十歳を迎える葵に、視覚再生手術の話が持ち上がる。同時に、葵の兄・蓮(25)は、社交界デビューを控えた葵に見合う、上質なオメガのパートナーを決めると言い始め……。本編完結済。 ◆このお話は、オメガバースの世界観を拝借しております。男性の妊娠出産を匂わせる描写がありますので、苦手な方はご注意ください。
    文字数 400,653 最終更新日 2022.5.6 登録日 2017.5.7
  • 7
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 120 24h.ポイント : 661
    瘴気や魔獣の発生に対応するため定期的に行われる召喚の儀で、浄化と治癒の力を持つ神子として召喚された三倉貴史。 王の寵愛を受け後宮に迎え入れられたかに見えたが、後宮入りした後は「釣った魚」状態。 王には放置され、妃達には嫌がらせを受け、使用人達にも蔑ろにされる中、何とか穏便に後宮を去ろうとするが放置していながら縛り付けようとする王。 護衛騎士マクミランと共に逃亡計画を練る。 騎士×神子  攻目線 一見、神子が腹黒そうにみえるかもだけど、実際には全く悪くないです。 どうしても文字数が多くなってしまう癖が有るので『一話2500文字以下!』を目標にした練習作として書いてきたもの。 ムーンライト様でもアップしています。
    文字数 175,016 最終更新日 2022.5.16 登録日 2021.6.30
  • 8
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,249 24h.ポイント : 397
    公爵に買われた妻の愛と孤独 オメガバースです。  ベント子爵家長男、フロルはオメガ男性というだけで、実の父に嫌われ使用人以下の扱いを受ける。  そんなフロルにオウロ公爵ディアマンテが、契約結婚を持ちかける。  跡継ぎの子供を1人産めば後は離婚してその後の生活を保障するという条件で。  フロルは迷わず受け入れ、公爵と秘密の結婚をし、公爵家の別邸… 白亜の邸へと囲われる。  契約結婚のはずなのに、なぜか公爵はフロルを運命の番のように扱い、心も身体もトロトロに溶かされてゆく。 後半からハードな展開アリ。  オメガバース初挑戦作なので、あちこち物語に都合の良い、ゆるゆる設定です。イチャイチャとエロを多めに書きたくて始めました♡ 苦手な方はスルーして下さい。
    文字数 124,636 最終更新日 2022.2.1 登録日 2021.12.31
  • 9
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 262
    こちら全話独立、オトナな短編集です。 1話1話完結しています。 いきなりオトナな内容に入るのでご注意を。 今回はソフトからドがつくくらいのSまで、いろんなタイプの攻めがみられる短編集です!隠れSとか、メガネSとか、年下Sとか…⁉︎ 【お仕置きで奥の処女をもらう参謀】【口の中をいじめる歯医者】 【独占欲で使用人をいじめる王様】 【無自覚Sがトイレを我慢させる】 【召喚された勇者は魔術師の性癖(ケモ耳)に巻き込まれる】 【勝手にイくことを許さない許嫁】 【胸の敏感なところだけでいかせたいいじめっ子】 【自称Sをしばく女装っ子の部下】 【魔王を公開処刑する勇者】 【酔うとエスになるカテキョ】 【虎視眈々と下剋上を狙うヴァンパイアの眷属】 【貴族坊ちゃんの弱みを握った庶民】 【主人を調教する奴隷】 2022/04/15を持って、こちらの短編集は完結とさせていただきます。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 前作に ・年下攻め ・いじわるな溺愛攻め ・下剋上っぽい関係 短編集も完結してるで、プロフィールからぜひ!
