1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 暗いの検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 暗い
R指定 R指定なし R15 R18
  • 121
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    厭世傲慢男と後輩くんの創作BL短編。セックスしても埋まらないものがある薄暗い小話です。季刊ヘキ【https://twitter.com/kikanHEKI】様主催のヘキライ第6回お題「メガネ」に投稿したお話でした。
    文字数 846 最終更新日 2020.9.13 登録日 2020.9.13
  • 122
    長編 完結 R18
    お気に入り : 16 24h.ポイント : 0
    暗い記憶が導く場所へ 14歳で逮捕された経験を持つイザヤは、出所後、日本にいるという祖父を訪ねた。だが、祖父の余命は残り幾ばくもなく、日本で祖父と暮らしていた、もう一人の孫、陶也と出会い、共に暮らす事になったが、陶也には特殊な能力があって……。 「助けようとしてくれる人の手をも、僕は撥ね除けてしまうのです」 誰にも癒されない孤独を抱えた二人が出会い、惹かれ合った時、彼らの進む道とはーー。 ※この物語はフィクションです。実際の人物、団体とは何ら関係ありません。法的な規定も実際のものと必ずしも一致するものではありません。 ※過度な暴力、虐待の描写は控えようと思いますが、苦手な方は閲覧をお控え下さい。
    文字数 194,820 最終更新日 2021.6.11 登録日 2020.6.28
  • 123
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    独特の世界観の作品を書くけどネガティブな小説家と、そのファンで編集者になった担当者のお話。担当者×小説家です。 小説家(受) 雲母坂 夢逢(きららざか ゆめあい) 独特の世界観の小説で今注目の小説家。ネガティブで、「死にたい」が口癖(ただし死にたくはない) 担当者(攻) 徳田 蓮(とくだ れん) 夢逢の作品のファン。そのせいで編集者になって担当にまでなった。 ラブあり、恋人ではない関係です。暗いお話ではないです。
    文字数 19,012 最終更新日 2020.7.2 登録日 2020.6.13
  • 124
    長編 完結 R18
    お気に入り : 38 24h.ポイント : 0
    外見異端児(アルビノ)x次男←長男・三男。 白髪赤瞳の貧乏人だった来は突然妾の子と判明し、街で有名な大地主の家に迎え入れられる。 三兄弟がすでにおり優しい次男に少しつつ惹かれるも、ある事件をきっかけに地下へ長い間閉じ込められてしまう。来の次男への想いは次第に憎しみと変化していき…。 次男を巡った深い執着と愛。その行く末は。 ※攻めが暴力を振るわれたり監禁される場面があります。ただし性的な要素はありません。 ※攻め視点で基本話が進みます。暗い展開が多いです。 完結はしていませんが、来の屋敷編までの掲載となります。続きはもしかしたら更新されるかもしれません。
    文字数 21,056 最終更新日 2020.5.11 登録日 2020.5.3
  • 125
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    晩餐のジェミニ 机上に並べられた皿。少年が食卓につくとき、いつも彼が一緒にいた――。ダークテイストの双子ものSS。
    文字数 1,028 最終更新日 2020.12.12 登録日 2020.12.12
  • 126
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    人類にとって天敵めいた『人外』に対抗するべく人類は進化を経た世界。 『人外』との混血として生まれ、『人外』に対抗するべく異能を経た人類、『茨』。 『人外』や『茨』を惹きつけ、庇護されることで生きる『花』。 そしてそれ以外の『常緑』。 『花』と『茨』と『常緑』によって成立する人の社会に身分を偽って溶け込む『人外』の男と、ふわふわと捉えどころのない『花』の男の薄暗い恋愛奇譚。 オメガバパロ。
    文字数 26,122 最終更新日 2020.3.30 登録日 2020.3.30
  • 127
    ショートショート 完結 なし
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    3人の幼馴染。 芽衣子(めいこ)、倫太郎(りんたろう)、莉久(りく) 莉久は幼馴染の倫太郎に片想いしていた。 でも芽衣子から「倫太郎はクリスマス前に好きな子に告白するらしい」と聞いて憂鬱になっていた。 そんなある夜。 月も見えない暗い夜道を3人で歩く。 突然倫太郎が言い出した言葉に……。 『月が綺麗ですね』 『私、死んでもいいわ』 ―――これは愛の言葉。
    文字数 3,580 最終更新日 2019.12.14 登録日 2019.12.14
