1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 偽物の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 偽物
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 721 24h.ポイント : 470
    【本編完結】偽物の番 α×β、オメガバース。 大学に入ったら世界は広がると思っていた。 なのに、友達がアルファとオメガでしかも運命の番であることが分かったことから、俺の生活は一変してしまう。 「お前が身代わりになれよ?」 俺はオメガの身代わりに、病んだアルファの友達に抱かれることになる。 卒業まで限定の、偽物の番として。 ※フジョッシー、ムーンライトにも投稿 ※信じられないかもだけどハッピーエンドの予定だよ フォロワさんが、千早のイラスト書いてくれた ※20220517 本編終了、番外編掲載中 ※20220623 番外編終了 お読みくださりありがとうございました ※DLsiteがるまにより「偽物の番 上巻」DLs「偽物の番 中巻」配信中 ※BOOTHにて紙本「偽物の番 上巻」「中巻」販売中、品切れましたありがとうございます
    文字数 233,177 最終更新日 2022.6.23 登録日 2022.5.1
  • 2
    短編 完結 なし
    お気に入り : 421 24h.ポイント : 120
    白月陽葵(しろつきひなた)は、オタクとからかわれ中学高校といじめられていたが、高校の頃に具合が悪かった自分を介抱してくれた壱城悠星(いちしろゆうせい)に片想いしていた。 壱城は高校では一番の不良で白月にとっては一番近づきたかったタイプだが、今まで関わってきた人間の中で一番優しく綺麗な心を持っていることがわかり、恋をしてからは壱城のことばかり考えてしまう。 白月はそんな壱城の好きなタイプを高校の卒業前に盗み聞きする。 壱城の好きなタイプは「ふつーに可愛い子」で、白月は「ふつーに可愛い子」になるために、自分の小柄で女顔な容姿を生かして、女装し壱城をナンパする。 男の白月には怒ってばかりだった壱城だが、女性としての白月には優しく対応してくれることに、喜びを感じ始める。 だが、女という『偽物』の自分を愛してくる壱城に、だんだん白月は辛くなっていき……。 ノンケ(?)攻め×女装健気受け。 三万文字程度で終わる短編です。
    文字数 37,677 最終更新日 2022.3.4 登録日 2022.2.22
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 912 24h.ポイント : 120
    皇妃の命令により、生後まもなく誘拐され、アレス皇子の偽物として過ごした過去を持つ平民のイーリオ。 彼は再び誘拐された。 今度の犯人は幼少期に兄弟として接してきた第二皇子のエストールだ。 彼はイーリオの意志など無視して愛でてくる。 ───ところでツガイって何? ※最終的にな受けが人外化?していき、男性妊娠、産卵などに至る予定。詳細な描写は避けましたが、くれぐれもご注意ください。 ■全12話 ■毎日21時 更新予定 ■2021年9月7日 完結 ■HOT 16位 2021/09/10 01:15  びっくりヽ('ㅅ' ;ヽ三 ノ; 'ㅅ')ノ  ありがとうございます<(_ _)>〈 ゴン!〕 ■お気に入り800 超え 2021/09/13 02:35  あばばばば:(´◦ω◦`):
    文字数 24,642 最終更新日 2021.9.7 登録日 2021.8.27
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 33 24h.ポイント : 106
    「――君、俺の、運命の番、なんだね」 長年勤めたブラック企業を辞め、貯金が尽きたら自殺しようと決意した主人公の『僕』。決意したその夜に、一人の行き倒れた男を拾ってしまう。その男は、人の血からしか栄養を摂取できない『吸血症』の体質を持つ、アルファの男だった。番の血しか飲めないはずの男は、『僕』が運命の番だということに気が付いてしまう。 『僕』はお金、男は食料。あとわずかしかない生きられる期間の中、二人は偽物の番となるのだった。 【この作品は、自殺や心中描写がありますが、ストーリー上必要なもので、推奨しているものではありません。決して行わないでください】