    文字数 31,925 最終更新日 2022.4.15 登録日 2022.4.2
  • 10
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 94 24h.ポイント : 255
    自由気ままに日々を過ごす貴族。 今日も朝から呼びつけた使用人に手を出して楽しく過ごすことにする。 貴族×使用人
    文字数 2,222 最終更新日 2021.10.25 登録日 2021.10.25
  • 11
    長編 完結 R18
    お気に入り : 300 24h.ポイント : 241
    娼館で下働きをしていた身寄りのない少年テオは、ひょんなことから国いちばんの富豪として知られるラング家の嫡男、クロードに引き取られ、使用人として働くこととなった。 娼館では、希少種であるオメガ性が稼ぎ頭として持て囃されていたが、テオは十歳のときの性別判定でふるい落とされ、館主からは期待外れの厄介者と見做されていた。 自分に存在価値を見いだせないまま、狭い世界で身を潜めて生きてきた少年は、クロードにあらたな居場所を与えられ、花開くように伸びやかに成長していく。 それと同時に募る、主人への思慕…… そんなあるとき、テオの身体に変調が訪れ――
    文字数 136,066 最終更新日 2021.11.26 登録日 2021.10.16
  • 12
    長編 完結 R18
    お気に入り : 696 24h.ポイント : 234
    蜘蛛の糸の雫 ◆R-18 ショタエロです。注意必要。SM表現、鬼畜表現有り。 苦手な方は逃げてください。   「なぜか俺は親友に監禁されている~夏休み最後の3日間~」スピンオフ作品 上記作品の中の登場人物、谷垣隼人の父、谷垣弘和とその秘書手島友哉の過去のお話しになります。 ----------------------------------- 時代は1987年 バブルの真っ只中。 僕は手島友哉(てしまともや)。 10歳。 大金持ちの家の使用人の息子だ。 住み込みで働く父さんと義母さん。 ある日、お屋敷でのパーティーで皆から注目されている青年を見た。 スラッと足が長く、端正な顔立ちは絵本に出てくる王子様のようだった。 沢山の女性に囲まれて、とても楽しそう。 僕は思わず使用人用の宅舎から抜け出し、中庭の植え込みの茂みに隠れた。 姿が見えなくなった王子様。 植え込みから顔をだした僕は、誰かに羽交い締めにされた。 これが運命の出会いとも知らずに……。 ※このお話の中ではハッピーエンドとはなりません。 (あくまでもスピンオフなので「なぜか俺は親友に監禁されている~夏休み最後の3日間~」の作品の中でとなります。) ※青少年に対する性的虐待表現などが含まれます。その行為を推奨するものでは一切ございません。 ※こちらの作品、わたくしのただの妄想のはけ口です。 ……ので稚拙な文章で表現も上手くありません。 話も辻褄が合わなかったり誤字脱字もあるかもしれません。 苦情などは一切お受けいたしませんのでご了承ください。 表紙絵は南ひろむさんに描いていただきました♪
    文字数 148,900 最終更新日 2019.8.28 登録日 2019.4.16
  • 13
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 1,968 24h.ポイント : 205
    なんちゃって侯爵令息カイン。母子二人、数人の使用人に世話をされながら、ふわふわと惰眠を貪るような平穏な毎日を過ごしている。隔絶された田舎でのんきな暮らしをしていたある日、思い出す。 ここは正に、かつて妹がやっていた乙女ゲーム『貴公子達の花園』の舞台であると。しかも将来豚の餌になる運命にある、モブ令息のカインだ。ううむ、しかし分かったところで、すでにどうしようもない状況である。なぜなら、俺はこの世界のことをほとんど知らないからだ。予備知識は、自分の運命が悪役令嬢の手先となって破滅し、監禁、拷問、豚の餌という事だけ。妹が話す内容はほとんど聞き流していたが、こいつのことだけは悲惨すぎて覚えていたに過ぎない。悪役令嬢が誰かも知らんが、何とか回避できるように俺は、俺の出来ることをすることにする。
    文字数 68,393 最終更新日 2021.11.6 登録日 2021.5.31
  • 14
    長編 完結 R18
    お気に入り : 21 24h.ポイント : 184
    近衛育也は、父親が失踪した為に男娼として働く。そんな時に、かつて使用人だった二階堂秋臣が現れ、破格の金額で育也を買っていく。 2人はすれ違った心のまま、身体を重ねる日々を過ごす。
    文字数 7,533 最終更新日 2022.5.8 登録日 2022.5.8
  • 15
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 210 24h.ポイント : 113
