1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 花街の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 花街
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 完結 R18
    お気に入り : 107 24h.ポイント : 35
    万華の咲く郷 現代日本に健在する花街、吉原。 陰間茶屋『万華郷』は、何から何まで規格外の高級大見世。 皆の恐れる遣手×売れっ子太夫を中心に繰り広げられる、超高級男娼達の恋愛、友情、仕事事情。 ストーリー重視。濡れ場のある話にはタイトルに※を付けています。 本作は横書き仕様です。
    文字数 411,681 最終更新日 2022.7.6 登録日 2019.8.24
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 60 24h.ポイント : 28
    花のお江戸の陰間茶屋 江戸時代。 花街の男娼屋に売られた弥太郎は名を薫と改め、花魁として名を馳せた母譲りの美貌で男たちを魅了していく。 華やかな地獄に生きる少年たちの物語。
    文字数 97,583 最終更新日 2020.4.17 登録日 2019.12.10
  • 3
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 14
    色街の華と噂される用心棒の青年は珍しい瞳の色をしていた。 右眼が碧で左眼が緑のオッドアイ。 そして花街の花さえ放っておかない美貌の持ち主。 ついた渾名が「オッドアイのラス」 彼は来年成人する。 そのため都に職探しに出掛ける前夜、奇妙な男に人違いされて迫られて? そこから動き始めるラスを巡る数奇な運命とは? この作品は複数のサイトで掲載してます。
    文字数 69,893 最終更新日 2022.8.2 登録日 2022.7.4
  • 4
    長編 完結 R18
    お気に入り : 59 24h.ポイント : 14
    エロいお兄さんは好きですか? 異世界から召喚された風の神子の孫ウーゴ(童貞)は仕事に疲れていた。気晴らしに初めて行った花街のバーで普通な顔の、でもエロいお兄さんと出会う。童貞がエロいお兄さんにずぶずぶハマっちゃうお話。 ワンコっぽい美形(童貞)攻め×(エロい)普通受け。 (攻めも喘ぎます。受け上位?です。脇カプ(NL)あります。エロはそこそこあります。エロは予告なしです。全27話。よろしくお願いいたします。) ※ムーンライトノベルズさんでも公開しております。
    文字数 110,928 最終更新日 2021.5.21 登録日 2021.5.21
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 42 24h.ポイント : 14
    白妙薄紅 しろたえうすべに * 足引山の主が作ったとも言われる花街で、十になったばかりの白妙は陰間として水揚げをする。 しかし、彼の心には置屋の番頭の源蔵へのほのかな恋心があった。 * 時代も場所も不特定なため「異世界」や「ファンタジー」として世界をとらえると入りやすいかもしれません。 全ては作者の想像によるものなので、実際とは大きくかけ離れる事柄、言葉があります。 * 作品の内容上、漢字がたくさん出てきます。 最初のページに「登場人物・用語解説」あり。 * 他サイトにも掲載。
    文字数 60,208 最終更新日 2018.3.31 登録日 2018.3.8
  • 6
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 7
    央華国には二人の皇子がいた。 人形のような”傀儡”の兄、翡翠の君。 自由奔放な”放蕩”の弟、蘇芳の君。 兄は、皇后の言いなり。 弟は、兵の鍛錬場か花街に入り浸り。 誰もが暗澹たる未来を想像していた。 そんなある日、二人の父である皇帝が崩御する。 ────俺は、兄が嫌いだ。 嫌い、だった。 そのはずなのに、なぜ、こんなにも……。 そして、皇帝は後悔する。 *『皇兄の贖罪、皇帝の切願』の皇帝、蘇芳の君視点 ※エブリスタでも連載しています
    文字数 14,968 最終更新日 2021.7.3 登録日 2021.6.25
  • 7
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 17 24h.ポイント : 7
    サンガレア薬事研究所第3研究部の恋模様シリーズ第1弾! ブライアンがゲロった相手はめちゃくちゃ好みの男だった。助けてくれた薬師カーティスに淡い恋心を抱いたブライアンは、後日、花街の娼館の近くでカーティスと再会する。 ネコ経験しかない『ダメ男収集機』な文官と自己開発済み素人童貞なヘタレ薬師がわちゃわちゃしながらリバるお話。 (リバです。タイトルがアレな感じですか、吐瀉表現は冒頭だけになります。エロあります。エロは予告なしです。不定期更新になります。よろしくお願いいたします) ※ムーンライトノベルズさんでも公開しております。
    文字数 11,637 最終更新日 2021.2.26 登録日 2021.2.2
  • 8
    長編 完結 R18
    お気に入り : 146 24h.ポイント : 7