  • 128
    ショートショート 連載中 なし
    お気に入り : 0 24h.ポイント : 0
    商家の旦那←貧乏絵師。薄暗い短編です。江戸時代中~後期をイメージしていますが、いまいち似非臭いです。
    文字数 2,072 最終更新日 2019.12.1 登録日 2019.12.1
  • 129
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    リフレイン・ストリート―もう一度、美しい愛を弾いて― 運命の輪は回ってあなたに巡り会う――ジャズ音楽BL。端正なサックス奏者×謎めいた微笑の青年ピアニストの孤独な生と愛。  注目され始めた28歳の青年ジャズピアニスト・高澤文彦。優しい物憂げな姿の奥に、人に見せない暗い心を抱えている。  恵まれない環境、厳しい人生ーー顔を上げ、微笑に変え、今夜もピアノを弾く。ジャズ仲間の竜野、セイとともに。  フェスの夜に、新進気鋭のサックス奏者・萩尾淳史と出会い、運命は回っていく。  天才、根なし草、色売り、様々な噂と嫉妬の中を、文彦は軽い微笑で通り過ぎていた。  しかし、端正な顔と冷たい眼をした淳史の、思いがけない魂に触れて、文彦は黒い過去を思い出していく。  交わることのないはずだった音楽の扉が、封印された過去の扉をひらく。  見守るように傍らにいる、武藤領一朗。彼が文彦の隣にいる理由とは?  文彦が手離せないリングは、誰からのものなのか?  貧困、崩壊した親、それゆえに文彦がたどった人生をめぐる。  絡まってもつれていく運命。紐解いて、ほどいて、そして必ず出会う。  愛は静謐なようでいて狂おしく、それでもなお、美しい。  大人のセンシティブストーリー。  自分史上、最も格好良い物語にできればと思います。
    文字数 236,042 最終更新日 2020.1.11 登録日 2019.10.24
  • 130
    長編 完結 R18
    お気に入り : 23 24h.ポイント : 0
    海辺のハティに鳳仙花 「さっさと降伏したらどうだ、海軍!」 「それはこっちの台詞だ、陸軍!」 大陸で戦禍の火種が燻る昭和六年八月、広島県呉港の近くにて。今宵も将来を約束されたエリート海軍大尉・瀧本零士と素行不良が原因で出世コースを外された陸軍大尉・尾坂仙が大喧嘩を繰り広げていた。周囲を呆れさせるほどの罵倒と殴り合いを続ける瀧本と尾坂だったが、しかしどういうわけか二人は喧嘩の最中に忽然と姿を消してしまうことでも有名だった。そんな彼らが乱闘現場から抜け出して向かう先は尾坂の下宿先。 実は喧嘩をしているその裏で、二人は密かに逢い引きを行っていたのだ。 瀧本が上陸するその日は、二人は尾坂の下宿先で激しい交接を行い夜を明かしていた。無論、これは誰にもバレてはいけない秘密である。 犬猿の仲で有名な二人が、態々危険を冒してまで逢い引きを繰り返す理由。それは名門華族の一族出身であり、恩賜組として輝かしい出世を約束されていたはずの尾坂が抱えた薄暗い過去に原因があり…… ・殴る蹴る系の暴力描写があります。 ・サブタイトルの後ろに「※」が付いているのがR18です。 ・作中である登場人物が多数の人間から暴行を受けていたことを示唆する描写や自i傷i行為を行っていた描写がありますが、作者はそれらを称賛する意図はありません。 ・また、舞台背景が1931年であるため、現代の価値観にそぐわない表現が散見されますが、作者にはそれらを肯定する意図もありません。 ・受けが過去に多数の人間と関係を結んでいた描写や、攻めが女性と関係を持っていた事を匂わす描写があります。 ・受けも攻めもどっちとも腹黒いです。ピュアな受けを求めている方はベッキ(後方)へお下がりください ・愛と憎しみだけはたっぷり込めました ※現在第二部を更新中 ※2019年10月24日にタイトルを『鳳仙花』から今のに変えました。 ※この話は2016年11月にpixivで公開した作品の加筆修正版になっております。 ※ふじょっしーさんとムーンライトノベルズさんの所にも転載してあります。
    文字数 437,113 最終更新日 2020.2.9 登録日 2019.10.21
  • 131
    短編 完結 R18
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    記したルーズリーフ 双子の弟が先生と……? 兄の朝冬と弟の真冬。 喧嘩することなく共に過ごしてきた二人は 一卵性の瓜ふたつの双子。 放課後、真冬を追いかけた先に 見た光景から狂い出す……。 ⚠暗いのが苦手な方はUターンして下さい ⚠念の為R18
    文字数 6,449 最終更新日 2021.3.5 登録日 2019.10.15
  • 132
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 29 24h.ポイント : 0