    溺愛攻め(2人)×卑屈受け  「えっと…彼らは…?」  「お前の義兄たちだ」  幼い頃から母と少しの使用人と共にひっそりと暮らしてきた少年、白虹(はっこう)。病弱な母の死を機に、疎遠であった父とその正妻、そして双子の義兄たちと暮らすことになる。 ***Attention!*** R18&攻めは二人です。 二人とも性格は違えど結局は溺愛のはずです。ぼんやりです。すみません…。 大好きだけど難しそうな二人攻めにチャレンジです。短編と言いつつ中編くらいになるのではないかな…と。完結までまったり更新がんばります☀ 拙文ですが楽しんでいただければ幸いです。(^^)
    文字数 25,223 最終更新日 2022.2.3 登録日 2021.9.9
  • 16
    短編 完結 R18
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 92
    アジア某国に住むアシュは、幼い頃施設にて精神的な負荷のかかる実験を受けて両親と絶縁して貧困街に流れ着く。北欧の大企業を町から追い出すため、機密データを持ち出して逃げ出すが、社長の息子ライヤを愛していた。 ライヤに捕まり償いの為に傍にいる事を選ぶが、彼は恋人アーネスを作り結婚してしまう。二人の新居に使用人として共に住むアシュは苦しみを感じていた。 欲求不満からライヤの秘書レナートと肉体関係に陥る。 ※Breath~自分の愛が信じられない男と愛を理解できない男~の別設定の話です。
    文字数 24,934 最終更新日 2022.5.2 登録日 2022.5.1
  • 17
    長編 完結 R18
    お気に入り : 131 24h.ポイント : 71
    使用人のネイトは、アルベルト王子に密かな思いを秘めていた。憧憬、尊敬、それはもちろんだが、今すぐ抱いてほしい!……そんな妄想はひた隠しにして、日々真面目に卒なく仕事をこなして来た。夜は城をこっそり抜け出し、一夜限りの恋を楽しむ日々。そんなある日、ひょんなことから王子に夜遊びが見つかってしまう。嫌われるのが怖くてとっさに「ただ一緒に眠る相手がほしいだけ」と言う。「それなら私に言えばいい」と、思いもよらない言葉を頂いてしまい……? ーー貴方にぐちゃぐちゃに犯されたいだなんて、口が裂けても言えない。でも、頭の中くらい好きにさせてくれ! なかなか心を開いてくれないネイトにやきもきするアルベルト王子、(絶対に)叶わないと思っていた片想いをこじらせ、ますます妄想も暴走するネイト 天然(?)王子×素直になれないこじらせビッチ
    文字数 76,715 最終更新日 2021.11.30 登録日 2021.10.31
  • 18
    短編 完結 R18
    お気に入り : 38 24h.ポイント : 63
    執事は淫らにため息をつく ❀ニノ宮家に仕える使用人・室路束絵は当主の息子・次郎と恋仲にある。しかし次郎は次郎の許嫁を認めていたり、日中距離を取る室路の態度が気にいらない。室路をけしかけることにして――。 ✿代々の借金返済のため、ニノ宮家に仕えている室路。ニノ宮家当主・虎太郎には裏の顔があり――。 Chapter2あたりからエグくなってしまうかと……※当社比 サイトに上げていたものに加筆して仕上げています。 ※成人向けの内容なので未成年のかたの閲覧はおやめください。
    文字数 10,065 最終更新日 2021.9.23 登録日 2021.9.18
  • 19
    長編 完結 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 56
    妾の子として不遇の扱いを受けてきた黒川光太郎。そんな彼がは、兄の代わりに当主となる。 世話係として選ばれた梓は、声を出す事ができない少年だった。梓の優しさに惹かれる光太郎。ある日。屋敷の使用人が梓を襲ったと知り逆上する。 「完璧で美しい執事は、溺愛する使用人を誰にも渡さない」と繋がっている話です。 少し長めです
    文字数 3,509 最終更新日 2022.4.20 登録日 2022.4.20
  • 20
    長編 完結 R18
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 56
    平野家の執事である智樹は、恋人の陽太が、自分を頼ってくれない事に苛立つ。 そして、陽太が陸という少年を探している事を知る。 「ドジで何もできない使用人は、完璧で美しい執事から溺愛される」の智樹と陽太の話です。 智樹の、ちょっとお仕置きっぽいお風呂エッチが見所です! やや長めの話となっています。
    文字数 4,578 最終更新日 2022.4.15 登録日 2022.4.15
  • 21
    長編 完結 R18
    お気に入り : 43 24h.ポイント : 56
    クールな執事×健気な使用人というカップリングです。 陽太は、智樹に愛され幸せな日々を送っていた。だが、ある日。最も会いたくなかった黒川芳太郎が近くに来ていることを知る。陽太は、智樹達を守るために1人で芳太郎の元へと向かった。 馬車に乗せられ、媚薬を飲まされる陽太。 そこに、智樹が立ちふさがっる。 「ドジで何もできない使用人は、完璧で美しい執事から溺愛される」の2人が主人公です。 よかったら、読んでくださいね!
