1. TOP
  2. 投稿小説
  3. ピアニストの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード ピアニスト
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 491
    『抱き枕:月額五万円』。ピアニストとして飼われていた彼方(21)は、耳が突然聞こえなくなり、飼い主の家を自ら飛び出す。約七ヶ月間の放浪の末、所持金が尽きた彼方は出会い系のゲイサイトで同い年のジンと名乗る青年の募集を見つけメッセージを送る。 どうせ会えないだろうと、首を吊るためのロープを購入し、ジンが住む山梨県八ヶ岳に彼方は向かう。ジンとは無事に出会えたものの彼は無愛想な猟師で、ゲイではない彼方に最初かなり高圧的だった。 身体を提供することが出来ず、家から去ろうとすると、なぜか、手料理で彼方をもてなし、攻められるのが苦手なら、俺が受け身になってやろうか?という提案までしてきて……。不器用ながらも精一杯気遣ってくれるジンに惹かれていく彼方だが、好きという感情を覚えれば覚えるほど、引け目を感じるようになる。 なぜなら、彼方は両親の顔も知らないどころか、自分の誕生日や名字すらも分からないからだ。
    文字数 77,458 最終更新日 2022.6.26 登録日 2022.5.31
  • 2
    長編 完結 R15
    お気に入り : 29 24h.ポイント : 28
    リーベストロイメ ー愛の夢ー ピアニストを目指す高校生の霧島律は、ピアノ以外の全てを棄て、ピアノだけに自らの全てを懸けてきた。友達と遊ぶ時間も削ってピアノの練習に打ち込む日々。特に恋愛ほどくだらないものはないと見下していた。 そんな律はコンクールの課題曲として出されたフランツ・リストの『愛の夢』の演奏に手こずっていた。「愛」などくだらない。そんな「愛」を優美に歌い出すこの曲が苦手だったのだ。 だが、そのコンクールで出会った天才肌の高校生ピアニスト津々見奏佑との出会いが、律の世界観を一変させた。 *表紙はまちばさん(https://twitter.com/Machiba0000)に描いていただきました。
    文字数 119,390 最終更新日 2021.11.30 登録日 2021.10.30
  • 3
    短編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 21
    Ⅹ・Y・Z 自分の腕を只管に磨き続けるバーテンダー、金澤 彰の下に、カクテルを目印にして次々とやって来る男達を手玉に取る男が現れる。いつも注文してくるカクテルの名前に準えて『楊貴妃』という字名で呼ばれている朝比奈 遥に、いつしか無意識の内に魅了されていく彰だったが、初めて遥からモーションを掛けられたその日の内に、突然現れた遥のマネージャーとの密接なやり取りを見て、人生で最も深い失恋を経験する。失恋して初めて、自分にとっての初恋の相手が遥だと知った彰は酒に酔い潰れ、修業時代から自分を癒してくれたジャズピアニスト『KANATA』の曲を聴きながら、目を閉じたのだった。 そんな彰の下を訪ねてきた遥から、一枚のチケットを突然渡されて、彰はそのチケットの正体に驚愕するのだった。
    文字数 32,214 最終更新日 2022.6.20 登録日 2022.6.20
  • 4
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 7
    貴の一族  古くから存在し、神とも鬼とも様々に呼ばれてきた存在、貴、鬼、奇、それらにその血の特質から執着され得る人間が存在した。  貴珠と呼ばれる彼らと貴の一族たちの物語。  連作短編になります。  転載あり。  『ほむら』視庁忌課強行犯係の太智花と織衛が主人公です。  『私の愛しいピアニスト』|星辰《せいしん》と陸人が主人公です。  『|艶体詩《えんたいし》』これは少し残酷度が高めです。個人的に人体損壊をどれくらいまでなら我慢できるかと言う実験的な話ですので、お気をつけください。  ”AIR”これは’22/06/05現在頓挫している話です。ただ今書き直そうと奮闘中です。現代日本が舞台の話。元々『私の愛しいピアニスト』を書き直そうと書き始めたのですが、別物になりました。そのためちょっとしたモチーフは健在です。タイトルAIRは「G線上のアリア」”air on the G string”から拝借しています。こちらも残酷描写が出て来ますので、ご注意ください。
    文字数 56,508 最終更新日 2022.6.12 登録日 2022.3.11
  • 5
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 70 24h.ポイント : 7
    水無瀬くんと御子柴くん  イケメン高校生ピアニスト×平凡ツンデレくん。恋人模様を描く、一話完結型の青春短編連作。 *  たった一つの恋をした。  ――ゆっくりと、歩くような速さで。 *  御子柴涼馬(みこしば・りょうま)はイケメン天才高校生ピアニストである。  スタイルが良くて、文武両道。誰とでも仲良くなれる人気者で、もちろんモテる。はっきり言って設定盛りすぎだ。  俺とはクラスメートで、前の席に座っていて、毎日屋上で昼飯を食べ、――そして一応、付き合っていたりする。  これは御子柴と俺が過ごす、少しだけ変わっていく日々の物語。 *  レーティングはゆくゆくR18になります。  他にもR15描写がある話もあります。  一日一話更新していきます!