    卑屈気味平凡×いい人イケメン。オムニバス形式。短編をつなぎ合わせて進んでいくシリーズ物です。本編でのリバ描写はないものの、リバップル。 登場人物紹介。 広瀬 隆弘(ひろせ たかひろ) 身長172cm。24歳/平凡 見た目、暗いというより存在感が薄い。 趣味はジグソーパズルとパソコン。 彼女いない歴=年齢。ツンデレ 支倉 涼佳(はせくら すずか) 身長177cm。24歳/イケメン様。 もてもてだが世話焼きで男女分け隔て無く優しい。あまり恨みは買わない性格。デレデレ。 攻め気質だが隆弘に身体を開発されつつある
    文字数 60,677 最終更新日 2020.4.6 登録日 2019.7.9
  • 133
    長編 完結 R18
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 0
    真夜中の片隅で、ずっと君の声を探していた 孤独な仁木葉司は、同級生の快活な少年・小山田優に片思いをした。 過去の傷痕に孤独に苦しみ続ける、17歳の葉司にとっては、優の明るい笑顔は、密かな憧れ、心の支えだった。 だけど、ある日突然、優から声をかけられて―― 明るい優等生の優 × 過去を持つクール眼鏡の葉司の、青春の一途で一生懸命なピュアラブ。 葉司と、いとこの瑠奈の、暗い秘密。 明るく優等生だと思っていた優の隠された想い。 交錯して、孤独な心が触れ合い、そして変化が訪れる。 愛しくて、切なくて、時に臆病になりながら、ただ大切に愛することを追いかけていくストーリー。 純愛の、耽美で美しい世界へどうぞ。
    文字数 146,553 最終更新日 2019.6.26 登録日 2019.5.17
  • 134
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 1 24h.ポイント : 0
    こんにちはー! 十連休ですって( ºロº)なぁ〜んにも予定入ってないですけどね笑 今回はほぼ殴り書きです。 話暗いよ! 終わり方変だから頑張って完結まで書こうと思ってるけど、、、まあ、( · _ · )察して… なんでもOKでよろしくお願いしますm(*_ _)m
    文字数 5,034 最終更新日 2019.6.28 登録日 2019.4.28
  • 135
    短編 完結 R15
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    中学時代の冬に暗い過去を持つ、高校三年生の五乙女 優(さおとめ ゆう)と、その二つ下の後輩、一年生の月ヶ瀬 晴(つきがせ はる)の二人のちょっぴり複雑なBLラブストーリーです!少々過激な表現が多々あります。
    文字数 18,051 最終更新日 2019.6.16 登録日 2019.4.19
  • 136
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 0
    生徒会長兼寮長になった俺は教員から生徒まで信頼されたいた。 順風満帆だった日々はある日崩れ去る……。 「今日からあなたは、奴隷だ。」 俺の王様になったのは、春に入学して来たばかりの1年生!? 「バラされたくなければ、言うことを聞いてくださいね先輩♡」 握られた弱み…… 圭の暗い過去とは…… 毎朝出されるお題をクリアしなければ罰ゲーム…… 全ては手の中に、
    文字数 14,665 最終更新日 2021.2.19 登録日 2019.5.9
  • 137
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    奇病患者は綺麗に歌う ある街の郊外の大きな病院。 そこは、普通の患者ではない、 特定の患者だけが入院している病院だった。 そこに彼はいる。 そこで彼は歌うのだ___ 酷く綺麗な声で ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ BL作品です。 奇病患者とその担当医の話です。 シリアスや暗い場面があるので、苦手な方は注意してください。 ※占いツクールでも活動しているのですが、そこで私が書いている作品をのせているので、無断転載等ではありません。
    文字数 8,844 最終更新日 2018.10.20 登録日 2018.10.20
  • 138
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 7 24h.ポイント : 0
    将棋のプロを目指して修行中の主人公『天野 歩』は、ふとしたことから将棋界のスーパースター『名人 藤堂恭介』に見染められてしまう。 歩はどこまでも自由で強引な恭介の態度にとまどいながらも、自分を決して曲げることのない強さと、時折見せる憂いを帯びた表情に、次第に心惹かれていく。 少しづつ縮まる二人の距離…そんな中、恭介の誰も触れることのできない暗い過去が明らかになっていく…。 歩は恭介を逃れることのできない過去から救うことが出来るのか?二人の恋の行方は? 将棋を軸にした純愛BLです。将棋部分はわかりやすく書きますので、ご意見ありましたらどんどんお願いします。 ※性的描写の多い話にはタイトル前に☆印を入れます。
    文字数 28,322 最終更新日 2018.9.9 登録日 2018.6.23
  • 139