    文字数 33,970 最終更新日 2022.7.11 登録日 2022.6.17
  • 5
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 445 24h.ポイント : 106
    十年前、雪の日に捨てられた。そして、神様の使いのような美しい少年に拾われた。黒髪黒目の少年は、その金髪青目の少年に『珠雪』という名前を与えられ、一生を彼に捧げることを誓った。しかしその主君華龍月は、龍のつがいとして嫁ぐことが決まっていた皇子だった。龍に嫁ぐのは本来女人であり、龍月は男に奉仕することを学ばねばならず、その相手に彼は珠雪を指名する。交合紛いの『練習』を毎夜行ってきた二人だったが、ついに龍月が龍に嫁ぐ日がやってきた。龍月は、龍との交わりを行う社の番を珠雪に頼む。珠雪が社の番をしていると、社の中から怒号が聞こえてきた。 「ふざけるな!!! お前のような偽物をよこすとは何事だ!!!! 我のつがいはどこにいる!?」 龍のつがいが龍月ではない? 珠雪は、激昂した龍の爪から龍月を庇い傷を追う。珠雪は、自分は死んだのだと思った。不必要な自分が、やっと死ねたのだと思ったーー……。【これは、捨てられて虐げられて育った少年と、つがいしか愛せない美しく不器用な龍の話。】※他サイトでも掲載中
    文字数 140,925 最終更新日 2022.5.5 登録日 2022.4.2
  • 6
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 249 24h.ポイント : 63
    キルクハルグ竜王国、第四王子ヴェルヘレックは自分が竜の加護を受けられない事を知った。 キルクハルグ王の本当の子ではないからだ。 それでも彼は竜の住処を目指す。自分に加護を与えてくれる竜を探す為に。 ※偽物の王子が王子として頑張る話。旅の間に感情を学んだり、執着され裏切られたり、好きな人ができたりします。 ※主人公受けの固定CP。 ※戦闘シーンとかモブが死ぬシーンとか無理やり襲われる(未遂)シーンとかありますので苦手な方はご注意ください。 ※本編全42話。それ以降番外編です。他サイトにも掲載しています。
    文字数 108,870 最終更新日 2022.7.6 登録日 2022.6.24
  • 7
    短編 完結 なし
    お気に入り : 82 24h.ポイント : 49
    「僕は君を好きだけど、君は僕じゃない人が好きなんだね」 ネガティブ主人公。最後は分岐ルート有りのハピエン。
    文字数 18,708 最終更新日 2020.6.10 登録日 2020.6.1
  • 8
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 42
    偽物の僕。 偽物の僕。 優希(ゆうき) ある事きっかけで他人から嫌われるのが怖い 高校2年生 恋愛対象的に奏多が好き。 高校2年生 奏多(かなた) 優希の親友 いつも優希を心配している 高校生2年生 登場人物は増えていく予定です。 増えたらまた紹介します。 かなり雑な書き方なので読みにくと思います。
    文字数 6,607 最終更新日 2022.7.30 登録日 2022.7.29
  • 9
    長編 完結 R18
    お気に入り : 468 24h.ポイント : 35
    幸せの温度 ※ラブ度高めです。直接的な表現もありますので、苦手な方はご注意ください。 まだ産まれたばかりの葉月を置いて、両親は天国の門を叩いた。 俺がしっかりしなきゃ──そう思っていた兄、睦月《むつき》17歳の前に表れたのは、両親の親友だという浅黄陽《あさぎよう》33歳。 陽は本当の家族のように接してくれるけれど、血の繋がりのない偽物の家族は終わりにしなければならない、だってずっと家族じゃいられないでしょ? そんなのただの言い訳。 俺にあんまり触らないで。 俺の気持ちに気付かないで。 ……陽の手で触れられるとおかしくなってしまうから。 俺のこと好きでもないのに、どうしてあんなことをしたの? 少しずつ育っていった恋心は、告白前に失恋決定。 家事に育児に翻弄されながら、少しずつ家族の形が出来上がっていく。 そんな中、睦月をストーキングする男が現れて──!?