    文字数 138,750 最終更新日 2021.9.25 登録日 2021.2.28
  • 6
    ショートショート 完結 R15
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 7
     ステファンがゲイでないことは知っている。  僕に、希望などないことはわかってる。  ステファンの周りには常に色んな女が寄ってきたし、家に女を連れ込むようなことはしなかったけど、女遊びをしているという噂を聞いていた。  それでも、ステファンに恋する気持ちを止める理由にはならなかった。  涙が、次から次に溢れてくる。  叶わぬ恋と分かっているのに……諦めきれない。  どうしても、ステファンを……諦められないんだ。 こちらは、 「【R18】深窓の令嬢は美麗なピアニストの叔父と禁忌の恋に堕ち、淫らに溺れる」 の中の、ノアのステファンへの想いを描いたエピソードになります。 本編はBLではなく、叔父と姪の禁断の恋を描いた作品になります。
    文字数 3,456 最終更新日 2021.2.8 登録日 2021.2.8
  • 7
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 7
    リフレイン・ストリート―もう一度、美しい愛を弾いて― 運命の輪は回ってあなたに巡り会う――ジャズ音楽BL。端正なサックス奏者×謎めいた微笑の青年ピアニストの孤独な生と愛。  注目され始めた28歳の青年ジャズピアニスト・高澤文彦。優しい物憂げな姿の奥に、人に見せない暗い心を抱えている。  恵まれない環境、厳しい人生ーー顔を上げ、微笑に変え、今夜もピアノを弾く。ジャズ仲間の竜野、セイとともに。  フェスの夜に、新進気鋭のサックス奏者・萩尾淳史と出会い、運命は回っていく。  天才、根なし草、色売り、様々な噂と嫉妬の中を、文彦は軽い微笑で通り過ぎていた。  しかし、端正な顔と冷たい眼をした淳史の、思いがけない魂に触れて、文彦は黒い過去を思い出していく。  交わることのないはずだった音楽の扉が、封印された過去の扉をひらく。  見守るように傍らにいる、武藤領一朗。彼が文彦の隣にいる理由とは?  文彦が手離せないリングは、誰からのものなのか?  貧困、崩壊した親、それゆえに文彦がたどった人生をめぐる。  絡まってもつれていく運命。紐解いて、ほどいて、そして必ず出会う。  愛は静謐なようでいて狂おしく、それでもなお、美しい。  大人のセンシティブストーリー。  自分史上、最も格好良い物語にできればと思います。
    文字数 236,042 最終更新日 2020.1.11 登録日 2019.10.24
  • 8
    長編 完結 R18
    お気に入り : 21 24h.ポイント : 7
    二つの軌跡 いまも未来も過去もすべてが欲しいと思った そんな想いは初めてだった すべてを塗り替えてただ一人が欲しいと願う 「雨の調べ」後日譚 本編より一年後のお話です。 宏武と二人で暮らし始めた。 穏やかな毎日に充実感を覚えているけれど。 時折過去の影がちらついてしまう。 そのたびに悔しさや焦りが浮かぶ。 それでも彼はまっすぐに愛してくれる。 ひたむきな愛に応えるために 目の前の壁を乗り越えていく。 ※R18 甘切ない/年下攻/ハピエン ピアニスト×フリーライター
    文字数 52,393 最終更新日 2019.2.15 登録日 2019.2.4
  • 9
    長編 完結 R18
    お気に入り : 52 24h.ポイント : 7
    【18禁版】この世の果て 昼メロチックな読み出したら止まらないジェットコースター18禁BL作品。 その復讐は行われるーー美しくも凄惨に。 日本有数の大企業・雪花コーポレーションの若き青年社長・雪花海杜は、元々はピアニストを目指しながらも、父の意向で後継者になった過去を持ち、自らの生き方に微かな疑問を抱き始めていた。 まだ学生時代、父の秘書としてある小さな町工場を訪れた海杜は、そこで信じられない光景を目にする。 融資を願い出る夫婦を冷酷にあしらう父の姿にショックを受けながら、そこを後にする瞬間、感じた視線。 それは、その夫婦の幼い息子の瞳だった。 彼はそれ以来、毎晩、その時、自分を刺すような目で見つめてた少年の夢でうなされていた。 