1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 傷跡の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 傷跡
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 91 24h.ポイント : 99
    傷を負った少年は日々をただ淡々と暮らしていく。 生を終えるまで、時を過ぎるのを暗い瞳で過ごす。 諦めた雰囲気の少年に声をかける男は軽い雰囲気の騎士団副団長。 身体と心に傷を負った少年が愛を知り、愛に満たされた幸せを掴むまでの物語。 ハッピーエンドです。 若干の胸くそが出てきます。 ちょっと痛い表現出てくるかもです。
    文字数 88,537 最終更新日 2022.3.8 登録日 2021.10.12
  • 2
    長編 完結 なし
    お気に入り : 214 24h.ポイント : 63
    ある日、突然、セレンは生まれ育った伯爵家を追い出された。 異母兄の婚約者に乱暴を働こうとした罪らしいが、全く身に覚えがない。なのに伯爵家当主となっている異母兄は家から締め出したばかりか、ヴァーレン伯爵家の籍まで抹消したと言う。 途方に暮れたセレンは、年の離れた乳兄弟ギーズを頼ることにした。ギーズは顔に大きな傷跡が残る強面の騎士。悪人からは恐れられ、女子供からは怯えられているという。でもセレンにとっては子守をしてくれた優しいお兄さん。ギーズの家に置いてもらう日々は昔のようで居心地がいい。とはいえ、いつまでも養ってもらうわけにはいかない。しかしお坊ちゃん育ちで手に職があるわけでもなく……。 「僕は女性ウケがいい。この顔を生かしてツバメをしようかな」「おい、待て。ツバメの意味がわかっているのか!」美貌の天然青年に振り回される強面騎士は、ついに実力行使に出る?!
    文字数 104,760 最終更新日 2022.1.3 登録日 2021.10.31
  • 3
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 94 24h.ポイント : 21
    布田達也はある日から、ストーカーの寵愛を受けることになった。常軌を逸したその愛に、追い詰められ、あげくのはてにトラックにひかれて異世界転生をすることになった。 異世界ならストーカーも来ないとひと安心していた。気が付いたら布田達也はストーカーの清井恵瑠にベッドで襲われていた。 作者のヤンデレに愛されたい性癖をドストレートにあらわしてみようと思いました。 20.05.29 試しに一話だけ書いてみました。反響あれば、より変態的な話を書いてみようかと思います。 感想ありがとうう!! 二話以降も書くから待ってください!! 20.05.30  第二話投稿しました。火傷跡を舐めるプレイ、やってみたい。 20.05.31  第三話を0時に投稿します。食事すらもマニアックに……。 20.06.06  新話投稿しました。初めての二人の本番回ということで、エロく書くのに精神をすり減らしました。 20.06.07  新話投稿しました。普通にBLを書きました。 20.07.23  番外編投稿しました。ヒロイン目線の第一話です。ヤンデレストーカー目線で書きましたが、狂気度が足りんかった。もっと狂った文章を書けるようになりたい。 20.07.24  「そ、そんなものはいるわけ、ひぎぃ!!」を投稿しました。グロではないですが非常に痛そうなプレイをやっているので閲覧注意です。 「ストーカーのストーカーが出たようだ」を投稿しました。新キャラもストーカー!?ファンタジー作品らしい戦闘をやっている回です。
    文字数 32,879 最終更新日 2020.7.24 登録日 2020.5.28
  • 4
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 7
    噛痕に思う αのイオに執着されているβのキバは最近、思うことがある。じゃれ合っているとイオが噛み付いてくるのだ。痛む傷跡にどことなく関係もギクシャクしてくる。そんななか、彼の悪癖の理由を知って――。 ✿オメガバースもの掌編二本作。 (『ride』は2021年3月28日に追加します)
