1. TOP
  2. 投稿小説
  3. 酒場の検索結果

投稿小説


Submitted Novels

アルファポリスで投稿されているBL小説のランキングです。

小説の投稿はこちら

詳細検索
R指定
フリーワード 酒場
R指定 R指定なし R15 R18
  • 1
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 68 24h.ポイント : 1,371
    勇者と冥王のママは暁を魔王様と 『勇者のママは今日も魔王様と』の7作目です。 1作目『勇者のママは今日も魔王様と』 2作目『勇者のママは海で魔王様と』 3作目『勇者のママは環の婚礼を魔王様と』 4作目『勇者と冥王のママは今日から魔王様と』 5作目『勇者と冥王のママは創世を魔王様と』 6作目『勇者と冥王のママは創世を魔王様と【番外編】』 上記6作も公開中です。 【勇者と冥王のママは暁(あかつき)を魔王様と・あらすじ】 魔界に待望の世継ぎが誕生した。その名はクロード。 次代の魔王の誕生に魔界は歓喜で沸き立ち、ハウストとブレイラもとても喜んだ。 生まれて間もない赤ん坊のクロードが王妃ブレイラの元へ託される。 しかし、そのことにブレイラは動揺を隠し切れなかった。ブレイラは、クロードは大人になるまで実の親元で育てられると思っていたのだ。歓喜する魔界の中で、ブレイラは次代の魔王を抱きながら一人困惑していた。 こうして魔界に大きな慶事があったが、その水面下では魔界や精霊界の都で謎の媚薬が出回りだしていて……。 その頃、成長したイスラは魔界で暮らしながらも勇者として人間界を旅するようになっていた。イスラは人間界で勢力を広める謎の宗教組織を調べることになる。 そして三歳の冥王ゼロスはというと、剣の訓練をさぼりがちでいつもブレイラがいる北離宮に遊びに行っていた。冥王というより甘えん坊の三歳である。 人間界の妙な組織と魔界や精霊界に出回る媚薬。これらは無関係な物ではなく、やがてイスラやゼロスすら巻き込んで四界を揺るがす騒乱になっていく――――。 ラストはハッピーエンドです。 長編なので目安になるように目次も置いときます。 プロローグ・私の星 第一章・次代の王 第二章・勇者と冥王のママは酒場で魔王様と…… 第三章・王を冠する世界 第四章・私の星 第五章・星屑を抱いて 第六章・世界に二人きり 第七章・勇者の左腕奪還大作戦 第八章・悠久の系譜 第九章・二つの星の輝きを 第十章・開眼式典開幕 第十一章・人間の王 第十二章・次代を告げる暁を エピローグ・三兄弟のママは暁を魔王様と 表紙イラスト@阿部十四
    文字数 37,387 最終更新日 2022.5.24 登録日 2022.5.20
  • 2
    長編 完結 R18
    お気に入り : 2,262 24h.ポイント : 825
    BL小説大賞参加中。投票よろしくお願いしますー。 妾の子であり、『Ω型』として生まれてきて風当たりが強く、居心地の悪い思いをして生きてきた第五王子のシオン。 成人年齢である十八歳の誕生日に王位継承権を破棄して、王都で念願の冒険者酒場宿を開店させた! これからはお城に呼び出されていびられる事もない、幸せな生活が待っている……はずだった。 「なんで国の英雄と一緒に酒場宿をやらなきゃいけないの!」 「それはもちろん『Ω型』のシオン様お一人で生活出来るはずもない、と国王陛下よりお世話を仰せつかったからです」 「んもおおおっ!」 どうなる、俺の一人暮らし! いや、従業員もいるから元々一人暮らしじゃないけど! ※読み直しナッシング書き溜め。 ※飛び飛びで書いてるから矛盾点とか出ても見逃して欲しい。  
    文字数 124,718 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.10.1
  • 3
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 31 24h.ポイント : 505
    「どうか、俺に慰みを」 エルバート王国は、剣士と魔女を始祖とする古い王国だが、現代では少人数の魔法使いが絶大な権力を持ち、剣士を支配していた。 辺境の地ゴート地方の小さな村に住む剣士ルルは、いつか王都に出て剣闘大会で名を上げることを夢見る十八歳。だが、新月と満月の夜にどうしようもない身体の疼きに襲われ、情けない生き物に成り下がるという古代の魔女が残した呪いに苦しめられていた。そこから逃れるには、「お慰みを」と情けなく魔法使いに何度も乞うて彼らの体液を身体に取り入れるしかない。それは「月狂いの夜」と呼ばれていた。 ある日、ルルは魔法学者のアスランに出会う。実はアスランのもう一つの顔はエルバート王国辺境の地を治める領主で、「月狂いの夜」に魔法酒場で蹂躙されているルルを村から助け出してくれた。 正式な契約書を結び、ルルの主となってくれたアスランは、「月狂いの夜」に悶え苦しむルルの面倒を見るとまで言ってくれて……。