そんな彼の右腕としてサポートする美貌の秘書・咲沼英葵。 実は彼こそ、海杜をはじめとした、雪花一族に復讐を誓うあの少年の成長した姿であった。 英葵は亡き両親の無念を晴らす為、雪花コーポレーションに入り込んでいた。 何も知らずに友情を深め合う、同級生の英葵の妹・美麻と海杜の妹・菊珂。 海杜に許されぬ愛を抱く、若く美しい義母・里香。 年の離れた海杜の弟で、里香の息子・夕貴。 海杜の従兄弟で、副社長を務め、形勢逆転を狙う野心的な更科恭兵。 飽和状態にまで張り詰めた彼らに突然降りかかる災厄。 それを期に、運命の歯車は静かに回り出す。 美しく、そして凄惨に。 イラスト:聖る様
    文字数 403,673 最終更新日 2018.11.22 登録日 2017.12.15
  • 10
    長編 完結 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    止まない雨はない アメリカ、NYのとある病院で眼科医として勤務していた山口瑠歌は、ダウンタウンで暴行を受け、アンビュランスで運ばれてきた、一人の青年の眼を治療する。 青年の名は上杉タカシといい、ジャズピアニストになるため、武者修行で渡米していたが、親友が自分のせいで亡くなったことに負い目を感じていた。 彼を励まし、医師としての立場を越えたとき、瑠歌はタカシへの想いを自覚する。タカシもまた、亡くなった親友に後ろめたさを感じながらも、瑠歌に惹かれ、衝動で関係をもってしまう。 始まりこそ強引ではあったが、二人は一緒に暮らし始め、絆を深めていく。そんなある日、瑠歌にドイツの大学病院から客員教授として招聘される話が舞い込む。 中途半端な自分の生き方のせいで瑠歌をダメにしてしまう、と感じたタカシは彼と別れを決意し、待ち合わせのJFK空港に現れることなく、姿を消すのだが…
    文字数 67,416 最終更新日 2021.12.11 登録日 2021.12.5
  • 11
    短編 完結 なし
    お気に入り : 22 24h.ポイント : 0
    天然の美人生徒会長は、恋愛が理解できない 中学3年生になった本庄 暁は、ずっと片思いをしていた憧れの美人生徒会長・一ノ瀬 奏に告白することを決意した! ・・・しかし、奏は超・天然で、恋愛に関して全く無頓着だった。果たして、暁の想いは通じるのか!? ラブコメです。1週間程度で完結する短編になる予定です♪
    文字数 20,060 最終更新日 2020.6.22 登録日 2020.6.13
  • 12
    長編 完結 R18
    お気に入り : 22 24h.ポイント : 0
    ドミナントモーション 作曲家一本では定期的な収入にならないため、オンラインDTM講師との二足わらじで生計を立てる平宮慧一。音楽不況の最中、作曲とは、創作とは、ともがき苦しむ平宮の元に、七瀬亮が講師指名で入学する。七瀬の才能を伸ばすことを急ぐあまり、平宮は七瀬の意思や希望を見失ってしまい…… 自分の渇望する音楽を求め、年齢も環境もバックグラウンドも違う二人が織り成す青春ストーリー。
    文字数 78,057 最終更新日 2020.7.17 登録日 2020.2.17
  • 13
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    ピアニストうさぎ、恋愛を知らず、性欲の深さを知る。 町はずれの小さな一軒屋でルームシェアをしている黒豹αと白ウサギΩ。 ヒートのときは性欲解消のためにエッチするものの、普段は些細なことでケンカばかり。 六年間も続いたルームシェア生活に、どうやって終止符を打つのか? 【表紙・fum★ https://twitter.com/fkb4151 】 全3話、9,000文字程度の短いお話です。
    文字数 9,090 最終更新日 2019.10.30 登録日 2019.10.30
  • 14