    文字数 6,819 最終更新日 2021.9.11 登録日 2021.9.11
  • 22
    長編 完結 R18
    お気に入り : 80 24h.ポイント : 56
    翠帳紅閨 ――闇から来る者―― 有名な役者一家に生まれそだった竹弥は、美しいが、その春、胸に憂いを秘めていた。事情があって大学を休学し、古い屋敷で一人暮らしをはじめた。 そこには蔵があり、蔵の整理にやとわれた杉屋という男に、竹弥は手酷い凌辱を受ける。 危険な魅力を持つ杉屋から逃れられず、竹弥は夜毎、調教され、翻弄される。 誇りたかい梨園の貴公子が、使用人の手によって嬲られ、秘めていた欲望に火をつけられる、というお話です。 激しい性描写があります。ご注意ください。 現在では好ましくな表現も出てきます。苦手な方はご遠慮ください。
    文字数 180,293 最終更新日 2022.2.13 登録日 2021.7.22
  • 23
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 72 24h.ポイント : 49
    見せかけだけの優しさよりも。 ※どうしても描きたくなってしまって……他のが完結してないのにまた手を伸ばし始めました。 表紙は物語を書き始める前にフライングで出来上がりました。馬鹿ですどうも、よろしくお願いします。 要素 総愛され/無自覚/愛されたがり/タチからもネコからも/好かれ体質/素直なだけなのに奇跡的に善人レッテル貰えた/名家の次男/親衛隊を愛してる/王道は1人目の友達/Fクラスは癒し/R18は保険 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 面倒事が嫌いで欲望に忠実な主人公、 生徒会書記を務める桜井 那希斗。 彼は名家、桜井の次男。 物心着いた頃には政略結婚だった両親は別居状態で、多忙でなかなか帰ってこない母親と数人の使用人達とで広い家で暮らしていた。 寮入りする中等部までをそんな家で暮らした那希斗は…… ──至って普通に愛されていた。 なかなか顔を合わせられず冷たい顔立ちの無表情な母親は、淡白だが那希斗を人並みに愛しており那希斗もそれを理解していた。 那希斗は愛想のいい使用人に育てられたからか、母親と違い穏やかな雰囲気の子供に育った。使用人と仲が良く、名家の為お金にも困らず、欲しいものはすぐに手に入る。 何不自由ない生活。 しかし寂しがりの節があった那希斗はどこか満たされない気持ちで、心の渇きを感じていた。 そんな時、中等部に入った那希斗は街で不思議な人に出会った。しかし、彼の名前も顔もほとんど分からない。ただ澄んだ真っ直ぐな黒い瞳だけが記憶に残っていた。 次第に再会など叶うはずのない彼のことも忘れていき、時折ふとした瞬間に思い出す程度になっていた。 しかし…何かが足りない、あと何かがあれば全部揃うのに。那希斗は彼と出会って以来、心の渇きが増していた。 それが明確に“何”なのかは分からなかったが人から向けられる愛でその渇きが少しだけ潤った気がしたのをきっかけに周囲から愛を受け取り愛を渡すようになった。 そして、那希斗は徐々に愛される事に依存した。 高等部、思わぬ再会をきっかけに動き出す物語。 彼を満たすことの出来る愛を手に入れる為の、 那希斗の心の乾きを潤すための物語。
    文字数 60,798 最終更新日 2022.3.6 登録日 2021.10.9
  • 24
    短編 完結 R18
    お気に入り : 28 24h.ポイント : 49
    伯爵リスターは、85歳という年齢で、使用人の少年アレクに恋をした。どうしても、アレクの身体が欲しくなったリスター。だが、正体が自分だと知られては、2度と自分に笑顔は見せてはくれないと思い、彼を毎夜のように睡眠薬で朦朧とさせ、地下室へと閉じ込めては、彼の裸体を堪能した。そして、あらゆる機械を使い。アレクを犯し続けていた。朝。自室で目が覚めたアレクは、昨夜のことを不思議に感じながらも、リスターに朝の挨拶へと向かうのだった。そして、リスターの楽しい時間は、今宵も繰り返される。
    文字数 1,464 最終更新日 2021.3.15 登録日 2021.3.15
  • 25
    短編 完結 なし
    お気に入り : 20 24h.ポイント : 42
    「ドジで何もできない使用人は、完璧で美しい執事から溺愛される」に出てくる、智樹と陽太の短い話です。 智樹に贈り物をしたい陽太の、可愛らしい話になっています。
