1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 異端の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 異端
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 190 24h.ポイント : 1,430
    魔女(男)さんとこねこ(虎)たんの日々。 女性しか生まれないはずの魔女の一族で、男性として生まれてしまった異端のアデーラ。 アデーラが拾った子猫の獣人は、アデーラに言う。 「まっま、すち!」 子猫の獣人は実は虎で、獣人の国の皇子だった。 ママ大好きな子猫(虎)のレオシュと、ママになってしまった男の魔女アデーラのほのぼの日常物語。 ※R18は子どもが育ってからになるのでゆっくりです。 ※ムーンライトノベルズ様にも投稿しています。
    文字数 407,770 最終更新日 2022.5.18 登録日 2022.1.29
  • 2
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 3,885 24h.ポイント : 383
    剣と魔法の世界で異端扱いされてきた科学者お兄ちゃん×この世界で唯一科学を理解できる異世界転生者弟! 皇子様からそこら辺の農夫までほとんど攻略可能のオープンワールドBLゲー『黄昏の刻を歩んで』に転生した僕。僕は何を隠そうそのゲームで行商人プレイを何より愛する行商依存症だった。第五皇子という身分にありながら行商人になることを目指す僕は誰からも煙たがられ疎まれている悪逆皇子に媚びを売ることにし――――悪逆マッドサイエンティスト皇子と行商依存症ショタの最強コンビが誕生することになった! ※第二部は5/1より更新開始です。
    文字数 202,223 最終更新日 2021.9.4 登録日 2021.1.8
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 19 24h.ポイント : 120
    花の嵐 鬼塚組組長鬼塚心とその恋人、吉良静。紆余曲折合って一緒に居る事を選んだ二人だったが、心に忍び寄る黒い影。 敵か味方か…。極道戦争幕開けの予感に心は…? 花となれ続編 【登場人物紹介】 鬼塚 心 Shin Onizuka 鬼塚組六代目組長。株式会社イースフロント代表取締役。 Height:185/Weight:72/Age:21/B.D:March 3th 吉良 静 Shizuka Kira 多額の借金を抱える大学生。 Height:173/Weight:54/Age:23/B.D:May 12th 相馬 北斗 Hokuto Souma 鬼塚組若頭。株式会社イースフロント副社長。 Height:182/Weight:68/Age:28 佐野 彪鷹 Ayataka Sano 鬼塚組若頭。心を育てた養父。 Height:181/Weight:72/Age:?? 崎山 雅 Miyabi Sakiyama 仁流会鬼塚組 舎弟頭。若頭の相馬の側近。 株式会社イースフロント副社長秘書兼総務総括長兼秘書室室長(G.A.D OP division) Height:175/Weight:53/Age:32 成田 久志 Hisashi Narita 仁流会鬼塚組 舎弟NO.2。メカニック担当。 Height:180/Weight:65/Age:32 雨宮 或人 Aruto Amamiya 仁流会裏鬼頭組に所属。静の護衛。 Height:183/Weight:75/Age:? 佐野 鷹千穗Takachiho Sano 仁流会裏鬼塚組に所属。異端児。 Height:176/Weight:57/Age:?? 鬼頭 眞澄 Masumi Kitou 仁流会鬼頭組若頭。心とは従兄弟。 御園 斎門 Saimon Misono 仁流会鬼頭組若頭付。実家は伝統のある寺院。
    文字数 88,619 最終更新日 2022.5.15 登録日 2022.2.7
  • 4
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 120 24h.ポイント : 78
    気付けば知らない場所にいた。この世界では自分は異端だった。生きていくためになんとかしなければいけない。異世界に飛ばされてしまった少年が生きていくために辛い目に合う話です。 こちらは他サイトにも掲載しています。
    文字数 85,842 最終更新日 2021.10.18 登録日 2021.7.10
  • 5
    長編 完結 R18
    お気に入り : 184 24h.ポイント : 49
