1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 卒業の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 卒業
R指定 R指定なし R15 R18
  • 211
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 11 24h.ポイント : 0
    宮地 悠介(みやじ ゆうすけ)24歳。 大学卒業後に就職した会社はブラック企業でパワハラの温床。 そこで疲弊し地元に帰ってきたいわゆる『都落ち』の青年である。 帰ってきて2ヶ月。 そろそろ職を探さなければと海辺で一人、憂鬱になっていた悠介の前に現れた男。 その男は『短期でも働きたいなら、ウチに来い』とアルバイト募集のチラシを手渡した。 そこは海産物の老舗。『鍵屋平太夫(かぎやへいだい)』 家族のすすめもあり、3ヶ月だけの短期バイトをすることになった―――。 そこは家族経営、社長とその奥さん(常務)と手伝いに里帰りしている娘、凛(りん) そして海で出会った美丈夫……息子の倫太郎(りんたろう)である。 豪快な社長、穏やかな常務。気が強いが明るく姉御肌な凛。 ぶっきらぼうで少し強引だが、優しさを感じさせる倫太郎。 年下の先輩バイトで自称兄貴キャラの傳里 蓮司(でんり れんじ) 更に、加工場のパワフルで親切なパートさん達……。 賑やかで明るい彼らに囲まれ、悠介は少しずつ人と人の関わりの温かみを見出していく。 同時に彼は、亮太朗の距離の近さにドギマギするようになって―――。 無愛想な美丈夫×ネガティブなブラック企業出身の青年(?) ……の実話を少し元にした(!)話。
    文字数 23,712 最終更新日 2019.12.20 登録日 2019.12.15
  • 212
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    愛が続くまで【BL】 三谷 隼也(みたに しゅんや)は大学を卒業して一流企業に就職。そこで高校時代の先輩、尾河 祐(おがわ ゆう)と再会。いつも可愛がってくれていた先輩と再会なんて誰もが喜ぶこと。だが隼也は一つ隠していることがある。それは彼が先輩に片想いしていたこと...。思い出にしようと必死だったこの数年の努力が... エロカワ主人公とS系男子のBLをここに。 ⚠︎全て作者の妄想です。フィクションフィクション。 ★本作品は縦読みをお勧めします★
    文字数 8,681 最終更新日 2021.9.21 登録日 2019.11.28
  • 213
    長編 完結 R18
    お気に入り : 160 24h.ポイント : 0
    翡翠堂の店主  大学を卒業したばかりの、花田未知(はなだみち)が選んだのは、亡くなった祖父の遺産である、古書店「翡翠堂」を継ぐことだった。 全く客のこないその古書店に、ある時から樺山将典が(かばやままさのり)が通い始めた。 しばらくして、話をする仲になった未知に、将典は自分の目的は、本ではなく未知だと告げてくる。 多分に性的な目的で見ていると言い出した将典に、未知は・・・。
    文字数 126,935 最終更新日 2019.10.30 登録日 2019.10.4
  • 214
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 0
    『これは運命か、それとも偶然か』 世界には三種類の人間がいる。 魔法使いか、騎士か。それともただの人間か。 魔法使いと騎士の集まる学校に通うレオは、国に故郷を破壊された過去を隠しながら生きている。 しかし、そんなレオが惹かれていたのは、倒すべき相手の息子。 レオはこの想いごと秘密のまま学院を卒業しようとしていたが……? ◇*▲◯★♡
    文字数 20,830 最終更新日 2019.7.1 登録日 2019.5.7
  • 215
    長編 完結 R18
    お気に入り : 74 24h.ポイント : 0
    商店街の稲荷神社に奉職しました 神主になって2年目の中芝は、宮司の娘にホテルに誘われて断ったところ、腹いせにセクハラの濡れ衣を着せられて神社を首になってしまった。 その後、無事に商店街にある稲荷神社に再就職することができた中芝は、優しい老宮司の元で穏やかな日々を過ごす。 そんなある日、稲荷神社に宮司の親戚の大学生が神主の仕事を体験しにくることになって……? ◆中芝 拓也(なかしば たくや)……神主。24才。受け。本作の主人公。おとなしそうな顔立ちのイケメン。真面目で参拝者にも丁寧に接するので評判がいい。 ◆佐々木 倫通(ささき のりみち)……稲荷神社宮司。68才。つり目なのに優しい顔のおじいさん。 ◆佐々木 倫之(ささき のりゆき)……宮司の兄の孫にあたる大学生。20才。卒業後、神主になって宮司の後を継ぐという話が出ており、神社の仕事を体験しにくることになった。歌舞伎役者風のつり目のイケメンだが、性格は真面目。 ◆お仕事BL、現代ファンタジー。『俺とタロと小さな家』のスピンオフになりますが、この話だけでもお読みいただけます。 攻めの過去に地雷要素あり(タグ参照)。 ☆★は性描写あり。本編完結済み。番外編を不定期に投稿予定。重複投稿。 表紙イラストお借りしました。 フリー素材【とおりゃんせ】 | kotokoto [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=39399374