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    妻も仕事もカネも、持てるものすべてを失い、束の間の休息を求め瀬戸内の離島 鹿咲(かさき)島にやって来た志田(しだ)。島で出会った、比類なく美しく、飄々として掴みどころのない砂生(すなお)に心惹かれていくが、砂生には出生の秘密が暗い影を落としていた。兄である砂生に執着する龍希(たつき)、志田に島への移住を強く勧める親友の佐治(さじ)。様々な人間の思惑が入り乱れるなか、志田の運命は動いて行く。
    文字数 77,025 最終更新日 2018.1.6 登録日 2017.4.20
  • 140
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    ブログに掲載した短編です。
    文字数 1,620 最終更新日 2017.2.3 登録日 2017.2.3
  • 141
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    選んだ道 かつて栄華を極めた帝国「ザキラ」その中で帝国直属のエリート部隊「バグール」……その上の部隊は「バグール」の中で最高ランクである「K」や次に強いランクである「SS」を常に保持していた超エリート部隊「グロクス」……そしてそのグロクスのリーダーは日本人……外人でも日本人でも無い容姿を持ち、かつリーダーシップと抜群の戦闘能力を持っていた青年がいた……その青年の名は「朔夜(さくや)」……朔夜の強さと仲間への思いやりが「非道」と呼ばれたグロクスを変えてから随分と経ったある日……ある事がきっかけとなりグロクスの隊員は朔夜の闇を知る事となる…… 深き闇と胸の内に秘めた秘密が今暴かれる…… 人物紹介 朔夜(さくや) ザキラの超エリート部隊を仕切る若きリーダー 戦術は千を超え仲間への思いやりや強さでグロクスを変えた青年 美しいライトグリーンの瞳を持ちランクは常に「K」を保持 動かなくなった銀時計を肌身離さずに持っているが傷は一つもない 幸柞原 翔(ゆきみはら かける) グロクス初期メンバー 最初の方は朔夜に対しては普通だったが少しづつ憧れを抱く様になり今では信頼し慕っている 漸夜とは昔は犬猿の仲だったがとあるきっかけから今は仲良し 部下に信用されていて漸夜の事を何気に気にかけている 御代 漸夜(みしろ ぜんや) かつては敵国で「氷の処刑人」として恐れられていた青年 元々は敵国の部隊のリーダーだったが仲間の裏切りによりザキラで生き倒れていた所を朔夜に拾われる 暗い過去を持ち最初の頃は内気で朔夜としか話さず幸柞原とは犬猿の仲だった
    文字数 23,144 最終更新日 2016.7.11 登録日 2016.7.2
  • 142
    短編 完結 R18
    お気に入り : 14 24h.ポイント : 0
    驟雨(しゅうう) 時代物(江戸時代)18禁BL。怪談風。二人の美青年と二人の美少年の狂愛。 ーーーー 暗い堂内で、夏之丞と咲之助は睦みあった。暑い熱がお堂の中にこもっていった。時折、花火の光が明かり障子を昼のように明るくした。その度に浮かび上がる咲之助の姿に、夏之丞は夢か現か幻かと、無我夢中ですがりついた。 ーーーー 夏之丞は大店の若旦那咲之助との色恋沙汰で勘当され蟄居(ちっきょ)の身。孤児の藤松を預かり平穏な日々を送るかに見えたが、夏祭りの日に稚児の磯松を連れた咲之助に再会し四人は……。 ーーー (明かされていないことがいくつかあるので、そのうち修整したいです)
    文字数 3,818 最終更新日 2016.2.20 登録日 2016.2.20
  • 143
    短編 完結 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 0
    薄暗いBL
    文字数 4,284 最終更新日 2016.2.8 登録日 2016.2.8
  • 144
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 30 24h.ポイント : 0
    帝王の刻印 - 籠の鳥は空を見ない - 金融業を隠れ蓑にし、古くから、そこでは違法な性の取引が行われていた。 地下を根城に暗躍する組織、虎はその支配者であった。 幼い頃から闇に生きる事を余儀なくされた虎は、密かに外の世界への憧れを抱いていた。 地下から出られないわけではない。けれど、地上にいても心には暗い影がつきまとった。道化師のように自分を偽っても、どこか虚しさがよぎる時があることに、虎は気がついていた。 そんな虎の前に、坂崎と名乗る冴えない男が現れた。 坂崎は純粋で汚れを知らないように思えた。闇が光りを求めるように、虎は少しずつ坂崎に惹かれていった。 ++++++++++ 本編はシリアスですが番外編「帝王の失態」はくだけた感じの虎主体のお話で、「目隠しの輪舞曲」は本編に登場する男の子のお話です(^^) 続きも書けたらいいなと思います! よろしくお願い致します♪ ※商業作品と名前がかぶっていてわかりづらいかなと諸々変えたりしていたのですが、元に戻してあげ直しました。
    文字数 68,933 最終更新日 2020.11.30 登録日 2016.1.6