1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 王女の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 王女
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 182 24h.ポイント : 4,779
     大陸の端っこの小さな貧乏な国 ランバルト。  大国ドラゴランから『王族で18〜22までの歳に該当する者は一年間、城で仕えよ』と知らせがあった。王女なら玉の輿だが、端っこの小さな貧乏なランバルト国には男子しかいない。 仕方なく対象にあたる第一王子の テオドールが大国へ行くことになった。 「一年間、目立たず地味に城で仕えて戻ってくる」 そう決心して大国へ向かったが…。 ◆注意◆ ★エロ多、無理矢理、3Pあり。予告はしません。苦手な方はご遠慮下さい。 ☆ムーンさんにも掲載済みです。 2022/7/1 完結。 ©厘/りん
    文字数 90,074 最終更新日 2022.7.1 登録日 2022.2.7
  • 2
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 86 24h.ポイント : 640
    孤独な毎日を過ごしていた、八雲レン。楽しみは転生物のゲーム、マンガ、小説をする事。 そんな日々を過ごし自分も転生してみたいと思うが、死ぬのは怖い。 しかも死んでも転生しないなら意味がない。 そんなある日、新しい異世界物のゲームをしていたら、転生出来るボタンを発見。 まさかと思い、ボタンを押すと、まさかまさかの異世界に転生してしまった。 レンが転生した先は、魔法が使えるアデウス国。 レンはルキアという、医師に転生していた。 ルキアのミッションはアデウス国の第三王子を国王にする事。 クリアすると現世に戻れるらしい。 ルキアがまず、始めた事は… ルキア(八雲レン) 平凡な医学生、転生して、魔法が使える医者になる。21歳だが、転生したら18歳になっていた。 第三王子を、国王にすべく奮闘する。 アデウス王国 国王 現国王 王妃 第一王子、第三王子、第一王女、第五王子の母親、2年前に病死。 第三王子は不審に思い、密かに調査中。 嬪妃(側室) アリーン・シート・アデウス 第二王子、第四王子の母親。王妃死亡の後、国王のそばで、政務に口を出している。 第二王子を、次期国王にしようと企む。 第一王子 オーム・シート・アデウス 第一王位継承権を持つが、病弱の為、放棄している。 第二王子 フルーク・シート・アデウス 野心的な性格で、次期国王を狙っている。 第二王位継承権を持つアルフが邪魔だと思っている。 第三王子 アルフ・シート・アデウス 第二王位継承権を持つ。容姿端麗、頭も良く、政務に積極的に参加。人々に好かれ、突如現れたルキアにも、優しく接している。 緑色の目が特徴。 第四王子 カオ・シート・アデウス 嬪妃の次男だが、性格は穏やかで人懐っこい。兄のフルークとは仲が悪く、アルフの所に良く訪れる。それには他にも意味があり… 第一王女 サニー・シート・アデウス アルフの妹。可愛らしく、天真爛漫な性格。 第五王子 アルフの弟。13歳のため、王位継承権にはまだ入ってない。 ガフ アルフの側近。伯爵家長男。武道も優れており、常にアルフの事を考えて行動する。 チヒロ 第一王女サニーの侍医。ルキアと何か共通点があるようだが… 最初の方はエチエチは少ないですが、後に出てくるのでR18にしています。 物語は完全なフィクションとして読んで頂けたらと思います。
    文字数 166,699 最終更新日 2022.7.1 登録日 2022.4.20
  • 3
    長編 完結 R18
    お気に入り : 1,435 24h.ポイント : 205
    アリアは、前王の遺児で本来は第一王子だが、殺されることを恐れ、地味メイクで残念な王女として育った。冒険者になって城から逃げる予定が、隣国の残酷王へ人質という名の輿入れが決まって……。 俺は男です!子どもも産めません! エッ。王家の魔法なら可能!? いやいやいや。 なんで俺を溺愛するの!?