    ■大陸最強の神聖騎士団に所属する騎士ユリウスは、不可解な襲撃事件によって背に一生消えない傷を負い、その名も地位も失った。流浪の旅の途中、花街一の大店『扇屋』の主・椿に拾われ、娼館の用心棒・梟として生きることになる。 三年が経ったある日、客として現れた皇宮の騎士・蜻蛉に、梟は突然拉致されてしまう。目を覚ましたそこは、三年前の襲撃事件の舞台となった皇宮、そしてそれに続く悪夢を呼び覚ます、あの悪霊憑きの部屋だった。夜毎訪れる悪霊に背中の傷を嬲られ苦しむ梟に、皇帝の代理として部屋を訪れた蜻蛉は、選択できない選択を突き付ける。 「騎士として陛下に仕えるか、娼館の犬として陛下に仕えるか。道は二つに一つ――選ばせてやろう、貴様に」 どちらも受け入れられない梟は、皇帝に策を献じ、穏便に逃れようとするが――。 ■想い人を手に入れるためなら手段を問わない鬼畜策士にロックオンされた、無垢で頑なな子羊が色々とかわいそうな味付けです。 ■性描写のある話には、サブタイトルに※を付記しております。過激表現が苦手な方はご注意ください。
    文字数 65,879 最終更新日 2021.1.1 登録日 2020.8.7
  • 9
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    男に監禁された話。
    文字数 1,001 最終更新日 2021.11.16 登録日 2021.11.16
    BL
  • 10
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    央華国には二人の皇子がいた。 人形のような”傀儡”の兄、翡翠の君。 自由奔放な”放蕩”の弟、蘇芳の君。 兄は、皇后の言いなり。 弟は、兵の鍛錬場か花街に入り浸り。 誰もが暗澹たる未来を想像していた。 そんなある日、二人の父である皇帝が崩御する。 ────私は、弟が笑っていてくれればそれで良い。 それだけで、良かった。 なのに私は……。 そして皇兄は、贖罪に生きる。 *『皇帝の後悔、皇兄の懺悔』の皇兄、翡翠の君視点 *エブリスタでも連載しています
    文字数 18,023 最終更新日 2021.11.27 登録日 2021.7.4
  • 11
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    バレエ・メカニック 終末世界。滅びゆく世界を生きるバイオノイド(人造人間)たちの物語。 舞台はお歯黒どぶに囲まれたかつての吉原遊郭を模した花街。 そこではバイオノイドたちが春を売る。 彼らは一様に美しく、老いることはない。 そんな彼らは春を売りながら人間と関わりあう。 ※マークは、暴力、濡れ場のある物語の表記となっております。ご注意ください。 ポストアポカリプス×成年向けSS連作形式で綴られるBLとなっております。 ▼pixiv様でも連載中。
    文字数 30,027 最終更新日 2019.11.23 登録日 2019.11.12
  • 12
    長編 完結 なし
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    三銃士の誓いよ永遠に(白銀楼物語・第2部) 2070年の秋――現代に蘇った吉原、東京玉東(とうきょうぎょくとう)に落とされたごく普通の男子高校生、鶴見章介は苦しみながらも一日一日何とか生きていた。彼はそこで、生涯の友に出会い・・・。 地獄で出会った3人の青年の友情物語。 ※人身売買が横行する近未来日本の花街で生き抜く男花魁たちのお話。大見世、白銀楼(はくぎんろう)が舞台の『白銀楼物語』第2部ですが単体でも読めます。 ※『太陽の子』の前日譚。秋二入楼以前のお話です。唯一足抜けに成功した一樹が玉東から解放されたいきさつが描かれています。 ※精神疾患への言及があります。(詳細な描写なし) ※ホームページより転載
    文字数 58,405 最終更新日 2019.11.3 登録日 2019.8.31
  • 13
    長編 完結 R15
    お気に入り : 19 24h.ポイント : 0
    「先輩!...別れてくださいっ!」突然、公園に呼び出されて別れを告げられた。 理由も原因も分からず、納得はいかなかった。徐々に知る彼の環境、そして取り巻く欲望。 「拓人様...」 産業衰退により、日本は新たな産業として、東京に花街を再建した。医療の発達、守られる尊厳。 限られた環境で花街は、築き上げられていく。厳しい基準をクリアしたものだけが足を踏み入れる事の出来る花街。知られることのない色子の決まり事。色子を手に入れたい客と外に出て己の願望のために客を選ぶ色子。目には見えない駆け引きが、この場で行われていた。 再び出会う二人。けれど、静かに闇が近づいてくる。 【花街出資者の一族】一条寺 拓人×【欲望に振り回された色子】雪柳 翼 近未来日本を舞台とした話となっております。人の死、薬物の表現が出てきます。 女体化を匂わす表現も出てまいります。苦手な方は、気をつけてください。 ※「ムーンライトノベルズ」でも公開中
    文字数 98,802 最終更新日 2018.5.26 登録日 2018.4.14
  • 14
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 0
    花が散る、その夜に。 佐原花街─そこは欲に溺れた人間たちが集う街。ある軍人は女で遊び、ある商人は男娼に囲まれる。 そこで一際有名な陰間茶屋の看板美少年、千里(センリ)はただただ金のためだけに見知らぬ人と夜を共にしていた。そんな少年に本物の愛を届けようとするのは軍隊の将校である、丞(タスク)。身分の違うふたりはお互いに愛を貫けるのか。 *オメガバースの設定を組み込んでいます。作中でも説明は致しますが、本来の設定を知りたい方は是非調べてみてください。 *時代の異なる設定があるかもしれませんが、気にせず読み進めてください。
    文字数 13,261 最終更新日 2017.3.27 登録日 2017.2.17