    文字数 123,048 最終更新日 2018.8.19 登録日 2018.8.19
  • 10
    長編 完結 なし
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 28
    カフェで働く和紗。常連の敦久に満員電車の中でも助けられる。ある日。和紗は、敦久が女性に付きまとわれて困っている現場に遭遇。敦久から恋人のフリをするよう頼まれてしまう。 演技だとわかっていても、敦久に優しくされたり、エスコートされると和紗はドキドキしてしまう。
    文字数 3,699 最終更新日 2022.7.17 登録日 2022.7.17
  • 11
    長編 完結 R18
    お気に入り : 47 24h.ポイント : 21
    もうぼくは偽物の皇太子だってバラしたい! 【異世界の有望騎士(19才)×ヘタレ泣き虫大学生(19才)】  幼馴染の起こした爆発がきっかけで、ラボと異世界が繋がった。宝はあらわれた姫巫女・プラウダに乞われ、幼馴染たちと一緒に彼女を『泉の湧く神仙の神殿』に送る旅をすることになった。皇太子に扮していた宝は、道中、命を助けてくれた騎士・イアンに心を寄せる。宝の、成長とはじめての恋のお話。 番外編『三日月と果実。』  後日のふたりのエチ。17000文字 https://www.alphapolis.co.jp/novel/77095339/172616716  
    文字数 134,470 最終更新日 2021.10.22 登録日 2021.9.28
  • 12
    短編 完結 R18
    お気に入り : 103 24h.ポイント : 21
    俺のお仕えするお嬢様が婚約解消を言い渡されまして。 はぁ?真実の愛? 相手は誰? ───え、俺??? いやいや、俺はもう売却済みらしいですよ? こちらの方も愛のためなら手段は選ばないようです。 ■ 毎日21時更新 ■ 全3話+後日談2話予定 ※本編完結したため【完結】表示に切り替えました 6/14(月) ■ 束縛系ヤンデレ?少年 × 年上従者 ■ R18は後日談のみ ソフトSM/結腸攻め…6/15(火)更新予定 攻めによるフェラ…6/16(水)更新予定
    文字数 10,788 最終更新日 2021.6.16 登録日 2021.6.12
  • 13
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 216 24h.ポイント : 21
    「謎多き真の伝説の魔導師(サディスト絶倫ホモ)×伝説の魔導師のふりをする異世界転生した大学生」がお送りする異世界転生冒険ラブコメディ(?) 「あ”~~!!この村はもうおしまいじゃあ~!!!!」とある異世界の村、魔王の侵略に日々怯えていた村人達は、伝説の魔導師を過去から召喚する儀式を執り行う。偶然そのタイミングで、なぜか異世界転生してしまった大学生、サクは伝説の魔導師と勘違いされてしまう!「遂に我が目覚めし刻がやって来たか…。待ちくたびれたぞ、人間よ。」ドッキリと勘違いしてノリノリで魔導師を演じるサクだが、そこへ真の伝説の魔導師、イサゴが現れる。一発で偽物だと見抜いたイサゴは、サクを伝説の魔導師に仕立て上げる代わりに、とある条件を提示する。「この旅の間、私の性奴隷になれ。」「はいっ喜んで!……はあ!?性奴隷!?」半ば脅迫のようなその条件に、サクは性奴隷になることを選ぶ。「俺、サクはイサゴ様の性奴隷になります!」「いい子だ。」そう宣言すると、サクの左手には淫紋が刻まれてしまった。 前半は「Let me show 神様も ハマるほどの 大嘘を」がテーマで、後半は「この広い宇宙で何度生まれ変わっても貴方に恋をする」ってそんなテーマで書いてます。
    文字数 41,121 最終更新日 2021.6.14 登録日 2020.6.23
  • 14
    短編 完結 なし
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 21
    俺を忘れないで下さい。 叶わない恋心。 届かないメール。 それでも忘れられない。 彼への思いは偽物なんかじゃないんだ。
    文字数 8,386 最終更新日 2019.4.7 登録日 2019.4.6
  • 15
    短編 完結 なし
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 14
    君の優しい嘘 「……理央」 校内では人を寄せ付けず、無口でクールな王子様の凪が 二人きりになった時だけは、表情豊かに優しく甘く、僕に寄り添ってくる。 そのギャップに戸惑いつつも、僕の心は次第に凪に傾いていくが…… ** 凪の幼馴染みであり、カースト上位グループの塚原から執拗な虐めを受ける中、遂にクラスメイトの前で、告白をされる。 当然それは偽物で、単なる罰ゲームに過ぎなかった。 学校では我関せずを貫いていた凪は、校外で二人きりになると、落ち込んでいる僕の前に跪き、謝罪の言葉を述べた。 一度は彼を信じたものの、学校での凪は、徹底して僕に冷たく…… 凪の気持ちは、本物なのか。 それとも、嘘──? 予想もしていなかった事実にぶつかり、やがて凪の口から真実が語られる…… Blove様 第二回『嘘から始まる恋』コンテスト参加作品(2020年)
    文字数 9,017 最終更新日 2022.2.18 登録日 2022.2.14
  • 16
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 136 24h.ポイント : 14
    『ごめんね、君は偽物だったんだ』 最悪な記憶を最後に自らの命を絶ったはずのシェリクスは、全く同じ姿かたち境遇で生まれ変わりを遂げる。 まだ自分を《本物》だと思っている愛する人を前にシェリクスは───?