    文字数 99,438 最終更新日 2022.1.16 登録日 2021.12.29
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 251 24h.ポイント : 177
    偏頭痛持ちの宰相、セノウには恋人がいる。近衛騎士のウィラードだ。だが、彼は留学してきている王女が気になるようで……。身を引こうかと悩む宰相のすれ違いのお話。騎士×宰相。
    文字数 19,603 最終更新日 2021.11.24 登録日 2021.8.16
  • 5
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 202 24h.ポイント : 127
    グランデ国の第二王子であり、美しい見た目のΩ、セシル・デイ・グランデは嫌われものだった。隣国の王女である母親は王を犯いセシルを身ごもりセシルを産んで死んだ。 その母親にそっくりな見た目を持ち、同じく男を誘う淫乱だと言われ城のものから嫌われていた。婚約者であるルイス・クラークも例外ではなくひどく嫌われ避けられていた 学園を卒業し、18歳になったセシルは王に呼び出され、いい加減婚約者としての交流をもてと言われてしまい… 愛を知らない王子が愛されることを知るまでの話です  最初はあまり目立たないかもしれませんが〈オメガバース〉です。
    文字数 7,586 最終更新日 2022.4.13 登録日 2022.2.23
  • 6
    短編 完結 R18
    お気に入り : 437 24h.ポイント : 99
    百発百中の予言の巫女(笑)により、救国の英雄になると神託を受けた俺はやる気のない18歳。 ところが周囲は本人を他所に大フィーバー。問答無用で国唯一の王女(レズ)との結婚迄決まってしまう。 (国救うどころか未だ何もしてないのになあ…。) 気がすすまない内に事態はどんどん進み、ついには国をあげての挙式当日。 一陣の黒い竜巻きが一瞬にして俺を攫った。 何が何だかわからない内に、今度は何処かの城の中のとある部屋のベッドにいた俺。 そして俺を抱えたまま俺の下敷きになってベッドに気絶している黒髪の美形。 取り敢えずは起きるまで介抱してみると、目を覚ました彼は俺に言ったのだった。 「我の嫁…。」 つまり救国の英雄とは、戦って魔王を倒すとかそういう感じではなく、魔王に嫁(賄賂)を貢いで勘弁してもらう方向のやつだった…。 確かに国は救ってんのかもしれないけど腑に落ちない俺と、超絶美形イケメンドジっ子魔王様の 甘い新婚生活は無事スタートするのか。 ※ファンタジー作品に馴染みがないので詳細な背景描写等ははおざなりですが、生暖かい目でお見守り下されば幸いです。 9割方悪ふざけです。 雑事の片手間程度にご覧下さい。 m(_ _)m
    文字数 25,421 最終更新日 2021.12.3 登録日 2021.11.29
  • 7
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 3,512 24h.ポイント : 99
    婚約披露パーティーで始まった婚約破棄。だけど、相手が違うことに気付いていない。 ドヤ顔で叫んでるのは第一王子そして隣にいるのは男爵令嬢。 婚約破棄されているのはオレの姉で公爵令嬢だ。 そしてオレは、王子の正真正銘の婚約者だったりするのだが・・ 何で姉上が婚約破棄されてんだ? あ、ヤバい!姉上がキレそうだ・・ 鬼姫と呼ばれている姉上にケンカを売るなんて正気の沙汰だとは思えない。 ある意味、尊敬するよ王子・・ その後、ひと悶着あって陛下が来られたのはいいんだけど・・ 「えっ!何それ・・・話が違うっ!」 災難はオレに降りかかってくるのだった・・・ ***************************** 誤字報告ありがとうございます。 BL要素は少なめです。最初は全然ないです。それでもよろしかったらどうぞお楽しみください。(^^♪ ***************************** ただ今、番外編進行中です。幸せだった二人の間に親善大使でやってきた王女が・・・ 番外編、完結しました。 只今、アリアの観察日記を更新中。アリアのアランの溺愛ぶりが・・ 番外編2、隣国のクソ公爵が子供たちを巻き込んでクーデターをもくろみます。 **************************** 第8回BL大賞で、奨励賞を頂きました。応援してくださった皆様ありがとうございました(≧▽≦)
    文字数 106,884 最終更新日 2021.2.18 登録日 2020.8.27
  • 8
    長編 完結 R18
    お気に入り : 334 24h.ポイント : 71