    泉界のアリア【昔語り】~御子は冥王に淫らに愛される~ 冥界が舞台のダークファンタジーBL。 父王と王子のシリアスな近親ものです。 こちらは王子の少年期~本編の前までを描いた『泉界のアリア』の過去編(外伝)です。 作中時系列はこちらが先になります。 ※番外編とした書いたものなので、やや唐突に物語が始まりますがこちらからもお読みいただけます。 (世界観の詳細は『泉界のアリア(本編)』にあります) ――――― ~ことのはじまり~  かつて、異端とみなされ天上界からただひとり黄泉に堕とされた闇の神(のちの冥王)。  同族のいない地底世界で千年ものあいだ孤独に打ちひしがれていた彼は、あるとき天から降りてきたひとりの女神の献身的な愛により我が子ナシェルを得るのだが、女神は闇の瘴気に冒されて、ほどなく消滅してしまった。  愛する女神を喪い、ふたたび味わう孤独と絶望は、冥王をナシェルへの“異常な愛と執着”に奔らせたのだった。  孤独な冥王の元に遺された“唯一の同属神”として、ナシェルは美しく淫らに成長してゆく。  しかし成熟とともに、次第に王の庇護と束縛に抗いはじめて……? ――――― 本編第一部(成神編)よりも500年ぐらい前からスタートします。 四本の短・中編で構成されています。 執筆時期はバラバラですが、一連の流れが分かるよう主人公の成長順(少年期~青年期まで)に並べました。 最初は健気ショタ受けから始まります。シリアスで無理やり多めです。 メインカプはもちろんですが乳兄弟(魔族)との関係にも焦点を当てています。 ※※第四章のラストに諸事情でNL表現があります。本編につながる転機となる重要な話ですので掲載しています。第四章は単なる父子ものではありませんので男女の絡みが苦手な方は注意してください。 なお、この過去編の結末が『本編』の冒頭の状況へと繋がっております。こちらの作品のみでは父子の物語は『完結』しませんのでご注意ください。 表紙画:syuka様
    文字数 123,114 最終更新日 2020.10.4 登録日 2020.8.29
  • 6
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 82 24h.ポイント : 28
    ある日、人間ではなくなり不老不死となってしまった神条天。120年もの間政府の殺し屋として生きていたが上から一般社会を知るためにも高校生として生活をしろと命令を下される。 ーーー高校へ向かうとなんとそこはヤンキー高校だった…  魔法などが使える自分を異端だと思い人と関わらないようにしていたが… ※初めてなのでどうか広い心で読んでほしいです。 ※ノリと勢いで書いてます。 ※少しR18あります。
    文字数 32,256 最終更新日 2022.3.11 登録日 2021.8.20
  • 7
    長編 完結 R18
    お気に入り : 40 24h.ポイント : 21
    たゆたう青炎 異端な僕はどこに向かえばいいーー。 人狼が出てくる話です。独自の人狼設定あり。 美麗な表紙は、愛枝けい様に描いて頂きました🙏✨
    文字数 119,043 最終更新日 2020.12.17 登録日 2020.10.7
  • 8
    長編 連載中 R15
    お気に入り : 36 24h.ポイント : 21
    【異端ノ魔導師と血ノ奴隷】 Twitter > https://twitter.com/Fesqa_s 作品HP > https://xxxmasachika.wixsite.com/inochi こちらにイラスト、世界観設定、キャラクター設定、創作状況報告用ブログなどまとめています。 ◇5/5 第六章◆精霊王ノ瞳~Ⅰ更新しました(*˘ω˘*)  ――― あらゆる想いの境地に至る人の心に穴が開く。   霧ノ病と呼ばれるその症状は、人々を魔物(キメラ)と化していった。 ◆長編です。 ◆錬金術、召喚にまつわるハイファンタジーです。 ◆主人公は♂3名。魔導師、執事、少年。誰と決まってはおりません。 ◆BL要素有り。 ◆PCでの個人的推奨文字サイズ [小] ◆1000字~3000字の刻み更新になる場合、章を変えず続きを足したうえ、  更新日を記入しUPしています。ご了承下さいませ。 ◆つまり! 更新方法の都合上、最新話にはさんだはずのしおりは消えます... ◆当作者は途轍もない読書下手です。  なぜか幼い頃より縦書きの文章を右から読むのという事が苦手。  改行ごとの単語の途切れ、言葉の途切れ、文章の途切れが無性に気になってストレス。  改行先を目で追う時に行を間違えやすいおバカなもので、それもストレス。  基本に倣った文章創作は向いていない人間です。  それでも書くには、自分がストレスなく読める構成にする必要があったため。  段落の変わりに行間を使用する。改行に伴う単語や言葉、文章の断切防止の強制改行。  想像を害されないように句点を配置するなどしております。  読んでやろうという方は、何卒ご了承を。
    文字数 432,262 最終更新日 2022.5.5 登録日 2018.10.5
  • 9
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 67 24h.ポイント : 14
    異端の巫子 (武官×巫子 巫子総受)   エヌが巫子として魔導の国の辺境小国に生まれて十数年。巫子でありながらできるのはダウンジングと石の声を聞くことだけ。しかも今まで一度として水脈も鉱脈も見つけられず、出来たことといえば簡単な失せ物探し。役立たず、穀潰しの巫子と蔑まれながらひっそりと生きてきた。エヌの持つ知識を偶然盟主国の王子アルテアに知られてしまい、国に技師を派遣するのと交換に身柄を盟主国へ移されてしまう。巫子の護衛として部族の第二王子ファルカが同道すると言い出して…。