    文字数 83,356 最終更新日 2019.2.22 登録日 2019.1.3
  • 216
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 9 24h.ポイント : 0
    土壇場の恋・あなたならどうする?《出逢い&発展編》 広域指定暴力団の跡取り候補・手嶌竜二は、とある日の仕事帰りとんでもない拾い物……というか、車のボンネットの上に落っこちてきた人間を何の不信も抱かず自分のマンションへ連れて帰った。 これは若輩ながらも数千の組員を率いる組織の若獅子と、将来に希望を失くし自殺未遂を企てたヘタレなおかん男子との恋物語。 【核となる登場人物】  ・成瀬 真守(なるせ まもる)     主人公。   17才、本来なら高校3年生。   両親とは10才の時、死別。   以後母の妹にあたる叔母の家で暮らしていたが、   中学卒業を契機に1人立ちを決意。   中卒で働き始めるが様々なアクシデントが   前進を阻む。   やがて精神的にも肉体的にも限界がきて最悪な方法を   辿ろうとするが……。        ・竜二 竜二(てしま りゅうじ)29才            父親が広域指定暴力団・竜二組の4代目組長。      竜二自身は高校時代より”行儀見習”という名目で   筆頭二次団体”煌竜会”に籍を置き。   大学で卒業が確定した年からフロント企業の   経営にも携わっている。   ひょんな事から知り合った真守に興味を持ち、   自宅に居候させる物好き。   
    文字数 13,777 最終更新日 2019.2.23 登録日 2018.12.29
  • 217
    長編 完結 なし
    お気に入り : 28 24h.ポイント : 0
    尽くしたいさくらと甘やかすおっさん 「契約は結ばれました。マスター何なりとご命令下さいませ」  俺、中村 圭、現在32才独身。本来なら一人寂しく誕生日を迎えるはずが、今は喪服に身を包み実家へと帰ってきていた。  突然の悲報、高校卒業以来あっていなかった親父が死んだ。  親父の葬儀が終わり遺品整理の為、山積のまま埃を被っていた書庫の片付けをしていた。  そこで偶々手に取った一冊の本、表紙にも何も刻印されていないのが気になって中を開くと現れた一人の青年。  夢でも幻でも白昼夢でもなく、目の前に突然現れたのだ。  尽くしたがりの本の精霊と一人でなんでもこなしてしまうおっさんのラブコメディ。  なんだかんだで甘々な二人の日常、そして、二人が迎える結末...  微笑ましさと、ときめきと、最後にじんわりくるストリーをどうぞお楽しみくださいませ!! *11月より投票開始の第6回BL小説大賞にエントリーしました!!
    文字数 33,281 最終更新日 2018.10.27 登録日 2018.10.22
  • 218
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 4 24h.ポイント : 0
    キックオフ R-18/同級生/プロサッカー選手/花屋店員/ノンケ健気攻/ゲイ純粋受/etc. 【サッカー選手×花屋店員】 ガーデニングが好きな宅福 史壱(ヤカネ フミイチ)は、高校時代からの彼氏が、友人である遠藤 修斗(エンドウ シュウト)への当て付けで自分と付き合っていたことを知り、大学の時に彼と別れる。それを機に、修斗とは距離を置き、連絡も一切取らなかった。 高校の時から史壱に好きだと迫っていた修斗は高校を卒業してプロのサッカー選手になり、二年前から外国の有名チームと契約をしており、日本には殆どいない。史壱は修斗と会うこともないだろうと安心していたのだが、その矢先、正社員として勤める花屋に修斗が訪れ、止まっていた二人の時間は大きく動き出すのだった。 *不定期更新。 性描写があります故、高校生含む18歳未満の方は、自己責任に於いて判断をお願い致します。 当方では、如何なる不利益を被られましても責任が取れませんので、予めご理解下さいませ。 タイトル横に*印がある頁は性的描写を含みますので、お気を付け下さい。 此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。 また、作者は専門家ではありませんので、間違った解釈等あるかと思います。 「性教育はコッソリと」スピンオフ作品となります。 一部連動することもあり、ネタバレなど含まれる可能性もあります。 以上のことご理解頂けたらと思います。