    黄金郷の夢 女王より敵国の王家との縁談をまとめるべく派遣された青年貴族のアベルは、そこで代理結婚を命じられる。王女の名代として式に出るだけだと思っていたアベルは、なんと敵国のディオ王より、花嫁代理として伽を命じられ、抵抗するものの、逃げることは出来ず、夜毎、屈辱のなか、調教師たちによって身体を開発されていく……。 誇り高い青年貴族が敵王によって凌辱のかぎりを尽くされ、淫らな性奴隷に墜ちていく、というお話です。 かなり激しい性描写があります。18歳以下の方はご遠慮ください。
    文字数 157,676 最終更新日 2018.11.23 登録日 2018.8.27
  • 9
    長編 完結 なし
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 63
    【BL】海賊姫と公国の些細な陰謀 【BLです】海賊を目指す姫と、侍従長(男)、その親友(男)のドタバタファンタジー。 ※腐向け注意です※ ルブローテ公国の王女アミラは、姫でありながら女海賊になることを人生の目標とし、日々無駄とも思える鍛錬を積んでいた。 そんなアミラ姫の侍従長ティノ・クラウゼは、アミラ姫の荒唐無稽な行動に頭を抱える毎日。  近隣諸国からアミラ姫との縁談の断りが相次いだことから、公王はアミラ姫を次期女王とし、ティノの親友カイ・アンデルを婿とする決定を下した。カイとアミラ姫の婚約に気持ちが落ち着かないティノ。  そんな中カイは、アミラ姫との縁談を破談にしてほしいとティノに依頼する……。
    文字数 33,386 最終更新日 2022.6.1 登録日 2021.8.15
  • 10
    短編 完結 R18
    お気に入り : 765 24h.ポイント : 63
    王国騎士リアム・マーデンガルは隣国との最終決戦の際、団規違反を冒し敵を深追いしてしまう。反撃を受け死を覚悟するも、憧れの騎士団長マニス・シュタートンに助けてもらう。 その際騎士団長は、右手切断と右目失明、顔面やけどの大怪我を負う。 怪我により婚約秒読みと言われていた王女殿下との婚約も無くなり騎士団を去ったマニス。 どうにか償いをしたいリアムは辺境の地までマニスを訪ね「何でもする。殺してくれても構わない」と泣いて縋り付く。 「では、私を慰めろ」 マニスの言葉にショックを受けるもリアムは言われた通りに奉仕をし、体を捧げた。 悲劇の英雄と命がけで罪を償いたい部下とのすれ違いラブストーリー。 剣と魔法の国の物語ですが、設定はふんわりしています。 身体欠損(腕)等、残酷な描写も含まれますのでお気をつけください。
    文字数 40,754 最終更新日 2021.2.27 登録日 2021.2.17
  • 11
    長編 完結 R18
    お気に入り : 828 24h.ポイント : 56
    黄色い果実の見せる夢 魔獣族の王×異種族の少年奴隷。 ノーム族のハーフの少年は、人族の城で下働きをする奴隷である。城の王女が嫌う果実を、少年は内緒でほどこされるようになった。王女との会話で知る、まだ見ぬ婚約者の話。少年は彼に憧れを抱き、理想の王子様像を膨らましていく。時は流れ、花嫁を迎えにきたのは、残虐と噂される異形の魔獣王だった。怯える王女に興味を失った魔獣王アージュは、王女を守ろうとするハーフノームの少年をかわりに連れ去る。 【注】攻めが四つ目です。サイト転載。R18部分は番外編(後日談)から。番外編はひたすら甘々です。
    文字数 115,945 最終更新日 2019.8.4 登録日 2018.8.17
  • 12
    長編 完結 R18
    お気に入り : 82 24h.ポイント : 42
    大陸西部で急速な発展を遂げた新興のファルナクス帝国。 皇帝サディアスは、「氷炎」の異名を持つ気性苛烈にして果断な君主だった。 そのサディアスの許に、大陸中央のオアシス都市、天蘭国からひとりの使者がやってくる。 東の大国、貴陽によってその存続を脅かされる小国、天蘭は、ファルナクスの庇護を求めてその人物を遣わした。 黒絹の髪に黒真珠の瞳、白皙の美貌。 だがそれは、本来遣わされるはずだった第一王女ではなく、弟の第二王子だった。 人質同然に宮城の西の離れに留め置かれることとなった異国の王子。 それからほどなく、サディアスの身体は毒に冒されていくこととなる―― 陰謀渦巻くヒストリカル・ロマン
    文字数 91,313 最終更新日 2021.11.12 登録日 2021.10.3
  • 13
    長編 完結 なし
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 28