    文字数 161,369 最終更新日 2022.5.24 登録日 2022.3.31
  • 4
    短編 完結 R18
    お気に入り : 353 24h.ポイント : 127
    ギルドの受付の誤想  元冒険者で、ギルドの受付をしている僕は、冒険者時代に助けてくれたSランク冒険者のシオンに恋をしている。そのシオンが自分と同じように『苔庭のイタチ亭』という酒場の常連だと気づいてから、叶わぬ片想いだとは思いつつ、今まで以上に店に通い、長時間滞在していた。そんなある日、シオンに話しかけられて、「好きな相手がいる」と聞いてしまい、僕は失恋した――かと、思いきや。  ※居酒屋BL企画2020の参加作品です(主催:くま様/風巻ユウ様/三谷玲様/猫宮乾)、よろしければご覧・ご参加下さい。異世界の酒場『苔庭のイタチ亭』にまつわるお話です。タグのみで、ご参加頂けます(⇒ 居酒屋BL2020)
    文字数 12,436 最終更新日 2020.1.9 登録日 2020.1.9
  • 5
    短編 完結 R18
    お気に入り : 195 24h.ポイント : 42
    堅物な書記官さんは人懐こい魔術師さんに合鍵ごと渡したい 書記官として王宮に勤めるヴァレリーは、いつ頃からか食べても食べても腹が減る症状に悩まされ始める。 仕事中に倒れてからは休暇を言い渡され、自宅で療養することになってしまった。 とある寝過ごした日に食事を求めて酒場に行くと、妙に親しげな魔術師の青年と出会う。青年と自宅で飲み直すうち、売り言葉に買い言葉で一夜を共にしてしまった。 それから青年はヴァレリーの食事を気に入り、家に入り浸るようになる。 攻め視点。絆され奥手攻め×振り回すかわいめ受け。『宰相閣下と結婚することになった魔術師さん』同一世界観ですが、特に読んでなくても大丈夫です ※web小説とはいえ著作権は放棄しておりません。無断転載、翻訳、人物名を既存の有名キャラクター名へ変更して二次創作小説へ転用することなど固くお断りします。 自サイト: https://sakkkkkkkkk.lsv.jp/ 誤字脱字報告フォーム: https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcdb8998a698847f
    文字数 20,231 最終更新日 2021.8.6 登録日 2021.8.6
  • 6
    長編 完結 R18
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 28
    ミラノで絵や彫刻の仕事に携わるレオナルドは、石工風の青年アンジェロと酒場で出会う。酔っ払い橋の手すりから身投げをしようとするアンジェロを成り行きで助けてしまったレオナルドは、世話をすることに。しかし、アンジェロは自分の手を壊し、声も失ってしまう。一緒に暮らしているうちに彼がフィレンツェからやってきた密入国だと分かる。追われている理由は、フィレンツェの支配者の葬儀で墓所に収められる美術品を盗み出したからだった。
    文字数 101,076 最終更新日 2022.3.31 登録日 2022.3.4
  • 7
    長編 完結 R18
    お気に入り : 34 24h.ポイント : 21
    平民のアルベルトに試験で負け続けて伯爵家を廃嫡になったルイス。 しかしその試験結果は歪められたものだった。 実はアルベルトは自分の配偶者と配下を探すため、身分を偽って学園に通っていたこの国の第三王子。自分のせいでルイスが廃嫡になってしまったと後悔するアルベルトは、同級生だったニコラスと共にルイスを探しはじめる。 好きな態度を隠さない王子様×元伯爵令息(現在は酒場の店員) 前・中・後プラスイチャイチャ回の、全4話で終了です。 別作品(俺様BL声優)の登場人物と名前は同じですが別人です! 紛らわしくてすみません。 小説家になろうでも公開中。
    文字数 17,340 最終更新日 2022.1.8 登録日 2022.1.8
  • 8
    長編 連載中 R18
    お気に入り : 205 24h.ポイント : 21