    文字数 184,476 最終更新日 2022.2.27 登録日 2021.4.25
  • 10
    長編 完結 R18
    お気に入り : 38 24h.ポイント : 7
    外見異端児(アルビノ)x次男←長男・三男。 白髪赤瞳の貧乏人だった来は突然妾の子と判明し、街で有名な大地主の家に迎え入れられる。 三兄弟がすでにおり優しい次男に少しつつ惹かれるも、ある事件をきっかけに地下へ長い間閉じ込められてしまう。来の次男への想いは次第に憎しみと変化していき…。 次男を巡った深い執着と愛。その行く末は。 ※攻めが暴力を振るわれたり監禁される場面があります。ただし性的な要素はありません。 ※攻め視点で基本話が進みます。暗い展開が多いです。 完結はしていませんが、来の屋敷編までの掲載となります。続きはもしかしたら更新されるかもしれません。
    文字数 21,056 最終更新日 2020.5.11 登録日 2020.5.3
  • 11
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 7
    美しい銀色の髪 輝くアイスブルーの瞳 家事は勿論仕事も完璧にこなしてきた青年 自らに課せられた運命に従い剣を取った 全ては亡くした愛する人の愛した世界を守るため しかし世界は彼を「異端」と呼び 彼は幽閉された 「旧人類」 それが彼が最後に言われた言葉だった 何故?世界の為に命を賭けてきたのに? どうして?愛した人の愛した世界を護ったのに? なんで?今までずっと血を流しながら戦ってきたのに? 彼が解放された時 彼の瞳は何も写さず美しかったはずの髪も瞳も黒ずんでいた 声を発さずとも呼吸音だけで話すことの出来る青年 新しい世界では受け入れにくい特徴……… 何らかの理由がある者にしか話せないその言葉……… だが彼にとってそれが唯一相手を見なくて良い会話方法でもあった……… 〜人物紹介〜 篠崎 哉翔(しのざき かなと) 「旧人類」と呼ばれる人世界前の青年 新しい世界でも順応可能 特殊な方法を用いて声を発さずとも会話が可能 基本声は出さない 人間不信 身体にはいくつかの傷跡がある シュルーズ・キリューク 人々から「博士」と呼ばれている女性 「旧人類」の言葉がわかる 哉翔からは「シュー」と呼ばれている 新しい世界の人間 旧人類を研究していて哉翔の特殊な言葉は話せない 綾崎 大稀(あやさき だいき) 旧人類の青年 哉翔の居場所は知っていたが力が足りずシュルーズに助けを求めた人物 哉翔の古くからの親友でオッドアイ 哉翔が絶対的な信頼を置いている唯一の存在でもある 大城 朔夜(おおしろ さくや) 旧人類の青年 哉翔が愛した人物 戦争で亡くなったが転生し旧人類の枠でギリギリ新しい世界を迎えた 哉翔を探していて情報屋とよく情報交換をしている 大稀関係で再会する 綾城原 龍騎(あやぎはら りゅうき) 旧人類の哉翔の幼馴染 戦争の生き残りだが左腕と右目を失った 哉翔の救出にはハッキング等で貢献した スナイパーだったが今は若き兵達を育てている 哉翔と研究所で再会を果たす 人間不信に陥った青年は誰とも言葉を交わさない………否 旧人類の言葉を理解しようとする者としか話そうとしない……… 哉翔がいる状態での『』←は特殊な方法を用いて話しています 恋愛要素あり
    文字数 8,754 最終更新日 2019.6.2 登録日 2019.5.28
  • 12
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 2 24h.ポイント : 7
    冒涜者 全年齢対象/訳有り/年下攻/年上受/人格障害/etc. 【異端児×聖職者】 とある国のとある街。 其処はキリスト教徒が大半を占める所だった。 その国の人間は、金髪に碧眼で産まれてくるのが常であったが、亜細亜の血を引く彼だけは違った。 黒い髪に黒い目。 そして、性格に異常性が認められた。 悪魔のようなその子供は、毎日自分が消えることを願い、自分の異常性が爆発することを畏れながら、毎日を過ごしていた。 彼には解っていたのだ。 この世界に、異端児は必要ないと。 そうして、ある日。 悪魔の子は、神父見習いの優しさに触れてしまう―― *不定期更新。 年齢制限が入るような性描写はありません。 全てに於いて、作者の妄想によって成り立っております。 現実のものとは一切の関係も御座いません。 また、作中での精神病の描写は、作者の経験したことが色濃く反映されており、実際の病状とは違う可能性もあることをご理解下さい。 専門家ではないため、他にも解釈が異なる箇所があるかと思います。 以上のことご理解頂けたらと思います。
    文字数 51,948 最終更新日 2019.6.12 登録日 2018.7.9
  • 13
    短編 連載中 R15