    文字数 9,509 最終更新日 2020.12.6 登録日 2020.12.4
  • 17
    短編 完結 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 7
    三日月と果実。 ※本編読んでなくても大丈夫。 『もうぼくは偽物の皇太子だってバラしたい!』 の本篇後のふたりのエチ。17000文字。約2000文字×9回 【異世界の有望騎士(19才)×ヘタレ泣き虫大学生(19才)】
    文字数 17,579 最終更新日 2022.4.15 登録日 2022.4.8
  • 18
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 7
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 1,543 最終更新日 2021.6.24 登録日 2021.6.24
  • 19
    長編 完結 なし
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 0
    カフェ『ティータイム』の社長である藤田敦久。面接の時に見かけた1人の青年・鈴本和紗がずっと気になっていた。 恋人同士になったものの、臆病な和紗は距離を取ろうとする。 恋に夢中な社長と、初な専門学生の穏やかな恋物語です。 「偽物の恋が本物の恋に変わる瞬間」の攻め側からの視点になっています。
    文字数 3,588 最終更新日 2022.7.18 登録日 2022.7.18
  • 20
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    一回抱いた女とは二度目はない! 男としては誰でも言いたい台詞を堂々と言ってのける 先輩は毎日のように女性に告白されてうんざりしていた。 そこに「僕も先輩と付き合いたい」と後輩の男子生徒が 名乗りを挙げた。 「もちろん先輩が卒業するまででいいので、恋人のふり  をしませんか?」との提案だった。 明るくて可愛い子犬のような後輩に考える間もなく即答。 その日より、付き合う事を宣言することになった。 本気か?ただの冗談か? 歪な後輩との関係にお互いの距離が縮まる。
    文字数 16,244 最終更新日 2022.8.8 登録日 2022.5.22
  • 21
    短編 完結 なし
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 0
    クソ野郎 本当の家族じゃない俺。そんな俺を本当の弟だと信じて疑わない兄。ふたりぼっちになった時、俺達偽物の兄弟はどうなるのだろう。
    文字数 33,298 最終更新日 2021.6.13 登録日 2021.6.13
  • 22
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    使用人が我が子と王子を取り替えて育て上げた。 偽物王子は魅力魔法で騙していた。 本物の王子は運命の番いとラブラブ。
    文字数 4,465 最終更新日 2021.2.11 登録日 2021.2.10
  • 23
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 2,647 最終更新日 2019.8.1 登録日 2019.8.1
  • 24
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    昔々、貧しい村が沢山集まった集落があった。 そこでは病が流行っていた。その病はとても恐ろしく、患ってしまえば生き残るのは難しいとされていた。徐々に体を蝕み最後には体が腐ってゆくという病だった。 誰もが絶望している中、一人の青年が現れた。 彼はとても美しい外見をしており、その美しい笑みを携えて村人にこう言った。 「その病を治す薬を貴方達に渡そう。」 村人は歓喜し、青年を讃え、彼をこう呼んだ。 『魔法使い』と。 だが、ある日一人の村人が長年の病流行の末に来た魔法使いに安心し、大事を犯してしまった。村人は怯え、全てを魔法使いに擦り付けた。 「あいつは偽物の薬を売っている。」と。 これがこの国の真実。 決して公にはされていない、一部しか知らない真実。 そしてその魔法使いが僕の父だ。 その後どうなったかって?もちろん僕と父は逃げたさ。本当にどうしようも無いよ。人間って奴はね。あぁでも、この後僕と父はどうなったか言ってなかったね。その後僕達は........。 初めまして!あいかです! 初めて小説を書くので、拙く、汚い点もありますが、御容赦下さい........。 文章力も無ければ語彙力もありません...。すいません........。それでも宜しければ読んで頂けると有難いです。。。
    文字数 2,257 最終更新日 2019.5.28 登録日 2019.5.27
  • 25
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 1,643 最終更新日 2018.12.6 登録日 2018.12.6
  • 26
    短編 完結 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    オレは雰囲気イケメンで、言うなれば、仮性イケメン。真性イケメンではない。偽物は本物に憧れる。憧れるあまり、イケメン狩人になってしまった。(自称だけど)狩人と言っても、実際にイケメンを狩るわけではない。ただ、ひっそりとイケメンを見ているだけだ。狩りという響きがなんかいいので、そう表現することにしている。そんなオレと狩人仲間と、獲物達のお話。
    文字数 4,851 最終更新日 2016.9.4 登録日 2016.9.4