    文字数 3,775 最終更新日 2021.3.6 登録日 2020.6.27
  • 5
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    美しい銀色の髪 輝くアイスブルーの瞳 家事は勿論仕事も完璧にこなしてきた青年 自らに課せられた運命に従い剣を取った 全ては亡くした愛する人の愛した世界を守るため しかし世界は彼を「異端」と呼び 彼は幽閉された 「旧人類」 それが彼が最後に言われた言葉だった 何故?世界の為に命を賭けてきたのに? どうして?愛した人の愛した世界を護ったのに? なんで?今までずっと血を流しながら戦ってきたのに? 彼が解放された時 彼の瞳は何も写さず美しかったはずの髪も瞳も黒ずんでいた 声を発さずとも呼吸音だけで話すことの出来る青年 新しい世界では受け入れにくい特徴……… 何らかの理由がある者にしか話せないその言葉……… だが彼にとってそれが唯一相手を見なくて良い会話方法でもあった……… 〜人物紹介〜 篠崎 哉翔(しのざき かなと) 「旧人類」と呼ばれる人世界前の青年 新しい世界でも順応可能 特殊な方法を用いて声を発さずとも会話が可能 基本声は出さない 人間不信 身体にはいくつかの傷跡がある シュルーズ・キリューク 人々から「博士」と呼ばれている女性 「旧人類」の言葉がわかる 哉翔からは「シュー」と呼ばれている 新しい世界の人間 旧人類を研究していて哉翔の特殊な言葉は話せない 綾崎 大稀(あやさき だいき) 旧人類の青年 哉翔の居場所は知っていたが力が足りずシュルーズに助けを求めた人物 哉翔の古くからの親友でオッドアイ 哉翔が絶対的な信頼を置いている唯一の存在でもある 大城 朔夜(おおしろ さくや) 旧人類の青年 哉翔が愛した人物 戦争で亡くなったが転生し旧人類の枠でギリギリ新しい世界を迎えた 哉翔を探していて情報屋とよく情報交換をしている 大稀関係で再会する 綾城原 龍騎(あやぎはら りゅうき) 旧人類の哉翔の幼馴染 戦争の生き残りだが左腕と右目を失った 哉翔の救出にはハッキング等で貢献した スナイパーだったが今は若き兵達を育てている 哉翔と研究所で再会を果たす 人間不信に陥った青年は誰とも言葉を交わさない………否 旧人類の言葉を理解しようとする者としか話そうとしない……… 哉翔がいる状態での『』←は特殊な方法を用いて話しています 恋愛要素あり
    文字数 8,754 最終更新日 2019.6.2 登録日 2019.5.28
  • 6
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    同じ共通点を持つ3人は静かに惹かれ合いいつの日か肩を並べて歩き出す 〜人物紹介〜 海翔(かいと) 英雄と呼ばれた天使 運命によって兄を失った 人間界に降り立った後見た目が人間の悪魔と出会いそのまま人間界に居座る 瑠海(るい) かつて弟を殺すしかなかった悪魔 海翔の兄 陸翔(りくと)の親友 海翔の悲しみを誰よりも理解している 戦闘可能な好青年 ラミ 天使と悪魔どちらの肩を持つがどっちかの味方にはならない 海翔と夏伊に様々な情報を渡す 2人と仲が良く一緒にいる 謎の青年 正体不明の青年(瑠海のことを知っている) 顔に酷い傷跡があり後に戦闘で死亡(その際に正体を知る) ラミの過去も知っている 海翔「俺は兄を殺した………」 夏伊「俺は弟を殺した………」 ラミ「お前達は俺と同じだ」 兄を失った天使と弟を失った悪魔、全てを失った情報屋……… 彼らは余りにも共通点が多かった………
    文字数 8,561 最終更新日 2018.4.20 登録日 2018.4.18
  • 7
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 31 24h.ポイント : 0