    文字数 9,824 最終更新日 2019.5.31 登録日 2018.7.8
  • 219
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 12 24h.ポイント : 0
    友人の蓮が合コンに誘われた。 でも、蓮は人見知りの為断ってしまった。 「なんでお前断ったんだよー」 俺は軽きで言う 「だって!俺・・・人見知りだから、初対面は苦手なんだよ・・・」 少し怒り気味で話す 「まー卒業したいよなー童貞」 何気なく呟く 「まぁ、事実だけど・・・」 暫くして、蓮の家に向かい 蓮がお茶を入れに行った途端に 蓮の部屋であるものを見つける。 「これって・・・」 見つけたのは少し大きめのディルドだった。 そのタイミングで部屋に戻ってきた蓮は顔を赤くすると、それを俺から取り上げる。 「なぁ、それって・・・」 と言うと 「だったら何、気持ち悪いなら気持ち悪いって言えばいいじゃん・・・」 ディルドを隠す 「いや、気持ち悪いとかそんなンないけど・・・それ、1回使ってみてよ・・・俺の目の前で」 なんて口挟んでしまった。 「柚の目の前で?!」 恥ずかしがる蓮の前で 「お願い!」 強く頼んでみると 「待って・・・じゃあ、準備してくる・・・」 数分待つと、JKの制服を着た蓮が立っていた。 なかなか似合っており、少しドキッとした。 「似合ってんじゃん・・・」 つい、言ってしまう 「一応男だから・・・」 蓮は脚を広げ、穴にディルドを入れ、電源をつける (ブルブル・・・ブルブル・・・) となる振動に蓮は声を上げる 「んっ・・・はぁ・・・はぁん!」 蓮の声に欲情した俺は 蓮を押し倒し、ディルドを更に強くする。 「ちょっ!柚っ!」 いきなり強くなったディルドに気持ちよくなり、逝ってしまう 「結構逝ったね・・・」 柚は自分のアソコを蓮の中に入れる 「はぁん!はぁ・・・ゆ、柚!」 蓮は大きく喘ぐ 「やばい、蓮の中・・・凄い気持ちい・・・このまま、逝く・・・!」 蓮と一緒に逝ってしまう・・・ そして深い関係になった2人は後に大きく関係を深めていくのであった。
    文字数 5,213 最終更新日 2017.12.24 登録日 2017.12.11
  • 220
    ショートショート 連載中 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    卒業式の告白  男に告白された。  青木(あおき)と一柳(いちやなぎ)は、三年間ずっと友達だった。なのに、卒業式のその日、思いもよらない告白を受けてしまう。  ないだろ。ない、ない。ありえない。  青木の言葉に驚いた一柳は、とにかく青木を思い止まらせようとする。  高校を卒業する日の、わずかな時間の物語です。 「恋」「愛」「好き」という言葉を使わずに、恋愛ものを書いてみました。今回は、ちゃんとショートショートになっています……よね?     蒼生よる(あおいよる)
    文字数 8,635 最終更新日 2017.11.10 登録日 2017.11.10
  • 221
    長編 完結 R18
    お気に入り : 8 24h.ポイント : 0
    僕の初めてのドレスとつけまつ毛 航平は子供の時から性格も体つきも女の子っぽく、髪を長く伸ばして着ている服も中性的で女性の服もよく着ていた。彼の憧れは19世紀の男性の服。フリルがついてて首に大きなリボンを結んで、少年達はセーラーカラーを着ていた。 航平はイラストレーターだったが、あまりのギャラの安さにあきれ、画家になる決心をする。 イラストを描いていたファッション雑誌の編集長、橋田に女装バーに連れて行かれ、知らないうちにそこで働くことになる。実は橋田はママに深い愛を感じている。従業員はママとプロのメイクアップアーティストでもあるレナ。ママはココ・シャネル、レナはデートリッヒ風のスタイルが得意。 航平は次々と新しい体験をしていく。レナに毎夜違うメイクをしてもらう。初めてのドレス、つけまつ毛、ブラジャー。女性の服装をするといつものシャイな性格が変わり、客達とも普通に話しができる。純粋な航平の人柄に魅了された美大の教授、伊純(いずみ)、漫画家でレナの彼氏の、黒澤、ブティックの店長、陸渡(りくと)などと交友を深めていく。 航平には中学生の時出会った聖詩(きよし)という彼がいる。中学の卒業式に告白され付き合うことになるが、科学の天才である聖詩は高校へは行かず政府のシンクタンクに入れられ、古代の海ができた頃の深海の研究をしていて、今はNASAとも取引のあるような有能な地質学者となっている。 航平は聖詩の本の間から聖詩の書いた悪戯書きのような数式や図形を見付け、それらの持つビジュアル的な魅力に気付き、絵を描いてそれを張り付けるというアイディアに夢中になる。