     イサギ、15歳、男子! ヘタレでヘッポコで泣き虫でも、初恋のひとのために頑張ります!  アイゼン国の王妃が双子の王女を産んで亡くなって以来、国政にも関心がなく悲しみに暮れる国王が、再婚した後妻は黒い噂のある魔女だった。  魔女は第二王女を毒を吐く醜いドラゴンに変えて、その罪を第一王女と国一番の魔術師でセイリュウ領の領主でもあるサナに被せてしまう。  『魔王』と呼ばれ嫌疑をかけられたサナの従弟である15歳のイサギは、そんな国の一大事など何も気にせず、セイリュウ領でやる気なく暮らしていた。  そこへ現れたのは、『魔王』討伐を命じられた、初恋のひと、エドヴァルド。  エドヴァルドと自分が結婚できない理由を、従姉で『魔王』のサナだと勘違いして一念発起して暴走するイサギは、エドヴァルドとの男性同士の結婚を叶えるために、アイゼン王国を救う勇者となる!  マンドラゴラも活躍する、ラブコメです!  ボーイズラブを主軸とした、おとぎ話のような優しい恋愛ファンタジー。(主人公がBLなだけで、他のカップルはNL、GLもあります)
    文字数 294,293 最終更新日 2021.11.30 登録日 2021.10.5
  • 14
    長編 完結 R18
    お気に入り : 41 24h.ポイント : 21
    銀の森の蛇神と今宵も眠れぬ眠り姫 小さな国に、ある日降りかかった厄災。 誰もが悪夢に包まれると諦めた矢先、年若い魔法使いがその身を犠牲にして、国を守った。 彼は、死に直面する大きな魔法を使った瞬間に、神の使いである白蛇に守られ二十年もの間、深い眠りに付く。 そして二十年が過ぎ、目を覚ますと王子は自分より年上になっていて、隣国の王女と婚約していた。恋人さえ結婚している。 そんな彼を大人になった王子は押し倒す。 「俺に女の抱き方教えてよ」 抗うことも、受け止めることもできない。 それでも、守ると決めた王子だから。 今宵も私は、王子に身体を差し出す。 満月が落ちてきそうな夜、淡い光で照らされた、細くしなやかで美しいその身体に、ねっとりと捲きつくと、蛇は言う。 『あの時の様な厄災がまた来る。その身を捧げたならば、この国を、――王子を助けてやろう』 ユグラ国第一王子 アレイスター=フラメル(愛称:サフォー)(28) × 見習い魔術師 シアン = ハルネス(22)
    文字数 67,357 最終更新日 2021.11.29 登録日 2021.10.31
  • 15
    短編 完結 R15
    お気に入り : 38 24h.ポイント : 14
    ガブリエラ王国のエルグラード公爵家は天使の血を引いていると言われているからなのか、産まれてくる子供は男女問わず身体能力が優れているだけではなく魔力が高く美形が多い。 そこに目を付けた王家が第一王女にして次期女王であるローザリアの補佐役&婿として次男のエカルラートを選ぶ。 だが、自分よりも美形で全てにおいて完璧なエカルラートにコンプレックスを抱いていたローザリアは自分の生誕祭の日に婚約破棄を言い渡してしまう。 この婚約は政略的なものと割り切っていたが、我が儘で癇癪持ちの王女の子守りなどしたくなかったエカルラートは、ローザリアから言い渡された婚約破棄は渡りに船だったので素直に受け入れる。 晴れて自由の身になったエカルラートに、辺境伯の跡取りにして幼馴染みのカルディナーレが提案してきた。 「ローザリアと男爵子息に傷つけられた心を癒す名目でいいから、リヒトシュタインに遊びに来てくれ」 「お前が迷惑でないと思うのであれば・・・。こちらこそよろしく頼む」 王女から婚約破棄を言い渡された事で、これからどうすればいいか悩んでいたエカルラートはカルディナーレの話を引き受ける。 少しだけですが、性的表現が出てきます。 過激なものではないので、R-15にしています。
    文字数 22,097 最終更新日 2021.5.3 登録日 2021.4.18
  • 16
    長編 完結 R15
    お気に入り : 107 24h.ポイント : 14
    魔王の公妾 魔王×見習い兵士  山の奥で自給自足の生活を送っていたギーナは、王女と出会った事により見習い兵士となった。  だが、ある日王女は魔王・リアンに連れ去られてしまった。恩人である王女を助けにギーナは単身一人魔族の国へ向かった。  捕虜でも、奴隷でも、どんな扱いでも受け入れる覚悟だったのだが、全く想定していなかった「公妾」という立場となってしまった。  王妃の公務の補助に、礼儀作法と一般常識の勉強……そしてリアンと過ごす夜。  ギーナの忙しくも充実した毎日が始まる。 表紙:右京 梓様
    文字数 152,120 最終更新日 2020.7.13 登録日 2020.3.21
  • 17
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 24 24h.ポイント : 7
    前世が腐男子だった僕はBLゲーム「春を待つクラウディア」の世界の悪役王女ミスティアに転生してしまう。 しかも彼女は、実は男で……?!