    生まれ持ってしまった記憶を操る力と他者を癒す力……他者を癒す力は表に出しても記憶を操る力は余り表には出さないまだ18歳の頭領「也真登(やまと)」……幼い頃から人と違う力によってろくな人生を歩めていなかった彼は、まだ18歳という幼さで組織を立ち上げ部下達から信頼を得ている……表面は少し怖い高校3年生……裏面は過激派組織「深紅(しんく)」を率いる頭領……そして彼が唯一頭が上がらない巨大過激派組織「神修(じんしゅう)」の頭領「臣 如月(じん きさらぎ)」……彼と如月は一体いつ出会ったのか……そして死ぬことのできない体を得てしまった也真登の運命は……? ~人物紹介~ 真應 也真登(しんのう やまと) 表面は無口で少し怖い印象を持たれている高校3年生 裏面は過激派組織「深紅」の頭領 生まれつき記憶を操る力と他者を癒す力を持っている 腰に生まれた時から傷跡がある 昔は心優しい少年だった 臣 如月(じん きさらぎ) 巨大過激派組織「神修(じんしゅう)」を率いる頭領 普段から冷静過ぎる性格 也真登とはプライベートで何故かよく会う 也真登の事を気に入っていてことある事に也真登に手を出す男色派 水崎 刃(みずさき やいば) 組織「深紅」の頭領 也真登の側近兼親友 昔はいがみ合う仲だったがある事がきっかけとなり罪悪感で話すようになったら仲良くなった 「深紅」の構成員で也真登とはタメ語で話す 表面は大学生 桐谷 終夜(きりたに しゅうや) 巨大過激派組織「神修」の構成員 きさらぎの側近で何かある事に呼び出される也真登に唯一話しかけられる存在 実は如月の従兄弟でもあるのだが如月はそんなのお構い無し 大の刀好き その他友人等(説明すると長くなって字数制限超えるので省略します) ※殆どBL R18展開無いです 基本的に普段の私生活や戦闘風景などが主になってます 也真登「この命は世界が崩壊しても一生終わらない」
    文字数 107,494 最終更新日 2017.10.23 登録日 2017.8.21
  • 8
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    2567年11月8日 第5次世界大戦が勃発 舞台はイタリア 世界を巻き込んで起きた戦争の中 壮絶を極めたのはアメリカとイタリアでの戦争だった…… 日本も加わったその戦争でアメリカは敗戦し多くの悲しみを生んだ…… イタリアの上層部はアメリカに降伏を呼びかけたがアメリカでの死者は100万を越え、イタリアに降伏するくらいなら自害を選ぶ者も多かったと言う…… その中で戦場地イタリアで最前線で戦い生き延びた者がいた……その者の名はジーヴァン・ルーギン…… 彼は大戦後 イタリア軍に居た…… 理由は数多くあるが1番強かったのは「母国アメリカに核兵器を落とす」と言う脅し……彼は母国に残った愛しき妻達を護る為にイタリア軍に入ったのだ…… それを知らないのはジーヴァンのパートナー ルァーザ・ファルグとジーヴァンの家族達…… そして……アメリカはジーヴァンが「戦死した」と発表しており……ジーヴァンはアメリカでの居場所を完全に無くてしまっていた…… 人物紹介 アメリカ兵 ジーヴァン・ルーギン 母国アメリカを守る為に戦う兵士 位は大佐 戦争でパートナーのルァーザと最前線で戦う 後に様々な理由でイタリアに移住し軍に加入 位は変わらない為部下がつく 顔に傷跡があるが視力はある 27歳 主人公 アメリカ兵 ルァーザ・ファルグ 母国アメリカを守る為に戦う兵士 少佐 戦争でパートナーのジーヴァンと最前線で戦う 後にイタリアの軍が敵視する組織に加入しジーヴァンと再会する 実は国の発表に違和感を覚え探していた 36歳 イタリア国民 ルイザー・バーサー ジーヴァン達がテロに遭った街で出会った少年 16歳で実は超天才 既に頭脳はジーヴァン並で場合によっては武器を持って戦える 頭脳派なので一度見た戦術等は忘れない 心理戦も可能で軍に重宝される 人生の選択を迫られた時……彼……ジーヴァンは母国アメリカを選ぶのか……それとも愛しきイタリアを選ぶのか…… それは彼自身の心次第……
    文字数 22,363 最終更新日 2016.12.24 登録日 2016.12.3
  • 9
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    世界で初めて「突然変異」ではなく「純血」の能力者が認められた青年 獅子尾咲 怜皇(ししみさき れお) 彼が世間に名を知られた時 彼は光を映さない死んだ目をしていたのだ 幾数の傷跡から彼は「生きた実験体(モルモット)」として育てられ実験されていた…… そんな彼が後に「ルヴァーナ」と言う名の組織を作り上げ「能力者専用」として活躍するのだが…… 彼の身体はかつての実験の跡を未だ多く遺している…… そんな彼を救った1人青年……その青年の名は 九龍 水南(くりゅう みなと) 