    事故に遭ったはずなのに、気づけば赤ん坊になっていた――。ファンタジーな世界の、平民の家庭に生まれた俺は今年で二十四になる。昼は畑仕事、夜は週三で酒場の手伝いをして暮らしていたある時。王都から魔物を退治しに来た騎士団が酒場にやってきたのだが、一人変わった騎士がいて――。ちょ、ちょっと待て!こういうのは結婚してからすることで……って!どこ触ってるんだ! ムッツリスケベ美形騎士(21)×プラトニック主義平民(24)
    文字数 9,452 最終更新日 2018.11.7 登録日 2018.10.31
  • 9
    ショートショート 完結 R18
    お気に入り : 47 24h.ポイント : 14
    ☆全3話 完結しました。 オレ─スイ─とあいつ─セリ─は、場末の酒場で意気投合しただけのハズだった。
    文字数 3,803 最終更新日 2022.2.5 登録日 2022.2.5
  • 10
    長編 完結 R18
    お気に入り : 3 24h.ポイント : 7
    全てを識る指先 バルダサッーレ男爵家の三男、フラヴィオ・デ・アンジェリス・バルダッサーレは奔放であった。 彼は屋敷の離れに住み、夜は酒場に赴いて老若男女問わず床を共にする。 そんな彼の元に、盲目の彫刻家・セシリオがモデルになって欲しいと訪れる。 彼は盲目ゆえ、対象に触れないと作品を作れない。 「ーーーさあ、服を脱いで」 謎めいた芸術家×強気美少年の耽美な香りが漂うBL。 ※そらの茜さんのイラストからお話を書く遊びから生まれたお話。茜さんありがとうございました♡ ※一部無理矢理セッな表現、NTR要素(本番なし)がありますのでご注意ください。
    文字数 32,659 最終更新日 2022.5.2 登録日 2022.4.11
  • 11
    短編 連載中 R18
    お気に入り : 13 24h.ポイント : 7
    いきなり婚約破棄を告げられた若王子。 隣国の皇太子とは開戦の一触即発。 博愛主義ぶっている目の前の醜いゲス男に、若王子の怒りは止まらないが、更に皇太子は追い討ちをかける……。 王国を追い出された若王子は、町民に混じって酒場を開くが、いつしか繁盛し……。
    文字数 1,195 最終更新日 2021.12.20 登録日 2021.12.20
  • 12
    短編 完結 R18
    お気に入り : 62 24h.ポイント : 7
    週末の夜、酒場に現れる男に今日も告白をする。
    文字数 6,933 最終更新日 2021.2.18 登録日 2021.2.18
  • 13
    長編 完結 なし
    お気に入り : 45 24h.ポイント : 7
    魔物討伐の折に大ケガをしたラウ・ファン・アスは、快癒を機に久しぶりに酒場に姿を現した。氷雪の魔物退治に出て死んだとされていた彼の登場に酒場は沸き、ラウも久しぶりの酒の味を味わった。 しばらくすると、酒場に似つかわしくない子どもが一人、ひょこりと入り込んでラウのそばで止まった。訝しむラウに、子どもはようやく見つけたと破顔した。 氷雪の魔物から助けてもらったと言う子どもに、ラウは覚えがなかったが、記憶を巡らせようやく思い出す。 豊かな銀の毛並みを逆立て、低く哭くように唸っていた。火がついたような色なのに、怯えと哀しみと驚愕が混在した翠の目をした子狼を。 思い出したラウに、子どもは言う。 ラウのケガは、氷雪の魔物の毒が抜けないと治らない。恩返しにラウに埋まる毒を中和する、と。 そう気合に満ちた顔を向け、子どもはそれで……、と笑顔で続けた。 「体が治ったら、僕を殺してください」
    文字数 68,145 最終更新日 2020.9.30 登録日 2020.8.16
  • 14
    長編 連載中 なし
    お気に入り : 456 24h.ポイント : 7
    場末の酒場で厨人として働くジアの元に、ある日突然、勅命が届けられた。その内容とは――なんと、皇帝陛下のハレムに召し上げられること。元々ハレムにいた美女軍団は全員解散させられていて、新たに集められたのは男ばかり。しかも、全員がイケメンだった。……って、この中で一番イケメンなの、皇帝陛下じゃね?
    文字数 42,385 最終更新日 2019.2.2 登録日 2019.1.18
  • 15
    短編 完結 なし
    お気に入り : 10 24h.ポイント : 0
    冒険者の集う酒場を切り盛りするロウウェルさんの日常
    文字数 6,813 最終更新日 2020.12.13 登録日 2020.12.13