    文字数 20,635 最終更新日 2022.3.12 登録日 2022.3.11
  • 18
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 53 24h.ポイント : 7
    カルヴァンラーク王国に住む薬師のミズイロはある日王城からの登城命令により召集(拉致)される。 そこで国王から告げられたのはーーー。 「お前は勇者なのだ、薬師ミズイロ。どうかこの国を救う為魔王を倒してくれ」 「えっ、嫌ですぅ…。魔王なんて怖いし、魔物も怖いし、旅の途中でお化けとか出るかも知れないし…」 「やかましいわ!ごちゃごちゃ言わず黙って旅立てーーー!!!」 王の鉄拳で城外に吹っ飛ばされたミズイロの旅が今ーーー始まる。そんなに強いんだから自分で行けば良いじゃん! 勇者の剣は聖剣じゃなく呪剣だし、戦闘後デメリットで体が子供サイズになるし、仲間の第4王子は俺様だし、第3王女はすぐ邪気を放つし、魔術師は変な人だし。 神様!僕このパーティーで生き残れる気がしません! ■■ とりあえずもう一つが終わるまで不定期更新中。出来れば週一くらいであげたいです
    文字数 60,538 最終更新日 2021.12.12 登録日 2021.10.7
  • 19
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 32 24h.ポイント : 7
    半年前異世界イェグリームスはレヴォクロアス国にて三百年就いていた王宮魔導士の食を退いた一見十代半ばの美少女にしか見えない容姿を持つラニ・ヴェルテアード(三百五十才超え)。 現在は都内近郊にある山と海に挟まれた小さな港町・海玲町の北東に広がる昼間でも薄暗く地元の人でも滅多に近付かない涼音野森の中に建つ洋館で、ペット兼相棒であるラプクースと呼ばれる幻獣のバデルと共に全てのしがらみから解放され異世界隠居生活を堪能していたラニだったが、ある日異世界エオシャニムの「魔国」オルシュヴェルツ国の国王側近キアルによりエオシャニムに召喚されてしまう。 キアルにより辱めを受けているところを国王であるディル・オルシュヴェルツに助けられたラニだったが、初対面の筈なのにラニを知っている素振りを見せるディルに唇を奪われ、成り行きで一夜を共にした挙句、自分を組み敷くディルに「十五年前のあの日からずっと貴方が好きだ」とストレートな思いまで伝えられ、どうしていいか分からなくなるラニ。 そして翌日。 ディルとオルシュヴェルツ国の王宮魔導士であるイェダ・アルクスレーノから現在オルシュヴェルツは隣国ラヴァガルスからディルとラヴァガルス王女との望まない婚姻をかなり強引に迫られ、下手に拒否すれば戦争に発展し兼ねない程切迫している状況であることや、それを回避するためには少なくとも三か月間ディルの恋人であり妃となる「振り」をする者が必要であり、その役目をラニに頼みたいと依頼される。 そんな訳で、三ヶ月間限定の夫婦(?)生活がスタートするが、自分を甘やかし愛を囁く事を常とするディルに振り回されているうちにラニ自身も少しずつディルに惹かれていき―― これはそんな何かと不憫な元王宮魔導士とそんな王宮魔導士を溺愛する魔王のラブコメな日常の話である。 ※1.この小説は拙作「転移先で極度の女嫌いな魔王と諸事情によりラブコメします」を大幅に改稿しR18作品としてリメイクしたものです。 ※2.ムーンライトノベルズ様、pixiv様にも投稿しています。 ※3.ヌルいですが無理矢理表現があります。 ※4.タイトルとあらすじを変更しました(20.09.10)
    文字数 17,720 最終更新日 2020.9.11 登録日 2020.9.9
  • 20
    長編 完結 R18
    お気に入り : 44 24h.ポイント : 7