警察に密告し怜皇を救った水南は怜皇に生きる理由を与えた……「愛する者を愛し信じろ」と……しかし水南は敵に捕まり怜皇の手で命を落とす……己の息子を残して…… 時が経ち、息子も大きくなり怜皇と生きてきたが人権があるにも関わらず強制的に駆り出された戦争で、1人生き残った怜皇は大切なモノを無くしてしまう…… 人物紹介 獅子尾咲 怜皇(ししみさき れお) 世界で初めて「純血の能力者」と認められた青年 研究所で「生きた実験体(モルモット)」として生きてきた為身体には幾数の傷跡有り 水南と出会った当初は眼に光はなく死んでいた 実は大の子供好き 九龍 水南(くりゅう みなと) 昔は怜皇をモルモットとして扱っていた人物 だが怜皇と接していく内に仲良くなり警察に密告 成長した怜皇と恋人同士になったが敵に捕まり理由があって敵対 刀使いで怜皇に刀の使い方等を教える 越前 仁(えちぜん じん) 越前家最強の当主 12で当主の座につき25でカウントがストップ 水南とは長い付き合いだったが水南の死により怜皇を気にかける様に 確かな力量と実力を兼ね備えた上で郡を率いて生まれ付き持っている天性のリーダーシップを持つ 越前 銀雅(えちぜん ぎんが) 仁の兄 昔怜皇と知り合い今でも仲が良い 怜皇に片想いしていてとても心配している 変わってしまった怜皇に心を痛める 様々な武器を使いこなす怜皇との相性が良い 昔颯斗の兄に片腕に傷をつけられた
    文字数 29,645 最終更新日 2016.7.23 登録日 2016.7.12
  • 10
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    「失った物」続編 仁と月希の戦いから5年が経ち「能力者」も社会的に認められるようになった 戦争もなく平和な日々が過ぎる中1人だけ……5年前……自らの愛しい人と死んだ仁の兄……煌琥だけが煮えきらない思いを感じていた…… 前作「失った物」ではサブとして出ていた仁の兄である煌琥が今作の主人公 5年前……最愛の弟である仁を亡くした煌琥が長年胸に秘めていた願い…… 「誰も散らない世界が欲しい」 言うのは簡単……だけど実現するのは困難…… 大切な人を亡くし続ける煌琥と大切な人を待つ神希……今 2人の絆が1度の違いで砕け散る…… 登場人物 越前 煌琥 今作の主人公 5年前に最愛の弟を亡くしてから真意喪失してしまい、戦う気力をなくしながら日々を過ごしていた……煮えきらない思いと心に秘めた願いを、隠しながら生きているので滅多に本音が出ない 新しく登場する青年によって神希と決別 左肩に不死鳥の刺青がある 御城 神希 颯斗の実の兄 銀髪のオッドアイを持ち煌琥と共に行動をするが、随分と前に亡くした人を待ち続けており、その青年が決別の種を植え付け煌琥と決別する 後々待ち続けていた本人が原因だと知るが、既に時遅く取り返しのつかない所まで来ていた 決別後は煌琥と会っていない 風城 准(かざしろ じゅん) 神希が待ち続けていた青年 滅亡した風城家の末裔で煌琥と神希の絆を断ち切らんと行動し、目的を達成するが、その達成は神希も准もどちらも悲しい現実を突きつける事となる……片腕に酷い傷跡があるのが特徴で実は盲目の能力者 刀を使って戦う 東奥 尅柳(とうおう かつや) 仁の幼馴染み 今作ではサブ的位置ではあるが次作で大きく関わる 実は煌と翼の義弟なのだかその事は伏せている 平和を望んでいるが煌琥と同じく、「誰も散らない世界」を目指し奮闘するがあまり効果がない 准の思惑に一番早く気がついたが2人の決別に間に合わなかった 諷誦御阪 玲(ふじみさか あきら) 煌琥の番 右肩に不死鳥の刺青があり左右対称で煌琥にもある 数世紀音信不通だったが漸く煌琥と再会する(実は力を蓄えて煌琥を正式に「迎え入れる」為) 穏健派組織「ジーズィ」のリーダー(玲が頑張ったので勢力拡大) 銀髪でオッドアイ
    文字数 7,119 最終更新日 2016.7.7 登録日 2016.6.11
  • 11
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 23 24h.ポイント : 0
    パスコリの庭 「ここにあるのは愛か、傷跡か。胸痛むほど美しさのひかる、切ない物語」(小梅様) 切ないメンズラブ。
    文字数 14,030 最終更新日 2015.7.2 登録日 2015.6.20