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    Zazzy  people JazzピアニストとJazzシンガーのバイセクシャルな夫婦とゲイのカメラマンが作りだすJazzy(ドハデ)でちょっぴりアブノーマルな世界。 【Arrogant man】マンションに帰ると、美しい妻が上半身裸の男に覆いかぶさってキスをしていた。 妻は俺に妖艶に微笑みかけてきて、相手の男はあからさまに俺を馬鹿にしたような蔑んだ笑みをこちらに向けてくる。 【The eyes】取材中に感じるのは懐かしいまなざしだった。元彼に再会し想いは滾り再び関係を繋げようとしたが……。 【Blue skinny cat】目を覚ましたら女の子が跨っていた。その猫のような女の子は、どうしようもなくバカで青くくてウザいだけ。しかもやたら絡んでくるが……。 ※ 主人公夫婦が性に奔放なバイセクシャルの為に、男同士、女同士、男女、3Pといった表現があります。  あと主人公は妻とも仲良いですが、愛しているのは恋人という困った男です。   商店街の物語でチラッとだけ登場したjazzピアニストKenjiが、まさかここまで膨らんで物語が出来るなんて、自分でも驚いています。  そちらの方では主人公が勤めるjazzbarでKenjiは恋人の面影を追いかけて似た空気もつ子にアプローチかけていたり、結婚後イーラとライブするという様子が描かれています。
    文字数 69,379 最終更新日 2021.9.20 登録日 2019.10.23
  • 15
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    かじかむ指 僕は、誰よりもあなたを愛していました・・・・。禁じられた恋をした僕の、告白。ピアニストをめざす僕は、音大の付属高校の時に、尊敬する師に出会う。音楽は、人を時に、現実からさらい、遠くへつれていってしまう。音楽と、愛に生きた青春の日々に、ピリオドを打つ、残酷な結末。あなたは、彼を裁きますか、それとも・・・。
    文字数 8,781 最終更新日 2019.8.13 登録日 2019.8.13
  • 16
    短編 完結 R18
    お気に入り : 69 24h.ポイント : 0
    兄と花屋を営む佐藤歩夢は、店を訪れた盲目のピアニスト・神嶋久遠と知り合う。注文の薔薇を届けるため久遠のマンションを訪ねた歩夢は、文鎮を拾ったことをきっかけに、週一の薔薇とピアノのレッスンを久遠から提案される。生徒としてレッスンを受ける歩夢は、次第に久遠との交流を深めていく。だが、久遠の所属する芸能事務所の社長から、サロンで演奏することを求められて……◆ディアプラスBL小説大賞二次選考通過作。作品は投稿時のまま公開しています。
    文字数 38,015 最終更新日 2019.6.26 登録日 2019.6.25
  • 17
    長編 完結 なし
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 0
    『dolce~ドルチェ~』 親友が所属しているアマオケの新指揮者「帯刀優音(たてわきゆうと)」に一目ぼれを起こしてしまった「水城羽流(みずきはる)」…大人で優しい優音に日に日に惹かれていくものの、過去の恋愛で受けた深い心の傷がトラウマになり、中々優音に心を開けない。お互いに好きで好きで堪らないのに、もどかしいほどに距離が縮められない。頑なに新しい恋愛を拒んでしまう羽流の心を、指揮者でありピアニストでもある優音が少しずつ、自分にしか出来ない「音楽」という表現で溶かしていく…
    文字数 89,014 最終更新日 2018.8.27 登録日 2018.8.27
  • 18
    長編 完結 R18
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
    男のからだ男のにおい 海帆(みほ)は18才の音大生でピアノを専攻。彼の右手には大きな傷あとがありピアノを弾く時、時々音が飛んでしまう。彼の手の傷は治っていて、それは心の問題だと言われ、カウンセリングを受けている。実は手の傷がどうしてできたのか、海帆自身が意識の中に封印してしまったため記憶にない。海帆は顔も名前も女みたい、と言われ男性には人気がなくて、女性にもてているが彼は女性に全く興味がない。バイオリストの龍聖(りゅうせい)に、女みたいと言われて振られて泣いている時に、星五(せいご)という逞しいジム経営者と出会い結ばれるが、海帆が手の傷によるトラウマのため人生に消極的になり、他の人に彼を譲る形で二人は別れてしまう。