    「私を王都の外に連れ出してください」。 二人の出会いは創世の時代から約束されていた。四大国一の美姫とうたわれているエドモントの王女様の正体は王子ルーファスだった。ユーゴはルーファスの素直さやひたむきさ(と顔)に、ルーファスはユーゴのおおらかさと強さに惹かれていく。自分の由来を知ったユーゴはルーファスをエドモントに返そうとするが。         【カップリング属性】見た目美少女な金髪碧眼王子(not男の娘)(18歳)×エンゲル係数高めの細マッチョ傭兵(25歳)。 ※途中他キャラ×受けあり。
    文字数 216,953 最終更新日 2020.5.15 登録日 2019.6.27
  • 21
    短編 完結 なし
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 0
    国を救った勇者リチャード。 国王は彼への褒美として、第二王女のレイチェルとの婚姻を許すと告げたが…。 勇者が王女との結婚を望んでいないことを、レイチェルはすぐに察する。 レイチェルに促され、勇者は望みを口にした。 「勇者を――殺してください…」 大戦を終えた勇者パーティのその後のお話。 ※BLとGL要素を含みます  BL:勇者→盗賊。  GL:勇者の元パーティメンバーの二人(※会話の中でちらっと出てくるだけ)
    文字数 24,018 最終更新日 2021.8.19 登録日 2021.8.10
  • 22
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    茨に囲まれた城がある。 ひっそりと佇む、かつての白亜の城は深い呪いが掛かっていた―――。 百年の眠り。 城には使用人や王やお后、そして王女ミア。 その全てが時を止められ眠りに落ちていた。 恐ろしい魔女、アメリアの呪いである。 王女に嫉妬した魔女は、城ごと呪いを掛けたのだ。 呪いを解くには『王子様のキス』……それだけである。 そんな呪われた城に一人の青年。 魔法使い、ノア。 自らも掛けられた呪いの影響で歳を取らず、ずっとこの城で眠り続ける者達の世話を一人でしてきたのだ。 ―――いばら姫と魔女と魔法使い、そして王子。 彼らの時計が、百年の時を超えて動き出す。
    文字数 6,229 最終更新日 2019.12.30 登録日 2019.12.30
  • 23
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    多分にファンタジー 未来の時代から沢山のお客様に・・その中には 悲しい過去の・・・ 関連作品 腐女子な私 転生して貧民で王女になりましたが 美人な兄が弄ばれて(涙) https://www.alphapolis.co.jp/novel/114473137/321211467 異界にてhttps://www.alphapolis.co.jp/novel/114473137/557231398
    文字数 18,203 最終更新日 2019.10.23 登録日 2019.10.23
  • 24
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 0
     ひとりの女が、ひとり娘を亡くして咽ぶ王妃に言った。 『この花を差し上げましょう』  差し出されたのは、花。  紅い、何処にでもあるような花だった。  しかし、何処にもない花だった。  陽光を浴びて綺羅綺羅と輝く花。  月明かりを浴びて深深と艶めく花。  それは、花ではなく宝石だった。  生花と変わらぬ佇まいで、美しさはより一層。  王妃は問う。 『この花は、一体どうして…』  女は微笑んだ。美しく、虚ろに。 『そちらはわたくしが造りました。美しい王女への餞に』
    文字数 6,091 最終更新日 2019.5.19 登録日 2019.5.18