彼はゴミ箱の中などからメモを集める。聖詩には内緒で。 聖詩には統合失調症という病があり次第に航平に対する嫉妬に悩むようになる。今まで可愛がって自分が守ってきたシャイで泣き虫の航平が、急にしっかりして綺麗になって客からチヤホヤされ、自分から離れて行く。統合失調症の症状である「嫉妬妄想」に憑りつかれ、ある夜黒いドレス姿で帰って来た航平の首を絞めてしまう。彼は意識を失っただけだったが、ふたりは別居することになる。 航平は伊純教授に「君の絵に聖詩の数式はいらない。もう彼から独立してるんだから。」と言われ、航平は自分だけの絵を描き始める。そして聖詩に「俺が変わったなら聖詩も変わらないと。」と告げる。聖詩は「また一緒に暮らそう。もう俺は君を籠の中に閉じ込めたりしないから。」
    文字数 60,053 最終更新日 2017.10.30 登録日 2017.10.30
  • 222
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    がっこうのせんせい 数学教師である山田勝正(ヤマダカツマサ)は、ある年の春に山間部にある小さな高校、天ヶ原高校に赴任した。そこには高校時代の同級生、須藤明(スドウアキラ)の姿があったのたが、勝正は高校の卒業式のとき、明から告白されたことを思い出して―――? 止まっていた青春の針が、今動き出す。
    文字数 8,893 最終更新日 2017.11.2 登録日 2017.10.3
  • 223
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 6 24h.ポイント : 0
    迷子猫(2) 卒業後、二人で暮らし始めた海斗とミケ。仕事にもようやく慣れてきたものの、すれ違うことも増え…。迷子猫の社会人編 。
    文字数 41,307 最終更新日 2018.3.31 登録日 2017.7.18
  • 224
    ショートショート 連載中 R18
    お気に入り : 72 24h.ポイント : 0
    ORCHID-オーキッド- <R18>好きな人の部屋で、好きな人の親友と寝た。 篤也への想いを引きずったまま高校、大学を卒業。 社会人1年目の春、新人歓迎会の夜に営業の一条と一夜を過ごすことになる。 (蘭視点、日記形式。) Twitter@deep2_ash
    文字数 48,642 最終更新日 2021.8.1 登録日 2018.1.15
  • 225
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 5 24h.ポイント : 0
    学生時代同性と付き合っていた主人公、卒業式の日に今まで付き合っていたのは罰ゲームだと告げられる。 主人公は心に傷を負い、恋愛ができなくなった。 そんな日から10年、今まで不思議なほど一度もなかった同窓会が開かれる。そこで主人公は自分をフッた彼に会う。 心がまた傷をえぐり返す主人公、それとは裏腹に10年前に消え去った2人の心が、繋がり始める。
    文字数 968 最終更新日 2017.3.25 登録日 2017.3.25
  • 226
    短編 完結 なし
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
     大学院を卒業し、ごく普通の会社に就職した私は、今年も独りクリスマスを仕事に費やした。  実家に戻れば婚活の話題、周囲にはクリスマスに甘い時間を過ごす人もいる。私だって好きで独り身を貫きたいわけじゃない。  そんな不満を抱えながら家路を急ぐ私は、大学卒業と共にめったに会わなくなった親友と再会した。  自分も一人だという彼と共に駅への道を進みながら、私は自分でも気がつかないままに新たな分岐路へ足を踏み入れていた。  彼と私が積みあげてきた、友情と言うには進み過ぎ、恋と言うには幼すぎる関係に、新たな名前をつける分岐路へと。
    文字数 11,605 最終更新日 2017.3.12 登録日 2017.3.12
  • 227
    長編 完結 R18
    お気に入り : 38 24h.ポイント : 0
    俺様ボスと私の恋物語 海外編 めでたく恋人となった博人と友明。 だけど、なにやらありそうな予感が……。 この第2部の舞台は世界!! 大学卒業後の就職先は、実家がある福岡。 契約スタッフとして福岡に5年間働いてた、友明。 次なるオファー地はシンガポール。 そこで、恋人の博人と再会するが、博人が友明に自分の正体を教えては友明を悩ましてしまい…。 シンガポールでの契約も切れる間近、ある事件に巻き込まれ医師としての道を歩むかどうかの瀬戸際になってしまう。 契約も切れた後、友明は1人で旅行しようとする母に付いて行った先は、オーストラリア。そして、オーストラリアで住むことを決意した。
    文字数 51,180 最終更新日 2017.2.4 登録日 2016.12.30