海帆は星五に鍛えてもらい、4カ月後立派な男の身体を手に入れる。海帆はファッションモデルの頼潔(よりきよ)と出会うが彼に、「女とはヤれない。」と拒否されてしまう。しかし海帆が服を脱ぐと頼潔は彼の男らしい身体に驚いて、海帆とベッドを共にするのだった。頼潔と同じモデルエージェンシーに入った海帆は、男らしい身体と中性的な魅力を兼ね備えた、ユニークなモデルとして話題になる。ドイツの有名なピアノメーカーのモデルに選ばれるが、その時海帆の右手の傷のため、「悲劇のピアニスト」がキャッチコピーになり、その傷がどうしてできたのか、マスコミの好奇の目にさらされることに。思いやりのないマスコミに追われる海帆は、次第にパニックに陥るようになる。そして手から血を流している過去の自分自身の幻覚を見るようになり、ストレスで14才に退行してしまう。星五は海帆を助けようと、海帆の双子の妹、花帆(かほ)に電話をかける。14才の時、海帆は学校で女っぽい外見と、ピアノを弾けるため女生徒にもてることが原因で、酷い虐めを受けていた。海帆は自分を憎むことでなんとか精神のバランスを保とうとした。ピアノコンクールで全国大会へ出場する直前、悲劇は起こった。自分を憎むあまり、自殺するよりもっと酷いことを自分にすべく、彼は自分で自分の手を傷付ける。 14才に退行した海帆は全てを思い出し、やっとピアノがちゃんと弾けるようになり、星五と再び結ばれる。
    文字数 49,151 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.12.22
  • 19
    長編 完結 R18
    お気に入り : 64 24h.ポイント : 0
    カラダの恋人 【第一部】カラダからはじまる恋。大学の同級生、紺野要と佐倉友樹はカラダだけの恋人関係。ミステリアスな男、間宮の出現で微妙な変化が。 【第二部】好奇心からはじまる恋。紺野・佐倉の後輩、四ノ宮敦と加藤陸のお話。先輩方も登場します。一部より更にコメディになってるような…。 【第三部】旅先の情事からはじまる恋。モデル医大生、河合圭介と挫折ピアニスト間宮秋一のお話。 【ココロの恋人・続ココロの恋人】佐倉と紺野の高校時代馴れ初め話です。 【ヒミツの恋人】教師編です。
    文字数 167,089 最終更新日 2017.5.18 登録日 2017.4.8
  • 20
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    憧れの日本、母さんが生まれ育った遠いアジアの国。 僕ら双子はその日本に移り住むことになった。 日本語を覚えるために知り合った施設兼寮のみんなに支えられて楽しい毎日を送っている。 でも世界に通用するピアニストになるって夢をかなえるには、映画に出演したりテレビで歌ったり男の子に恋をしてる場合じゃないよね? しかも僕らのうち片方は母さんの実家の医師業を継がなきゃいけなくて、どっちがそうするのか、なかなか決められない。 できることなら、大切な『もう一人の僕』に好きな道を進んでほしいんだ。 ……有名な音楽家を父に持つ混血の帰国子女、諒と覚はとにかくお互いとピアノが大好き。ふたりはどちらが家を継いで医師になり、夢のピアニストになるのか。美しいバイリンガルの過去とは。双子と彼らを取り巻くひとたちの、性別や友情関係に戸惑う5つの恋のお話です。 性描写は少なめです。5話より先は、日本語のせりふを「」で、英語・ドイツ語のせりふを『』で表しています。ムーンライトノベルズ様で同じものを掲載しています。164話完結です。
    文字数 196,477 最終更新日 2017.11.10 登録日 2016.10.20
  • 21
    短編 完結 R18
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 0
    はなかんむり 悠真は子供の頃からピアニストを目指していたのだが、ある日を境にピアノ弾くことすらしなくなっていた。 そんな時、偶然にもライブハウスから漏れる音楽を聴いて、出会ったのは。 文章つづりはじめて四作目の作品になります。 今よりも更につたない文章ではありますが、楽しんで頂けると幸いに思います。
    文字数 48,037 最終更新日 2015.2.25 登録日 2015.2.25