    文字数 1,632 最終更新日 2022.2.9 登録日 2022.2.9
  • 26
    長編 完結 R18
    お気に入り : 25 24h.ポイント : 42
    クーデレ執事×健気な使用人 平野聡真の執事である小野智樹と、使用人である陽太は恋人として甘い日々を過ごしていた。そんな2人の前に現れたのが、聡真の妹である彩菜だ。 智樹のことが昔から大好きな彩菜は、智樹になにかと色仕掛けをしてきて陽太をハラハラさせる。そして、智樹は陽太の不安を払拭するために、陽太に身体を好きにさせる。 陽太は、彩菜の存在を意識しながらも、智樹へ初めての愛撫をする。 「ドジで何もできない使用人は、完璧で美しい執事から溺愛される」の智樹と陽太のストーリーです。 後半には、陽太が浴衣で騎乗位という、かなり大胆なシーンがあるので、ドキッとしてくれたら嬉しいです。
    文字数 5,852 最終更新日 2021.10.2 登録日 2021.10.2
  • 27
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 95 24h.ポイント : 42
    ※短編「皇帝の肉便器」の続編です。  そちらを読んでいただいてからお読み下さい。  ヘイリア帝国皇帝、ウェルディスが男の愛人を作った。  それにより帝国中ざわついていたが、大きな事件により人々の関心はそちらに流れていった。  サーシュ侯爵夫人が、ルブロスティン公爵夫人を殺害してしまったのだ。  サーシュ侯爵令息のルベルトと、ルブロスティン公爵令息のイグナートは幼馴染みであり、同じ学院生だ。  誰よりも仲が良かっただけに、イグナートの憎しみは激しく燃え盛った。  そして、終身刑となった母親だけでなく、父親も姦通罪で逮捕され、平民に降格された。  同じく平民となったルベルトは、表向きはイグナートの好意で屋敷に引き取られた。  だがそれは好意でもなんでもなく、ルベルトを奴隷のように扱い、人間としての尊厳を奪う為だった。  ルベルトはそんな扱いを受けるのは当然だと全てを受け入れた。……が、新しい使用人フリードが来てから状況は一変した。  フリードはルベルトに仕事を一から教え、公爵にルベルトの扱いを見直すよう言い始めた。  なによりもフリードは母親が起こした殺人事件の裏を知っているようで──? ※エロは少なめです ※不定期更新です ※誤字脱字は許してください。直すかどうかは分かりません。 ※短編の時とは全く方向性が違います。合わないと思ったら中断してください。
    文字数 215,326 最終更新日 2022.4.25 登録日 2021.8.22
  • 28
    長編 完結 R18
    お気に入り : 47 24h.ポイント : 35
    あることがきっかけで、陽太は平野家の使用人となる。そこの執事である小野智樹は美しいが無口で、陽太は戸惑いながらも、次第にその優しさに惹かれていく。陽太は、自分の秘密を智樹にだけは知られたくないと願うようになる。 そして、智樹は陽太に対して抱く自分の気持ちに戸惑い始めていた。
    文字数 7,026 最終更新日 2021.8.28 登録日 2021.8.28
  • 29
    短編 完結 R18
    お気に入り : 35 24h.ポイント : 35
    かつては貴族だったクラトスは、没落後に奴隷としてオークションにかけられる。そして、そんなクラトスを買ったのはかつての使用人ニキアスだった。一途にクラトスを愛するニキアス。だが、クラトスはプライドからニキアスを拒絶。男娼になった方がマシだと口走ったことから、クラトスは監禁され甘く責められ犯され続けるのだった。
    文字数 1,526 最終更新日 2021.8.5 登録日 2021.8.5
  • 30
    短編 完結 R15
    お気に入り : 47 24h.ポイント : 35
    鬼百合懺悔 女中の清は、自分の仕える竜樹と安樹を心から愛していた。だが、あるとき美男の使用人が屋敷に入ってきてから変わっていった。 須藤という名の使用人は、どこか裏がありそうで、ある日、竜樹は彼に弱味をにぎられてしまい、逆らえなくなってしまう。それをいいことに、連日連夜、竜樹をもてあそび調教する須藤。やがて家の秘密が明らかになり、すべてが崩壊していく。 未成年の性描写があります。ご注意ください。
    文字数 47,016 最終更新日 2017.7.26 登録日 2017.7.16