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 0
    レンを食べたいキエナ様と キエナに恋してるレン 【聖職者×異端者】特殊設定BL。 激しく憎んで愛し合いたい 誰にも許されなくてもいい
    文字数 6,380 最終更新日 2022.3.4 登録日 2022.2.23
  • 14
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 18 24h.ポイント : 0
    白い花が咲く丘で 責務と己の弱さに苦悩する頑張り屋の第二王子兼騎士 × 気ままにお供の馬と旅をする異端児の魔法使い 出会うはずはなかったまったく違う二人 生まれの重責と勇ましくも迷い悩む青年と 故郷を捨て自由という鎖に繋がれたまま生きる魔法使い 運命という呪いから二人はどう生きるのか +不慣れでして誤字脱字誤用あったらごめんなさい。深夜テンションで書いたのでお許しを よく修正するのでごめんなさい
    文字数 218,302 最終更新日 2022.5.8 登録日 2021.8.11
  • 15
    短編 完結 R18
    お気に入り : 15 24h.ポイント : 0
    【♂が書いたBL短編】 遼平くんの前では♂・・・ときどき♀♥  ♂が書いたBLってどういうものになるのか・・・という実験的な小説(全十二話)  試作0号機、プロトタイプという要素が強いので、「ストーリー?・・・なんですかそれ?美味しいの?」・・・状態!  やっぱりですねぇ、♂も「美少年」が好きなのです。  他の私の落書きをご覧頂ければ一目瞭然ですが、個人的には「少年と熟女」というテーマを一貫して追求しております。  しかし、「少年と熟女」というのは、実は半分「少年趣味」を内包しているテーマとも言えます。  また、流行り(?)の「男の娘」というのも、実は少年フェチのバリエーションと言えば言えなくもない気がします・・・・。  ・・・・そんなワケで「BL」というジャンルを手探りで書き始めたのですが、書いていて、ふとあることに気が付きました!  ♂が書くBLというのは、イロイロと「即物的」になってしまうのです!  BL小説独特の「耽美感」が希薄なのです!  これは、♂の特性であり、ある意味仕方のない部分でもある気がします、なんと言っても♂の「官能」は「◯◯で始まり、◯◯で終わる」・・・シンプルでメカニカルなものなのです!(伏せ字だらけでワカランやんけ!)  ※このあたりは、「燃えよドラゴンズ」「ひらけチューリップ」「タイムボカンシリーズ」等で有名なシンガーソングライター、山本正之氏の超危険作「愛の◯リータ」(「ななこSOS」のイメージソング)でも、極めて寓意的に指摘されている点でもあります(この歌・・・スゴすぎる(笑)人前で絶対聴けねぇ!)  要は、「ぴゅ~っ!ってしちゃうことが唯一、かつ至高の目的」である♂の悲しい性といえましょう!  ・・・・まあ、女性がこの落書きを読んでくださって、一体どういう風に感じるのか?  実はそれが、スゴく興味がある部分でもあります(ご感想頂けると嬉しいです)。  (逆に女性が書いた男性向け官能小説というのも相当面白いと思います、おそらく♂には思いもつかない素敵な表現や視点が飛び出すのではないでしょうか!)  ♀と♂は別の生き物!感性も特性も違うから多様性とドラマが生まれる!・・・性別があるからこそ世の中、素敵で面白いのです。  ♂が書いた異端のBL小説・・・・「見世物小屋」気分でご覧ください。
    文字数 31,278 最終更新日 2021.3.26 登録日 2021.3.6
  • 16
    短編 連載中 なし
    お気に入り : 26 24h.ポイント : 0
    俺は、褐色の肌に、月光に輝く銀色の髪。瞳は黄金と、とても珍しい色合いをしている。珍しいというか、そう言う人間はこの国には、皆無だ。この周辺の国々は白い肌を美点としており、美しい者は男も女も白く透き通った肌が第一とされている。異端な俺を受け入れてくれる人などいるのだろうか?その上、魔法まで使える俺。本当の姿を見ても驚かないで欲しい。願うのはただそれだけ……
    文字数 13,448 最終更新日 2021.10.11 登録日 2021.8.11
  • 17
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 23 24h.ポイント : 0
     アメリカの貿易会社の御曹司ジョシュア・ヴェネットのあだ名は『異端児(マーベリック)』 未来を見据えた柔軟な思考のせいか? 反抗的な性格のせいか? 彼が愛人の子であるからか? 愛人の子であるが故に孤独な幼少期を過ごしたジョシュア。しかし、唯一彼のそばにいたオリバー・ダグラスだけは異端児のジョシュアを助け続けていた。 異端児に20年以上片想いをしているオリバーの恋は成熟するのか。 そして異端児ジョシュアはどこへと向かっていくのか…… ---------------------------- クールな幼馴染×愛を知らぬ御曹司
    文字数 141,243 最終更新日 2019.3.6 登録日 2018.12.24